|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ver.3 ルール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

barrett ネコタタキ編(ver.3)の基本的なルールです。
ver.2と共通する部分もありますが、基本的に2つのゲームは別物です。

基本ルール

10人のオペレーターの中に3人のアンチ(ニセモノ)が紛れ込んでいます。
外見上は全く区別がつきません。

オペレーターは、アンチが誰であるかを推理して、掃除機で退治して下さい。
アンチが全滅したらオペレーターの勝利です。

ただし、掃除機は何回も使えるわけではありません。
あなたが掃除機を使えるのはたった1回だけ。
間違えてオペレーターを退治してしまっても、やり直しはできません。

アンチは、正体がばれないように気をつけつつ、オペレーターを襲撃して下さい。
オペレーターの同士討ちや襲撃の成功などで、残っているのがアンチだけになったら、アンチの勝利です。


領域に誰も存在しなくなったら?

オペレーター側の勝利条件(アンチが全員消滅)を満たしているので、オペレーター側の勝利です。

領域に存在しているのが1人だけになったら?

その時点で勝敗が決まっています。基準時を待たずにその日の全ての掃除機判定、消滅判定が行われた後、勝敗が決定し、最終日(感想戦)が始まります。

襲撃について

(1)単独投票による襲撃
オペAがアンチXの記憶(★)を投票
他に同種の記憶を投票する人が居らず、一人きりの投票となる場合
→XからAへの襲撃(標的★)は成功します。

(2)1:1襲撃
オペAがアンチXの記憶(★)を投票
アンチXのみが同種の記憶を投票し、1:1の交換となる場合
→XからAへの襲撃(標的★)は成功します。

参考領域: ver.3 No.31 (1)6日目 (2)7日目に確認。

(3)襲撃・無投票消滅が同時発生時の表示順
以下全て表示順です。
No.86 白熊歌劇団(4日目)
 襲撃 (湯川コードウェイナ→霊感委員長K)
 無投票 (四喜/平オペ)
No.93 ママの大ひげ(6日目)
 掃除機(一浪一郎真実一路粉砕)
 無投票 (ポヨン/平オペ)
 襲撃 (木登り小僧→加藤さん)
No.118 皇帝の鎖(5日目)
 掃除機(チリチカ粉砕)
 襲撃 (九曜→JF)
 無投票 (収束/平オペ)
襲撃と無投票が同時に起きる領域例が少ないため憶測となりますが、表示順は「掃除機」が最上部、「無投票消滅」「ビンゴ消滅」「襲撃」は表示順が固定されているわけではなさそうです。

記憶交換について

(1)ループの法則
更新時間が来ると、前日の選択に基づいて記憶の交換が行われます。
同じ種類の記憶の交換は、何人であっても、全員で一つのループになるような形で行われます。
A→B→C→D→E→Aというような形になります。
ループの順番に法則はありません。名簿順ではなく交換のたびランダムで決定されます。
以上の法則が『ループの法則』とよばれるものです。

(2)三角トレード
三人での交換の事。
また、上記の『ループの法則』があるため、三人での記憶交換は結果が二通りになり、(記憶配置を把握していれば)一人の結果が判明していれば残りの二人も判明します。
たとえば、それぞれの記憶を持ってるABCが三角トレードをする場合の結果は、
  • A(B)→B(C)→C(A)→A(B)
  • A(B)←B(C)←C(A)←A(B)
以上のどちらかになります。

(3)無投票消滅、襲撃時の交換
プレイヤーが消滅した場合、「消滅者の記憶」は「消滅者の手持ち」と入れ替えられ、その状態で交換が行われます。
無投票者がポヨンで、メンタムと加藤が交換を行った場合は以下のようになります。
【ポヨン(シトロエン)消滅】
メンタム(ポヨン/シト)←→加藤(メンタム)
=メンタム(メンタム) 加藤(シト)
襲撃時の入れ替えも同様です。
なお被襲撃者の投票は、前日に被襲撃者が設定していたものになり、襲撃アンチは(おそらく)無投票扱いとして消滅した形になります。

(4)粉砕時の交換
掃除機での粉砕時の交換は、(3)とは異なり、先に「粉砕者を含めた交換」が行われ、その後に消滅入れ替えが行われます。
この時粉砕者を含めた交換が行われるのは、前日に粉砕者が投票した記憶です。
上記例で、ポヨンとメンタムと加藤が同じ記憶に投票し、ポヨンが粉砕された場合、以下のようになります。
【粉砕者を含めた交換】 (※交換は右回り前提)
ポヨン(シト)→メンタム(ポヨン)→加藤(メンタム)
=ポヨン(メンタム) メンタム(シト) 加藤(ポヨン)
【ポヨン粉砕、入替処理】
メンタム(シト) 加藤(メンタム)

ソナー

7人のオペレーターの中に1人います。
領域に残っているアンチの数を知ることができます。
アンチが退治されて人数が減ると、その時点で人数の変化がわかります。
※ ver.2のハイクラスオペレーターと同じ働きです。

暗号

7人のオペレーターの中に1人います。
任意の相手に向け、匿名で内緒のメッセージを送ることができます。
ただし、1回の暗号ごとに発信の残り回数が5回分減ります。
発信数が4回以下になると、暗号を送ることはできなくなります。
暗号はオペレーターにもアンチにも送ることができます。
暗号を送った相手がどちらであるかを知ることはできません。

ノーマルアンチ

3人のアンチの内の2人です。
襲撃によって、オペレーターの体を奪い取ることができます。
襲撃を成功させるには、相手が自分の記憶を持っていなくてはなりません。
襲撃が成功すると、それ以降は襲撃されたオペレーターの姿になります。
姿は変わっても、アンチであることに変わりはありません。
また、襲撃した相手が何らかのスキルを持っていたとしても、それを使うことはできません。
1日に襲撃できるアンチは1人だけです。
2人のアンチが襲撃をしようとすると、記憶の有無に関わらず2人とも失敗します。

ストライプアンチ

3人のアンチの内の1人です。
掃除機を無力化する力を持っており、誰か一人を掃除機から守ることができます。
守りたい相手は前日のうちに設定します。
アンチでもオペレーターでも守れますが、自分自身を守ることはできません。
また、ストライプアンチは、他のアンチと違って襲撃ができません。
ストライプアンチが掃除機で退治された場合、守りたい相手を設定してあっても、守れないで終わります。

その他

ルール改定以前に存在していた役職です。
No.11以降、現行のルールには登場しません。

気象

No.1からNo.6までの領域に登場。
アンチの襲撃予定があるかどうか、降水確率という形で知ることができました。

ギプス

No.1からNo.10までの領域に登場。
消滅者が出た場合、それが襲撃による消滅かどうかを知ることができました。

哲学

No.1からNo.10までの領域に登場。
自分の記憶を持っている人物を知ることができました。

釣師

No.7からNo.10までの領域に登場。
アンチの思案番号を感知することができました。