M-Tea* vol.7 no.48 スカンジナヴィア文学概観(一)宮原晃一郎

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M-Tea* vol.7 no.48 スカンジナヴィア文学概観(一)宮原晃一郎

2015.6.20 第七巻 第四八号

スカンジナヴィア文学概観(一)
宮原晃一郎

 一、スカンジナヴィア限界
 二、一貫せるローマン主義
 三、古代文学の共通
 四、『エッダ』の解説
 五、『エッダ』の各篇
 六、欧州二大神話の一つ
 七、特異の形式
 八、スカルド歌謡
 九、散文時代
 十、伝統の精神



100円(本体税抜93円)  p.102 / *99 出版
※ DRM などというやぼったいものは使っておりません。

※ PDF 形式。Mac OS X 10.4・Acorbat Reader 5.0、Windows 7・Adobe Reader X、 SONY Reader(PRS-T2)、Nexus 7・Perfect View にて確認済み。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。著作権保護期間を経過したパブリック・ドメイン作品につき、転載・印刷・翻訳などの二次利用は自由です。
(c) Copyright is public domain in Japan, 2015.

PDF マガジン 週刊ミルクティー*

 太古、天地のはじめは渾沌として無であった。その渾沌の中にブゥルの子たち、すなわちオーディンとその兄弟ヴィリ、ヴェとが国づくりのわざをする。その業とは巨人ユミールを殺すことでした。巨人の血は大海に満ち、その骨は大山岳となり、歯は巌となり、頭蓋は天に、髪は樹木に、脳味噌は雲になったといいます。そこで形勢が変わってアスガルド、すなわち神の国ができましたが、神々もまた運命をまぬがれることはできません。殺戮の罪や契約違犯の罪などさまざまな罪を犯した神国には、巨大な海蛇や、死の船や、冷酷な悪魔ロキや、地獄のムスペルヘイムの怪人、火の巨人スゥルトウなどがぞくぞくと押し寄せて破滅の力をふるい、主神オーディンは狼フェンリルに殺され、雷神トォルは海蛇に打ち負かされ、オーディンの娘フレイヤは火の巨人に殺されました。そうした世の終わりというべき光景を、『エッダ』はその独特な簡潔な表現で、こう歌っております。

天つ日は暗く、
大地はわだつみに沈み、
熱き星々は空より落ち、
烈しき湯気はうずまきぬ。
生命を養う火は、
焔と立ち騰りて、
み空をこがしたりき。

 まったく、天照大神が天の岩戸に隠れ給うたときのように、まったく蒼蝿なす、もろもろのまがつみが国内に満ちたのでした。しかしそれもしばし、やがて地は黒闇々たるわだつみから、よみがえりました。古代のスカンジナヴィア詩人はそのありさまをこう歌っております。

今われ、
地の新たにわだつみの浪の中より
緑となって立ち昇るを見る。
滝は落ち、鷲は飛び、
岩根の淵の魚を捕らう。
イザヴォルにもろもろの神、
かんつどいまして、
地をとりまく、
かの恐ろしき大蛇について、語らせ給いぬ。

(「四、『エッダ』の解説」より)

※ #ref(7_48.rm)
(朗読:RealMedia 形式 xxxKB、x:xx)
※ お休みしまーす。


宮原晃一郎 みやはら こういちろう
1882-1945(明治15.9.2-昭和20.6.10)
明治~昭和期の北欧文学者、児童文学者。北欧文学の翻訳紹介者として活躍。童話集に「龍宮の犬」。

◇参照:『人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ、2000.7)。

底本

底本:「北歐の散策」生活社
   1943(昭和18)年3月20日発行
http://www.aozora.gr.jp/cards/000809/card43013.html

NDC 分類:949(ドイツ文学 / その他のゲルマン文学)
http://yozora.kazumi386.org/9/4/ndc949.html

難字、求めよ

北欧文学
ドイツ文学
フランス古典文学
労働文学
古代文学
神代文字
作詩法
キリストの復活
アラル
ヘルガール
ヘイムダラール
古代北欧語
ヘィティ Heiti
コーネ 女の意。(本文)
フリョード Flyod
スプルンド Sprund
ケェプペンパヴン → ケベンハウン(コペンハーゲン)か
スカルホルト アイスランド。
ミズガルド 中つ国の名。
イザヴォル
ギムレイ Gimle
セームンド
ノルウェー協会
ヘイムダール
ユミール 巨人。(本文)
ブゥル
ヴィリ、ヴェ オーディンの兄弟。ブゥルの子たち。(本文)
地獄のムスペルヘイムの怪人
スゥルトウ 火の巨人。
フレイヤ オーディンの娘。
ヴェールンド 熟練な金工。(本文)
ニャール 王。(本文)
ウイラント 鍛冶。(本文)
ヘルギ 『ヘルガ・クブィザ』の主人公。(本文)
スカルド 祖先をオーディンの大神に持っているというが、その守護神はブラギ Bragi。(本文)
ウルフ Ulf スカルド詩人のうち、最も古いとせられている。(本文)
エルプル Erpr 聖地で人殺しをしながら、詩の功徳で危ない生命を取り止めたスカルド詩人。(本文)
『バルドルの夢』 Baldrs drumar
『ヘルガ・クブィザ』 Helga kvidha ヘルギの歌。
ヴェルウスパー
『スカルド』

むしとりホイホイ

http://aozora.gr.jp/ → http://www.aozora.gr.jp/ 【www.か】
ノルウェイ。イスランド → ノルウェイ・イスランド 【中黒か】
巨人《おほぴと》 → 巨人《おほびと》 【び、か】

以上3件。底本未確認。

スリーパーズ日記*

川崎浩良『山形市史草案』ぽめ入力。
北向遺跡(山形市)入力。

6/16 火曜 くもりのち雨
9:20すぎに浅間山で降灰確認。ごく弱い噴火。
MARS、韓国、日本人おそれ。先週2人帰国。ほかにも。
昨晩は1:00から宮崎吾郎、母を語る。
コインランドリーへ。とうとうここも400円に値上がり。
蔵王噴火警戒警報、解除。


2015.6.20 公開予定
2015.9.14 公開
しだひろし/PoorBook G3'99
転載・印刷・翻訳は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: