|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

バレット ルール

バレットの基本的なルールです。
リトルバレットの流れを継承するゲームではありますが、全体のシステムや舞台設定は大きく改変されており、これまでのbarrettとは別物です。
※1~6籠はテスト籠です。ルールについてはバレット テストルールをご覧ください。


基本ルール


あなたが乗り込む宇宙船には、「ヒト」に良く似た種族「サイ」が紛れ込んでいます。
10人の乗客のうち3〜4人がサイですが、誰がサイであるかはヒトには分かりません。サイには分かります。
ヒトの目的は、サイを全て消滅させることです。
サイの目的は、干渉レベルを4まで上げてハイジャックを完了させることです。

プロローグから始まり、最長10日で決着が着きます。
その後にエピローグ(感想戦)が1日用意されています。メモなどはこの時まで公開されません。

毎日一回の投票で主席航宙士を決めながら、ゲームは進行します。

ヒトの勝利条件

船内に一人以上のヒトが生存し、サイを全て消滅させること。

サイの勝利条件

船内に一人以上のサイが生存し、干渉レベルを4まで上げること。
※レベル4とラストサイ消滅が同時だと、ヒト勝利になります。

干渉レベル

ゲームスタート時(プロローグ)の干渉レベルは0です。
1日目から、毎日基準時にブリッジにいる運転猫が干渉レベルを報告してくれます。干渉レベルが下がることはありません。

運転猫(ミンチャとブンチャ)

投票で一番得票の多かった乗客は、主席航宙士としてその日一日ブリッジに入ります。
ブリッジには「ミンチャ」という名の運転猫がいます。
主席航宙士がサイの場合にのみ、「ミンチャ」を「ブンチャ」とこっそり入替えることができます。(入替えないでそのままにしておくことも、ミンチャに戻すこともできます。)
ブンチャが運転猫になっている間は、干渉レベルが毎朝1レベルずつ上昇します。そして基準時に報告するレベルが0〜3からのランダム報告となりますが、サイにはブンチャから本当の干渉レベルが表示されます。
これにより、主席以外のサイも猫がどちらであるか知る事ができます。
主席になりミンチャをブンチャに交換することが、サイの手で干渉レベルを上昇させる唯一の手段です。
ブンチャはミンチャそっくりの猫で、ヒトには判断することができませんが、サイには分かります。

ダウト(=猫捻り)

それではどうやってヒトは運転猫がどちらかを見破るのでしょうか?
主席のヒトはサイと違い、運転猫に「ダウト(=猫捻り)」することができます。
ダウトすることにより、その猫がどちらであるのかその主席のみに通知されます。主席以外にはダウトが行われたかも、猫がどちらであるかも通知されません。
ブンチャにダウトした場合、ブンチャは消えてミンチャが戻って来ます。
ミンチャにダウトした場合、ミンチャは消えませんが怯えて干渉レベルを1つ上昇させてしまいます。
捻った時にわかるのは「ブンチャかミンチャか」だけで、ブンチャであった場合、現在の本当のレベルがいくつなのかは翌日の基準時までわかりません。

また、サイは主席になれば何度でも新しいブンチャを作り出すことができます。

主席航宙士

猫をブンチャにするには、サイが主席になって交換するしか方法がありません。
主席は投票によって決定されます。
毎日、航宙士の中から主席にふさわしいと思われる乗客を3人選び投票します。
票数を集計して、得票数の一番多い人が主席になります。
得票数が同数の場合は、前日の順位の高い方が上になります。
選ぶのは3人でなくても構いません。ただし、3人に足りない分だけあなたの得票数から減点されます。例えば、あなたが1人しか選ばなかったとしたら、あなたの得票数から2票減点されます。
自分自身・主席航宙士・予備役・消滅者には投票できません。


反省室

主席は猫を触ること以外にももう1つ仕事があります。
それは居住区から要注意人物を指名し、翌日反省室へ隔離することです。
要注意人物に指名されたら、得票数1位だろうが反省室に送られてしまい、その場合2位の人物が翌日の主席を務めることになります。
要注意人物の対象は投票できる対象と同じです。
「誰も選ばない」ことも可能で、その場合は翌日に一番得票数の少なかった人物が反省室に送られます。これにより、自分自身を指名することはできませんが無投票による自主反省室が可能となります。

反省室には特殊な電磁波が飛び交っているため、サイは反省室に入って1日経過すると消滅してしまいます。消滅後は居住区に戻る事はできません。
反省室に入れられた乗客は、サイでなければ、次の日に反省室から出られますが、以後ずっと投票の対象からは外されます。(主席航宙士にも要注意人物にもなれなくなります。)