※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

545名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/17(木) 23:17:35 ID:I3BJSJDo
「先生ぇ~!」
「お、神楽」

「あの…ここわかんないんですけど」
「お前が質問とは珍しいな…どれどれ」

最近この子と接する機会が多い。

「えへへ、再試にかかると部活出られなくなっちゃうからさ…」
「ふむ、動機はどうあれ頑張るのはいいことだな」

初めは体育祭の戦闘要員のつもりだったんだけど。
この子を見てるといろんなことを思い出しちゃって…。
甘酸っぱい気持ちが押し寄せる。

「あぁ、そういうことか!」

そんな考えが伝わったのか…、この子も私になついてくれた。

「ありがと!先生」
「…ゆかりで…いいわよ」
「え?」

私は…。

「…ほとんど年も違わないんだからぁ~!ゆっかりちゃんでいいわよ!!」
「おぉ!なんかかっこいい!」

…真っ直ぐな目に弱いんだから。
学生の頃から全然成長してないな。

546名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/17(木) 23:18:23 ID:I3BJSJDo
「ゆかり~」
「にゃも。どした?」
「英語、教えてよ。・・・あとできれば数学も」
「何ぃ?もうテスト明日だろ~」
「えへへ。一応再試だけは避けたいからね・・・。先生に怒られちゃう」

「こことここ覚えとけば大丈夫よ」
「ありがとー!助かる」
「ったく・・・もっと早く言えよな」
「ごめんごめん。部活・・・忙しくて。本当はテスト前はやっちゃダメなんだけどさ」
「・・・スポーツ推薦かよ」
「・・・まぁね。できればだけど」
「ぐぁー!何で勉強できる私のほうが頑張らなきゃいけないのよ!絶対間違ってる!」
「あはは・・・」
「・・・」
「・・・ゆかりは・・・どこの大学受けるつもりなの?」
「え?・・・わっかんないわよ。これから考える」

547名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/17(木) 23:19:48 ID:I3BJSJDo
「あのさ、私の受けるとこ英語科もあるんだ!ゆかり、英語得意だし・・・どうかなって」
「ん?ん~、考慮には入れるけど。大学まで一緒ってのはどうなのよ」
「そっか。やっぱ・・・嫌よね」
「嫌じゃないけどさ・・・」
「・・・」
「何よ?」
「嫌じゃないなら・・・いいじゃない・・・」
「え?」
「大学入っても、勉強教えてよ・・・。ゆかり・・・。ぐすっ・・・」
「お、おい。どうしたんだよ!?」
「私・・・ゆかりがいないと・・・」

548名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/17(木) 23:21:28 ID:I3BJSJDo
「ゆかり、どうしたのよ?ぼーっとして。テストつくったの?」
「にゃも」
「・・・ん?」
「神楽ってさ、部活ではどんな感じ?」
「…?何よ、いきなり。問題でも起きた?」
「いや、せっかく担任になったんだしさ。個人を知るのも教師のつとめーみたいな」
「ふぅん。珍しいのね」
「でさぁ、どうなのよ」
「どうって…あのままよ。素直で元気で…」
「…」
「ちよちゃん達と仲良いみたいだし。あんたもすぐ把握できるわよ」
「…そっか」
「どうしたのよ。…あんた何か変よ」
「なんでもにゃいよ~。…ただちょっとだけ…」

…ちょっとだけ、若い頃のあんたに似てるなって。

「もう…五月病だなんて言わないでよ」
「違うよ!大丈夫だって…」

…ったく、どいつもこいつも鈍感なんだから。


「にゃも、今日飲み行こうぜ」
「またぁ?」
「いいじゃんよ~。久しぶりに昔の話でもしようよ」

たまにはおごってやってもいいからさ。