※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茫洋とした暑さの中。
思い出が紡ぎだされる。

ふと浮かぶ現実は、波間に砕けて泡の下に。
紡ぎだされる思いで。
甘くおもく
うつつの世界にうかぶ蜃気楼。

奇妙な甘美さと不安が押し寄せる。
つむぎだす言葉が重みをもたず心をしめつける。