|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

26head

No.26 ピザ・メルトダウン



僕の名は天才電気ヘッド君。
もちろんそれは本名なんかじゃない。
アンチとして造られた僕に、本名なんて立派なものは存在しない。
ただ、他のアンチと区別するためにそう呼ばれているだけだ。

「君の次の任務は、ガリレオ計画を阻止することだ」

そう告げる人物は、決して姿を見せようとしない。
いつもの事だ。
僕は、この人物の顔も知らなければ本当の目的も知らない。
知らなくていい事だ、と、判っている。
ただ、任務を遂行すればいいだけだ。
そうすれば、僕の命は保障される。……とりあえずの、間は。

ガリレオ計画というものが一体何なのか、そんな事はどうでもいい。
僕には関係の無いことだ。
仲間は二人居るらしい。
ソレが誰か知らされはしなかったが、おそらく会えばわかるのだろう。

ピザ・メルトダウンに到着した。
やけに派手派手しいネオンが、暗い世界に慣れてしまった僕の目には痛い。

『幻燈式ロマンポリタン』

そう書かれた店の扉が、いやに僕の気を引いている。
そっと手をかけると、僕の予想に反して音もなくスムーズに扉は開いた。
「あら、いらっしゃ~い」
媚びるような女の声が、僕の神経にざらざらとした感触を残す。

──何もかも、ぶち壊してやりたい。
ガリレオ計画も、あの人物の目論見も、……僕自身すらも。

不意に心に浮かんだどす黒い感情を振り払うようにして、僕は店の扉をゆっくりと閉じる。
店内に入ると、いくつかの視線がちらちらと僕を見た。
その中に仲間のものを感じとり、僕はその方向へと足を向ける。

愛想よく話しかけてくる女をそれとなくかわしながら、心の中でだけひっそりと呟く。


君も、この店も、この領域も。
すべて、消えてもらうよ。

────それが、僕の任務なのだから。



参加した人も読んだ人も、感想をご自由にどうぞ。


名前:
コメント: