M-Tea* vol.7 no.49 スカンジナヴィア文学概観(二)宮原晃一郎

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M-Tea* vol.7 no.49 スカンジナヴィア文学概観(二)宮原晃一郎

2015.6.27 第七巻 第四九号

スカンジナヴィア文学概観(二)
宮原晃一郎

 十一、中世以後の文学
 十二、用語の問題
 十三、風刺劇の盛時
 十四、抒情詩人の群れ
 十五、スウェーデンの黄金時代
 十六、ローマン主義運動
 十七、自我主義の詩人哲学者
 十八、スウェーデンのローマン主義
 十九、反動きたる
 二十、スウェーデンの自然主義
 二十一、ノルウェー文学の独立
 二十二、ノルウェー文学、多士済々
 二十三、結論



月末最終号:無料  p.111 / *99 出版
※ DRM などというやぼったいものは使っておりません。

※ PDF 形式。Mac OS X 10.4・Acorbat Reader 5.0、Windows 7・Adobe Reader X、 SONY Reader(PRS-T2)、Nexus 7・Perfect View にて確認済み。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。著作権保護期間を経過したパブリック・ドメイン作品につき、転載・印刷・翻訳などの二次利用は自由です。
(c) Copyright is public domain in Japan, 2015.

PDF マガジン 週刊ミルクティー*

 以上お話しいたしましたアイスランド・ノルウェー文学の栄えたのち、アイスランドは衰微しましたのが十六世紀の半ばからようやく復活して、十八世紀になってやっとローマン主義の文学がふたたび興ってきました。けれども、『エッダ』や『スカルド』や『サーガ』に比すべきほどの力はありません。最近、グンナァル・グンナルソン Gunnar Gunnarsson という作家が国境を越えて名声をはせていますが、これはデンマーク語を用いておりますから、あるいはデンマーク作家にかぞえてしかるべきかもしれません。
 要するに古代アイスランドの文学を受けついだのは、アイスランド自身よりもデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの三国でありました。しかし宗教改革にいたるまでのスカンジナヴィアの中世文学は、だいたいにおいて隆盛ではなかったということができましょう。スカルドやサーガの盛時をすぎると、ラテンやフランスの古典の翻訳時代がきました。キリスト教の普及にともなって渡来したラテン語が尊重されて、学問は僧侶の手に帰し、文学もまた僧侶や貴族の支配するところとなりました。しかし一方には国語の統一ということがおこなわれ、国語で著作された文学もわずかながら出るようになりました。この国語を整理改造して文学用語にまで高めた功績は、スウェーデンではオーヴラス・ペトリス、デンマークではクリスチャン・ペテルセンであります。(「十一、中世以後の文学」より)

※ #ref(7_49.rm)
(朗読:RealMedia 形式 xxxKB、x:xx)
※ お休みしまーす。


宮原晃一郎 みやはら こういちろう
1882-1945(明治15.9.2-昭和20.6.10)
明治~昭和期の北欧文学者、児童文学者。北欧文学の翻訳紹介者として活躍。童話集に「龍宮の犬」。

◇参照:『人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ、2000.7)。

底本

底本:「北歐の散策」生活社
   1943(昭和18)年3月20日発行
http://www.aozora.gr.jp/cards/000809/card43013.html

NDC 分類:949(ドイツ文学 / その他のゲルマン文学)
http://yozora.kazumi386.org/9/4/ndc949.html

難字、求めよ

純芸術詩
フランスのクラシック文学
清醇
ベルマン祭
ロマン主義運動
ドイツ・ローマン派
自我主義
北欧民話
ノルウェーの四大文豪(Den fire Store)
漂浪主義
デンマーク・ユルラン派の郷土文学
共産主義小説
赤色作家
労農文学
オーヴラス・ペトリス スウェーデン人か。
クリスチャン・ペテルセン デンマーク人か。
デンマーク協会
カール二世 Karl II.
スウェーデン学士院 Svenska Akademien
スタッフェルト A. W. Staffeldt ドイツ生まれの詩人。ローマン主義の輸入者。(本文)
ボート Baath
ヨハン・ボーエル
『スカルド』
『ニェルス・クリームの地下旅行』 Niels Klims Underjodiska Reis
『クリスチャン王は高き帆柱に近く立つ』 Kong Christian stod ved hoje Mast デンマークの国歌。
『小さなグンヴォル』 Llille Gunvor
『靴下のない恋愛』 フランス古典主義風の悲劇。
『フリーヂョフ物語』 Fridjef saga テグネールの著。(本文)
『ノルウェーの黎明』 Norges Da:mring ウェルハーヴェンの詩集。(本文)

むしとりホイホイ

まだスウェデン文學 → またスウェデン文學 【た?】
クロップシュック → クロップシュトック 【トか】

以上2件。底本未確認。

スリーパーズ日記*

書きかえメモ。
イスランド → アイスランド
ノルウェイ → ノルウェー
フインランド → フィンランド
エ〓ル/エー〓ル → エヴァル
クロップシュック → クロップシュトック
クラッシク → クラシック
アウグスツス → アウグストゥス
ロマン主義 → ローマン主義
ニイチェ → ニーチェ
キェルケゴォル → キルケゴール
ピエロォ → ピエロ
ギェレルウプ → ギェレルプ
ストリンドベーリ → ストリンドベリ
ビェラン → ヒェラン
フロォベル → フローベール
モォパッサン → モーパッサン

6/25 快晴
朝方に、松尾『人工知能』読了。

松尾豊 まつお ゆたか
『人工知能は人間を超えるか』
ーーディープラーニングの先にあるものーー
角川 EPUB 選書 021
KADOKAWA、2015.3

太郎水野1・2遺跡(最上郡金山町)


2015.6.27 公開予定
2015.9.14 公開
しだひろし/PoorBook G3'99
転載・印刷・翻訳は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: