※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

633名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/06/01(金) 22:39:49 ID:wCj4BDlK
「あつー」
まだ七月だというのにこの暑さは何だろう。
「クーラーないの?」
「ない」
学生用の狭いアパートに人が二人もいればそれだけで気温が上がるわけだが…。
唯一の涼みは、小さめの扇風機から送られる生暖かい風だけだ。
氷でも舐めていたほうがよっぽどマシな気がする。
「うぇ~…」
壊れたクーラー、風通しの悪い窓、地球温暖化。
暑苦しい原因はいろいろあるにせよ、一番問題なのは…。
「お前がくっついてるからだろ」
「え?」
私の太股の上に座り、べったりともたれかかった智は、とくに悪びれる様子もなさそうに振り向いた。
「なんだよ、どっかいけって言うのか?」
明らかに不満そうな彼女の顔には、汗が粒になって流れている。
「そうじゃないけどさ…。ほら、顔拭けよ」
さっきしぼってきた濡れタオルは、既にその心地よい冷たさを失っている。
智はむすっとした表情を崩さずに、無言でそれを受け取った。
ぐしぐしと顔や腕を拭いて、水分が飽和したタオルを私によこすと、
「じゃあさ、私が離れたら涼しくなんの?」
少しぶっきらぼうに言い放った。
「そりゃまぁ…」
彼女の不満の矛先がどこに向いているかわからない。
よし、と言って立ち上がる智を、私はぽかんと見上げることしかできなかった。

634名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/06/01(金) 22:40:59 ID:wCj4BDlK
外からは蝉の鳴き声が聞こえる。
鳴りやまない騒音が、蒸し暑さに拍車をかけていた。
蝉って夕方には鳴きやむんだっけ…?
えと…アブラゼミ?

智が離れたことで、私はだいぶ涼しくなった。
彼女はフローリングの上で、麦茶を飲みながら携帯をいじっている。
この隙にシャワーでも浴びようかな。
「智、夕飯何がいい?」
「そーめん」
振り向かずに即答したところを見ると、反論は受け付けてくれなさそうだ。
まぁいいか、茹でるだけだし。
麺は前もらったやつがあったはずだし…、麺つゆは…あったと思うけど一応確認しとくか。

扉を開け放っているとはいえ、人がいない分台所は少し涼しかった。
特に床がひやっとして気持ちいい。
独り暮らし用の冷蔵庫を開けると、たくさんの飲み物と一緒に新品のめんつゆが一本。
よし、じゃあ今日はそうめんで決定っと。
「めんつゆあったよ」
リビングに戻ると、智は大の字になってフローリングに寝そべっていた。

635名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/06/01(金) 22:42:44 ID:wCj4BDlK
「寒い」
がばと体を起こすと、智はこちらを向いてつぶやいた。
「え?」
「寒い寒い!」
さっき拭いたばかりの額に汗をにじませながら、唇を尖らせている。
「なんだよ・・・?寒い?」
再びベッドにもたれる私を首で追いながら、彼女は続けた。
「よみと離れても体は暑いままだけどさ…、寂しくなった」
反転させた体にあわせて四つんばいになると、じりじりとこちらに擦り寄ってくる。
胸元から下着が見えそうで、私は少し視線を外した。
「だから、心が寒い」
不服そうな顔を真っ赤に染めてつぶやくと、この暑い部屋には似つかぬロマンチックな雰囲気が私を包む。
いつもは大雑把な彼女がこんなことをいう時、
「しゃーない。…おいで」
私は淡白に答えることしかできない。
ずるずると太股の上に乗る彼女に、私は後ろから思いっきり体重を預けた。
腕を回して抱きしめると…、智の言うとおり。
暑いじゃなくて、温かい。
「よみ、ちゅー。しろ」
生暖かい吐息を重ねると、智の体が一瞬だけぶるっと震えた。

ムードを知らないアブラゼミが、まだ窓の外で鳴いている。
《おわり》