スパイリウム

Spyrium

BGAでプレイ

ゲーム画面


目的と概要

6ラウンドを通して最も勝利点を稼ぐこと。-以下、フレーバーテキスト

現代とは異なる蒸気文明、そこに「スパイリウム」という万物全ての錬金に関わる希少物資があった。
スパイリウムはその特殊な製造や入手等において、私企業と国との軋轢が広がる大きな要因であった。
そこでこの世界では国や有名私企業、はたまた個人まで、このスパイリウムを用いて誰が世界に貢献出来るか、三世代の時代で競技を行う。
勝者は次の競技までスパイリウムを取り扱える資格を得る。
つまり、この世界の実質上の指導者となるのだ。

画面説明


1:メインボード
2:市場
3:ラウンド表示
4:各プレイヤーの場


1:プレイヤーの現在の勝利点
2:手元の労働者コマ/労働者コマ総数
3:手持ちのお金(単位は£)
4:手持ちのスパイリウム
5:スタートプレイヤーカード

このゲームで使うもの

  • メインボード

1:フェイズ1(配置フェイズ)
2:フェイズ2(活性化フェイズ)
3:邸宅トラック(収入トラック)
4:ターンイベント
5:未来イベント

  • トークン類
  • スタートプレイヤーカード
   
  • スタートカード(各プレイヤーごとに1枚)
  • 建物カード(全35枚)
   
  • 人物カード(全17枚)
   
  • 技術カード(全7枚)
   
  • イベントカード(全7枚)
   

セットアップ

(BGAでは自動的にセットアップが行われます。読み飛ばしても構いません。)
1.メインボードが置かれます。邸宅トラックの「2」の位置に各プレイヤーのディスクを置きます。
2.各プレイヤーには、スタートカード、労働者コマ3個、スパイリウム2個、8金、ディスク2個が配られます。
3.各種カードがAの時代、Bの時代、Cの時代のカードに分けられ、それぞれの山札が作られます。各山札がシャッフルされます。
4.イベントカードの山札が作られ「未来イベント」スペースに表向きで置かれます。
#ref error : ファイルが見つかりません (例1.png)
【以下はターン(ラウンド)開始時の処理】
5.各プレイヤーが邸宅トラック上のディスクの位置の収入を得ます(初回ターンは2金)
#ref error : ファイルが見つかりません (セットアップ.png)
6.未来イベントの山札からカードを1枚引いてターンイベントに置きます。未来イベントの山札には次ターンのイベントが公開された状態になります。
 表向きにしたイベントカードがトークンを必要としている場合はカード上にランダムでトークンを置きます。
7.現在の時代の山札から9枚のカードを引いて市場に置きます。必要に応じてカード上にトークンを置きます。
8.最後に、スタートプレイヤーがランダムに決定され、スタートプレイヤーカードを受け取ります。

ゲームの流れ








6ターン(6ラウンド)が終了するとゲームは終了します。最終得点計算後に最も多くの勝利点を獲得していたプレイヤーが勝者です。

プレイ












ゲーム終了

6ターン目が終了したらゲームは終了します。
ゲーム終了時に合計勝利点(スコアトラックの勝利点+建物の勝利点+技術カードの勝利点)が最も高いプレーヤーが勝者です。