※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

496名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:18:00 ID:VhCoB1qJ
「おいっす」
「来たのか」

「さみぃー」
「お前、寒いなら自分の部屋でじっとしてろよ。帰りはもっと寒いだろ」
「何だよ。せっかく来てやったのに」
「・・・相手はしないぞ」
「いいもーん。・・・あれ?何やってんの?宿題?」
「あぁ」
「えー、土日にやればいいじゃん」
「いいんだよ。気が済まないの」
「ふーん。・・・真面目」
「お前土日にやるって言ったからには見せてやんねーからな」
「ちょ、ちょっと暦さん?」
「知らん」

497名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:18:36 ID:VhCoB1qJ
「ふわぁー!あったけぇ」
「ん・・・おい!ベッドに入るなよ!」
「いいじゃんさー。この部屋ヒーターないから寒ぃんだよ」
「だからって・・・」
「うぅー、よみの匂いがする」
「なっ・・・」
「んふふ。・・・シャンプー変えた?なんちって」
「布団入るなら来なくてもいいじゃ・・・」
「家でじっとしてるよりさ、こっちのほうが落ち着くんだよね」
「・・・」
「いいよ。構わなくても。よみが寝るまでに暖めといたげる」
「寝るなよ」
「固いこというなよ~。明日休みじゃん」
「私が寝るとこがなくなるだろうが」
「・・・」
「・・・」
「一緒に寝ればいいじゃん」
「ばっ・・・何言ってんだよ!」
「えー、昔はよくお泊りしたじゃん」
「それは・・・」
「もう寒くて帰れないよ」
「知らん!帰れ!」
「そう言うなよよみぃ~。ほら、宿題の手が止まっちゃってるよ?」
「もういい。土日にする」
「ほら。じゃあ一緒に寝ようぜ」
「・・・じゃあって何だよ」
「いーじゃん、よみ。おいで」
「・・・」
「あったかいよ?」

498名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:19:28 ID:VhCoB1qJ
「ほら、枕ひとつしかないんだからもっとこっちおいでよ」
「・・・」
「何だよ。照れてんのか?可愛いな」
「・・・照れてねーよ」
「じゃあ私が・・・」
「おい・・・あんまくっつく・・・」
「うわ!手ぇ冷たいな!あんた冷え性?」
「お前、すごいあったかいな」
「・・・さすってあげる」
「いいよ・・・寒くないし」
「何言ってんだよ。・・・うわ、やっぱすごい冷たいじゃん」
「・・・」
「ほらほら、だんだんマシになってきたでしょ?」
「うん・・・」
「よみ、やっぱ照れてるだろ?可愛くなってんじゃねーよ」
「やめろよ・・・」
「・・・ん」
「?」
「・・・本物のよみの匂いがする」
「・・・バカ」

499名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:20:07 ID:VhCoB1qJ
「ねぇ、やっぱまだ寒くない?」
「そう?」
「うん。・・・背中らへんが」
「だって掛け布団がちっちゃいから・・・」
「関係ないって。この隙間が寒い」
「・・・そんなに言うなら出ろよな」
「違うって!そうじゃなくてさぁ」
「・・・?」
「なぁ?よみ」
「ちょっと、どこ触って・・・」
「ぎゅってしてもいい?」

500名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:20:58 ID:VhCoB1qJ
「眼鏡はずしちゃって・・・見えるの?」
「こんだけ近かったらな」
「ふーん、そかそか・・・お、足も冷たい」
「・・・い・・・いいよ。さすらなくても」
「だって寒いでしょ?」
「そうだけど・・・何か変だよ」
「変って・・・何が?」
「・・・わかんないけど・・・」
「・・・大丈夫。それが普通だって」
「え・・・?」
「どきどきするんでしょ?」
「う・・・うるさいな」
「恥ずかしがるなよ・・・ほら」
「・・・」
「私もどきどきしてる」
「・・・智」
「ん?どした?」
「・・・もうちょっと」
「え?」
「もうちょっとぎゅってして」
「・・・ん」

501名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/05/08(火) 18:22:10 ID:VhCoB1qJ
「なんかさ、すごい幸せだよ」
「・・・そう?私はどきどきしちゃって・・・」
「よみは意外と純粋だな。・・・よしよし」
「・・・ねぇ?」
「ん?」
「・・・ん」



「・・・んむ」
「・・・」
「・・・ぷは」
「は・・・えへへ」
「へへ・・・あのさ、やっぱ幸せかも」
「だろ?」
「うん。・・・しばらくこうしててもいい?・・・智の胸あったかい」
「いいよ。頭なでててあげる」


「よみ・・・?」
「・・・ん」
「・・・はぁ、寝るなって言ったのどっちだよ」

「・・・明日、楽しみにしてるよ」