ヤッツィー

yahtzee

BGAでプレイ

ゲーム画面

目的

さいころを5つ振って指定された様々な組み合わせの役を
そろえていくゲーム
役にはそれぞれ点数が決められており基本的には
揃えにくい役ほど点数が高くなる
1ターンにつき3回のチャンスのなかでどのような
さいころを残しながら運に任せるかが決め手

ルール概要

プレイヤーはターンの最初にさいころを5つ振る。
その後、自分が残したいさいころ(数字がそろっているもの、数字が大きいカードなど)
を考え、もう一度振りたいさいころをクリックする。
振りたいさいころに赤い枠が出たら、振り直しボタンを
クリックしてもう一度さいころを振る。
欲しい役(詳細は役の種類参照)が出たらその役と自分の
名前が交わるマスをクリックすると点数が加算される

※この際、役によって0点になってしまう場合は
ホップアップの警告がでる。「その役はもう出ないだろう」
と考え書き込むことが基本だが書き込む役を間違えて
いる可能性もあるので注意

さいころを振りなおせるのは2回まで。それが終われば
必ずどこかの役に点数を書き込まなければならない

役の種類

1から6の目

それぞれの目の合計がそのまま点数になる
1が3つなら3点、6が4つなら24点

ボーナス

1から6の目で記入している点数の合計が
63点以上になるとこの役としてさらに35点が追加される

3カード

同じ目が3つそろうと完成する役
点数はすべての目の合計
例:3-3-3-4-5で成立し18点

小さいストレート

数字が4つ連番になっている役
目に関わらず15点
例:1-2-3-4,2-3-4-5,3-4-5-6

大きいストレート

5つのさいころすべての数字が連番になっている役
目に関わらず20点
例:1-2-3-4-5,2-3-4-5-6

フルハウス

3つの目が同じでかつ残り2つの目も同じ目の役
目に関わらず30点
例:2-2-2-3-3,5-5-5-1-1

4カード

同じ目が4つそろうと完成する役
点数はすべての目の合計
例:1-1-1-1-4,2-2-2-2-6

ヤッツィー

5つすべての目が同じになる役
目に関わらず50点
例:5-5-5-5-5,2-2-2-2-2

リゴール

同じ目が4つそろい、かつ残り1つの目が
4つそろった目の和が7になる役
例:1-1-1-1-6,3-3-3-3-4

チャンス

どのような目でも記入することができる
どうしても役がそろわなかった場合1度だけ
使用できる。
点数はすべての目の合計

ヴァリアントルール

ヤムス
ヤッツィーの役から3カードとチャンスが削除され、各種役の点数の変更や役の追加がされる。

追加される役

プラス

どのような目でも記入できる

マイナス

どのような目でも記入できる

デルタ

(プラスに記入した数値)-(マイナスに記入した数値)を点数として獲得する。
数値が0以下になった場合は点数は0になる。マイナスにはならない。

点数が変更される役

ボーナス

1の目から6の目までに記入している点数の合計が
60点以上になると、30点が追加される。
さらに、1から6の目で記入している点数の合計が60を超過した分だけ点数として追加される。
例:1の目から6の目の合計値が63なら、ボーナスとして33点を獲得

4カード

成立条件はヤッツィーと同じ
点数はダイスの出目合計値+40点

フルハウス

成立条件はヤッツィーと同じ
点数はダイスの出目合計値+30点

小さいストレート

成立条件はヤッツィーと同じ
点数は45点

大きいストレート

成立条件はヤッツィーと同じ
点数は50点

ヤッツィー

成立条件はヤッツィーと同じ
点数はダイスの出目合計値+50点