※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

307名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:29:51ID:fw37fJZ8
最近は日が短くなったのか、もう暗くなってきた。

体育祭は無事終わり・・・いや、無事じゃなかったか。
最後のリレーでゆかりが私にタックル仕掛けてきて。
でもまぁ、怪我も無かったし滞りなく競技も進んだ。
体育担当の教師としては責任も果たしたし、ひと段落ってところかな。

308名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:30:45ID:fw37fJZ8
・・・なにより、仮装競走のときのことが尾を引かなくて良かった。
あのときは混乱もあっておかしな気分になっちゃったけど、もう大丈夫。
時間も経ったし、気持ちも落ち着いた。
少しどうかしてたかもね。
「ゆかり~、帰るわよ」
あとはこいつを家まで送って・・・。
「あう~、三連覇の夢が途絶えた~。にゃものせいだからな」
「あんたのせいでしょ」
「やっぱあのときに走れなくしておくべきだったか」
まだ言ってる・・・本当に家に来るつもりなのかしら。
いやいや、何考えてんのよ私!
あれはほんの出来心で・・・
「あ、今日はここでいいや」
え?
「歩いてくからその辺でおろして~」
あ、やっぱり来ないんだ。
当たり前よね。
さすがにもう冷めてるんだわ。
「にゃも」
「え?あ、待って。端に寄せるから」
「何残念そうな顔してんのよ」
「し・・・してないわよ」
「大丈夫だよ。シャワー浴びて着替えてくるだけだから」
いや、期待なんかしてないのよ。
歩いてくなんて珍しいからちょっと驚いただけ。
・・・って何自分に言い訳してんのよ、私。
「ちゃんと制服着てたらご褒美あげるからね」

309名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:31:51ID:fw37fJZ8
何よ。
さっきみたいに思い通りになるとでも思ってるのかしら。
来たら冷たくあしらってやろうっと。
あ!昼間の復讐っていうのもいいかも。
“何で着てないのよ~?うあ、何よ?”
“いつまでもいい気になってるとこうよ!”
“あ、にゃも・・・ん”
“ぷは・・・あんたがこの制服着るんなら続けてあげてもいいけど?”
“にゃものいじわる・・・”
・・・は!
何考えてるんだろ。一人で。
そもそもゆかりに欲情すること自体・・・。

・・・でも・・・。
・・・でもさっき私、あいつとキスしたんだわ。
唇が柔らかくて・・・私、してほしいって言ったんだ。
あ~ぁ・・・なんか調子狂うな。
今から来るのに、どんな顔して待ってろっていうのよ。

310名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:32:44ID:fw37fJZ8
あ、携帯・・・ゆかりから?
「もしもし。何よ」
「あ~、にゃも?悪いんだけどさ、今日は行けないや」
「え、ちょっと・・・」
「ごめーん。また可愛がってあげるよ」
「ゆかり?」
切れた・・・。
何よ・・・自分から来るって言ったくせに・・・。
・・・ゆかり・・・。
ねぇ、ホントに来ないの?
寄るって言ったのに・・・。
違うの・・・ごめん、大丈夫なんかじゃない。
せつないよぅ・・・。
もう嘘つかないから・・・本当は来てほしいの・・・。
制服でも何でも着るから。
あ、今から着る!だからご褒美・・・。
ゆかり、ねぇゆかり・・・。

311名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:33:29ID:fw37fJZ8
「うわ、何飛び出してきてんのよ」
え・・・?
「げ、泣いてやがる。お隣さんに気味悪がられるぞ」
ゆかり・・・?
「ゆかり!」
「うあ、抱きつくな!誰かに見られたらあんた部屋追い出されるだろ・・・とりあえず中に入れて・・・」

「うぅ~・・・ゆかり・・・ずるいよぉ」
「も~、悪かったよ。にゃもがそんなに発情してるとは思わなくてさ・・・」
「はつじょ・・・違う!」
「制服で部屋飛び出しといて何が違うんだよ」
制服・・・?
あ、電話のあと着替えたのか。覚えてないや。
「そんなにご褒美が欲しかったか~。いい子だなぁ。にゃも」
あぁ、もっとぎゅっと・・・とろけそう。
「可愛いなぁ。よし、約束通りご褒美あげるぞ。何が欲しいんだ?」
「え?」
・・・意地悪・・・。
「ほら、ちゃんと言えるでしょ?」
「昼間の続きをしてほしいです・・・」
ゆかりってちょっとSなのかなぁ・・・。
「よし。ゆかりちゃん、素直なにゃもは好きだぞ。続きって言うと・・・こっからか」
「うぁ!ちょっと待って・・・いきなりは・・・」
「何だよ。続きって言ったじゃん。してほしくないのか?」
「・・・ちゅーもしてた」
「え?」
「ちゅーしながらだったでしょ・・・ん」
ゆかりの唇・・・昼間は無理やりだったけど、今はもう違う。
「ん・・・はぁ」
舌と指が同時に入って・・・。
あぁ、昼間の何倍も幸せ・・・。

312名前:名無しさん@秘密の花園[sage] 投稿日:2007/04/22(日) 16:34:18ID:fw37fJZ8
「ねぇゆかり、こんなことするのは私の制服姿に興奮したから?」
「・・・」
「じゃあまた着ちゃおっかな・・・誘惑される?・・・えへへ」
「にゃもだから」
「え?」
「制服じゃなくてもにゃもには興奮すんの!」

「・・・そっか。私、素直なゆかりは好きだぞ」