武者金吉『地震なまず』図版

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武者金吉『地震なまず』図版

底本

底本:『地震なまず』明石書店
   1995(平成7)年12月20日 第1刷発行
親本:『地震なまず』東洋図書
   1957(昭和32)年発行



[#図版(fig_01.png)]
[#ここからキャプション]
昭和五年(1930年)
伊豆地震調査当時の著者。後ろの倒潰した建物は箱根塔ヶ島離宮、屋根を貫いて柱が突き出している。
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_02-04.png)]
[#ここからキャプション]
大正十二年(一九二三年)
関東大震災
横浜花園橋附近の亀裂
[#キャプション終わり]

[#ここからキャプション]
大正十二年(一九二三年)
関東大震災
浅草十二階
[#キャプション終わり]

[#ここからキャプション]
大正十二年(一九二三年)
関東大震災
被服廠の惨状
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_05.png)]
[#ここからキャプション]
明治二十七年六月二十日東京地震の状況
東京大地震湯屋破損の図
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_06.png)]
[#ここからキャプション]
安政二年(一八五五年)
江戸地震
吉原堤から飛び出した火の玉
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_07.png)]
[#ここからキャプション]
一九一一年十一月十六日
中欧の地震
ドイツのエビンゲンで
観察された火の王
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_08.png)]
[#ここからキャプション]
昭和五年(一九三〇年)
伊豆地震
静岡県賀茂郡稲生沢村から見た地震の発光
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_09.png)]
[#ここからキャプション]鹿島の要石[#キャプション終わり]


[#図版(fig_10.png)]
[#ここからキャプション]鎌倉時代の暦にある地震虫[#キャプション終わり]


[#図版(fig_11.png)]
[#ここからキャプション]鯰の実験装置(畑井博士原図)[#キャプション終わり]

fig_12.png (青空文庫版、未収録)
[#図版、津田青楓は一九七八年没。著作権保護期間内のため図版収録せず]
[#ここからキャプション]理学博士 寺田寅彦(津田青楓写生)[#キャプション終わり]


[#図版(fig_13.png)]
[#ここからキャプション]
神奈川県吉浜村から見た地震の発光
(昭和5年伊豆地震)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_14.png)]
[#ここからキャプション]
箱根町から西方に見えた地震の発光
(昭和5年伊豆地震)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_15.png)]
[#ここからキャプション]
神山駒ケ岳中腹に見えた地震の発光
(昭和5年伊豆地震)(石内農学士写生)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_16.png)]
[#ここからキャプション]
箱根姥子から見た地震の発光
(昭和5年伊豆地震)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_17.png)]
[#ここからキャプション]
箱根町で観察された地震の発光
(昭和5年伊豆地震)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_18.png)]
[#ここからキャプション]
別府湾に現れた地震の発光
(昭和6年日向灘地震)
[#キャプション終わり]


[#図版(fig_19.png)]
[#ここからキャプション]メトリヂア・ロンガ[#キャプション終わり]


[#図版(fig_20.png)]
[#ここからキャプション]東京東部を通る地震帯[#キャプション終わり]


[#図版(fig_21.png)]
[#ここからキャプション]理学博士 今村明恒(1870~1948)[#キャプション終わり]


以上、21件。うち、著作権保護期間内が1件。



2014.10.24:公開
しだひろし/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: