※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

644名前:プリムラ・ポリアンサ[sage] 投稿日:2007/06/03(日) 21:56:22 ID:lf5k8FxE
薄暗い部屋の原因は、閉めきったカーテンのせいだろうか。
昨日までの暑さが嘘のような涼しい土曜日。
風だけが通り抜ける昼過ぎの静かな空間は、二人で占領するには少し広すぎるのだろう。
彼女達は、モノクロの部屋に彩りを加えるかのように、寄り添って座っていた。
「水原?」
肩にもたれかかって目を閉じる少女は、呼ばれた方を向かずに瞼を上げる。
「…何?」
「あの花は…?初めて見た」
視線の先には、黒い小さな花瓶にささった桃色の花があった。
小さな花が集まって、丸い、可愛らしい花房をつくっている。
無機質な家具に囲まれ、棚の上で異彩を放つその花を見て、部屋の主は不思議そうな顔をしていた。
「誕生日にもらったんだ。…何ていったかな?」
何か他に気になることがあるのか、それとも本気で忘れてしまったのか…。
少女の瞳はどこか宙を見ている。
「忘れちゃった……。それより、」
ぐっと腕を引くと、何かを思い出したように不機嫌そうな顔を上に向ける。
「水原じゃなくて…」
「こよみ」
遮るように言い直すところをみると、今までも何度か同じことを言われたのだろう。
こよみと呼ばれた少女は、訂正に満足したのか、再び目を閉じてゆっくりと息をはいた。

背中を覆う黒と栗色の長髪は、二人が近付くにつれ絡み合い、その境界線を曖昧にする。
交わりあった部分は、どちらのものともとれない、淡い、優しい色をしていた。

645名前:プリムラ・ポリアンサ[sage] 投稿日:2007/06/03(日) 21:57:10 ID:lf5k8FxE
彼女達は、暇さえあればお互いの部屋でこうして過ごしている。
外で遊ぶことを嫌がっているわけではないが、今はこうして体温を感じ合うことが喜びだった。
「榊」
自分を姓で呼ばれることに抗議した少女は、それを忘れたのだろうか。
違和感なく彼女に名字で呼び掛けた。
…ただ、言われた榊も不満を見せるそぶりは無い。
暦に抱きつかれているのとは反対側の手で彼女の頬をそっと覆う。
薄赤く染まった少女の肌に、細く長い指が触れた瞬間、二人の間を青い風が通り抜けた。
桃色の花房は首を傾げるように揺れ、それを横目で見る榊の前髪もふわりと乱れる。
「…髪」
暦はなびいたカーテンから射す光に、少し眩しそうに目を細めると、榊の額にかかる髪を指先で撫でた。
一方は額へ、一方は頬へ…、少女達の間でお互いの白い腕が交差している。
「よそ見してんじゃねぇよ」
花へと向けられた視線に冗談ぽく囁きかけると、少女はその腕を榊の首の後ろへと回した。

646名前:プリムラ・ポリアンサ[sage] 投稿日:2007/06/03(日) 21:58:03 ID:lf5k8FxE
暦は榊と二人でいるときの、そのうっとりとするようなお洒落な雰囲気が好きだった。
彼女が自分のことをどう思っているか、口に出すことはほとんどない。
ただ、好きという言葉に乗せることができる愛情などたかがしれている…
彼女の笑顔が、指先が、唇が、自分に向いているだけで充分…
そんな歯が浮くような台詞さえも、今の暦には物足りない。
愛しい人と肌が触れているという事実が、彼女にとって全てだった。

そよ風の中で、二人の少女は寄り添ったまま動かない。
なびく髪の先だけが、この部屋の時が止まってはいないことを知らせていた。

「あ、思い出した」
肩越しに囁いた暦は、やけに嬉しそうな顔をしている。
「花の名前?」
「ううん…花言葉」
榊を抱き締める腕の力を緩め、うふっと笑う。
「いや、やっぱ教えない!」
擦り寄せた頬に幸せの色を浮かべる少女の隣で、小さな花が揺れている。

《おわり》