タルギ

ゲーム画面


目的と概要

部族カードを配置していき、相手プレイヤーよりも勝利点を稼ぐこと。-以下、フレーバーテキスト

砂粒がそうであるように砂漠の文化もすべてが同じわけではありません。遊牧民のトゥアレグ族がよい例です。
タルギ(トゥアレグ族の男性)は顔を覆い隠しますが、タルギア(トゥアレグ族の女性)は隠しません。
彼らタルギは家計を切り盛りし、家族の決定権を持っています。
幾つかの家族が集まって部族となり、Imascheren(または貴族:トゥアレグの貴族の呼び名)がその部族を率いています。
プレイヤー達はトゥアレグの部族の長として、お金やその他の利益を得るために特産品(ナツメヤシや塩など)を離れた場所の名産(胡椒など)と交換し、家族を繁栄させます。
各ラウンドには新しい商品カードが登場します。これらの商品カードは価値ある部族カードを手に入れる手段となります。
部族カードはゲーム中に様々な利益を提供し、ゲーム終了時には得点を与えます。
ゲーム終了時、最も得点を獲得していたプレイヤーが勝利します!

画面説明


1:メインボード(カードを25枚並べて縦5枚×横5枚のボード状にします)
2:部族カードの山札
3:商品カードの山札
4:各プレイヤーの場(カードを横4枚×縦に3段の最大12枚まで並べることができます)

<プレイヤー情報>

1:プレイヤーの現在の勝利点
2:手持ちの商品と金貨
3:キープ中の手札
4:スタートプレイヤーマーカー
5:タルギ駒と部族マーカー

このゲームで使うもの

  • 外周カード(16枚)
詳細については後述します

  • 部族カード(45枚)

  • 商品カード(19枚)

  • 金貨

  • タルギ駒(白3個、青3個ずつ)

  • 部族マーカー(白2個、青2個ずつ)

  • 盗賊駒

  • 商品タイル

  • スタートプレイヤーマーカー

  • 勝利点トークン(銀十字)

セットアップ

(BGAでは自動的にセットアップが行われます。読み飛ばしても構いません。)
1.メインボードが置かれます。邸宅トラックの「2」の位置に各プレイヤーのディスクを置きます。
2.各プレイヤーには、スタートカード、労働者コマ3個、スパイリウム2個、8金、ディスク2個が配られます。
3.各種カードがAの時代、Bの時代、Cの時代のカードに分けられ、それぞれの山札が作られます。各山札がシャッフルされます。
4.イベントカードの山札が作られ「未来イベント」スペースに表向きで置かれます。
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (例1.png)

【以下はターン(ラウンド)開始時の処理】
5.各プレイヤーが邸宅トラック上のディスクの位置の収入を得ます(初回ターンは2金)
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (セットアップ.png)

6.未来イベントの山札からカードを1枚引いてターンイベントに置きます。未来イベントの山札には次ターンのイベントが公開された状態になります。
 表向きにしたイベントカードがトークンを必要としている場合はカード上にランダムでトークンを置きます。
7.現在の時代の山札から9枚のカードを引いて市場に置きます。必要に応じてカード上にトークンを置きます。
8.最後に、スタートプレイヤーがランダムに決定され、スタートプレイヤーカードを受け取ります。

ゲームの流れ








6ターン(6ラウンド)が終了するとゲームは終了します。最終得点計算後に最も多くの勝利点を獲得していたプレイヤーが勝者です。

プレイ












ゲーム終了

6ターン目が終了したらゲームは終了します。
ゲーム終了時に合計勝利点(スコアトラックの勝利点+建物の勝利点+技術カードの勝利点)が最も高いプレーヤーが勝者です。