M-Tea*6_36-春の筑波山/常磐の山水/遊羽雑感 大町桂月

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご注意

これまで(2014年3月)以前の100円(税込)商品は → 103円(税込)になります。
                200円(税込)    → 205円(税込)になります。
                210円(税込)    → 216円(税込)になります。
今後(2014年4月)以降の商品は、税込100円(税抜き価格93円)になります。
atwiki 内ページでの価格表示は、発行当時の税込金額がそのまま残ってしまいますが、ご了承ください。

M-Tea*6_36-春の筑波山/遊羽雑感/常磐の山水 大町桂月

2014.3.29 第六巻 第三六号

春の筑波山
常磐の山水
遊羽雑感
 大町桂月



月末最終号:無料  p.128 / *99 出版
※ DRM などというやぼったいものは使っておりません。

※ PDF 形式、六インチ判。Windows 7 およびソニー Reader にて確認済み。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。著作権保護期間を経過したパブリック・ドメイン作品につき、転載・印刷・翻訳などの二次利用は自由です。
(c) Copyright this work is public domain, 2014.

毎度おさわがせで Zoo。

 古来、奥羽は日本武尊をはじめまつり、田村将軍・源頼義・義経など、英雄豪傑が武をもって王化に浴せしめたるところとのみ思いしは、げに皮相の謬見なりき。われ山寺に遊びてはじめて知る、前九年の役に先だつことおよそ二〇〇年、はやすでに絶代の聖僧慈覚大師〔円仁〕が、徳をもって奥羽の人を救いたりしことを。大師は、じつに千年の前に立石寺を創めて、衆生を済度したる聖人なり。『山寺名勝志』によれば大師は、最上川の御殿〔碁点か〕と称するところを開削して瀦水を排し、沮洳卑湿なる村山四郡を耕田となせり。なお麻布製造の法をも教えたりとのことなり。仰ぐべきかな慈覚大師。(「遊羽雑感」より)

※ #ref(6_36.rm)
(朗読:RealMedia 形式 xxxKB、x:xx)
※ お休みしまーす。

大町桂月 おおまち けいげつ
1869-1925(明治2.1.24-大正14.6.10)
詩人・評論家。名は芳衛。高知市生れ。東大卒。叙事・紀行・修養などについての文章を多作。「文学小観」「行雲流水」など。

◇参照:『広辞苑 第六版』(岩波書店、2008)、Wikipedia 日本語・オフライン版(『iP!』2009.4月号、晋遊舎)。

底本

(春の筑波山)
底本:「桂月全集 第二卷 紀行一」興文社内桂月全集刊行會
   1922(大正11)年7月9日発行
(明治三十一年(一八九八))
http://www.aozora.gr.jp/cards/000237/card48358.html

(常磐の山水)
底本:「桂月全集 第二卷 紀行一」興文社内桂月全集刊行會
   1922(大正11)年7月9日発行
(明治四十年(一九〇七))
http://www.aozora.gr.jp/cards/000237/card48502.html

(遊羽雑感)
底本:「桂月全集 第二卷 紀行一」興文社内桂月全集刊行會
   1922(大正11)年7月9日発行
http://www.aozora.gr.jp/cards/000237/card48320.html
(明治四十二年(一九〇九))

NDC 分類:915(日本文学 / 日記.書簡.紀行)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc915.html

難字、求めよ

祠前
数武の地
夫婦餅
峰脈
喬杉
蘇小
しが
饒舌る しゃべる、か
海※[#「さんずい+(从/巫)、717-8] 海〓(かいぜい)か。海岸。△「〓」は、水ぎわ。
半頃
暮耕朝耨
野を辺ぐる
足穂山 → 足尾山か
足尾山 あしおやま 新治・真壁両郡の境にあり、北は加波山、南は筑波山に連なる。標高627m。古くは葦穂(あしほ)山と記される。
宝珠岳
小利根
大利根川
筑波祠前
銅雀台
常磐祠 第一公園。
大洗祠前 → 大洗磯前神社か
子の日原
西山 → 西山荘(せいざんそう)か
太田鉄道
八幡山 「平潟市街をすぎて八幡山より平潟湾を見おろせば……」
観音山
天王崎
細田入江
松川村
松川湾
飛島の湊 → 飛鳥湊か
飛鳥湊 あすかみなと、か 現、相馬市尾浜か。鵜ノ尾岬の南崖下にあった。南湊ともいわれた。
夕顔観音
離崎
鶴巣野
松沼浜/松沼
沖が島/沖島
文字島
紅葉の岡
川添の森
御殿 碁点か
村上四郡 村山四郡か
南院の堤
楓川 かえでがわ?
横山達三
沢田牛麿
李夫人
『山寺名勝志』

むしとりホイホイ

(春の筑波山)
又拭[#二]涙痕[#一]辭帝城[#一] 【[#二]欠落か】
※[#「口+耳」、第3水準1-14-94]く 【囁くの誤用】

(常磐の山水)
※[#「さんずい+(从/巫)、717-8] → ※[#「さんずい+筮」、U+6FA8] 【※[#「さんずい+筮」、U+6FA8]か】水ぎわの意。
傅ふ → 傳ふ 【傳か】つたう、か
飛島の湊 → 飛鳥の湊 【鳥か】あすかのみなと、か

(遊羽雑感)
御殿 【碁点か】
村上四郡 → 村山四郡 【山か】

以上7件。底本未確認。

スリーパーズ日記*

書きかえメモ。
傅ふ → 傳ふ
飛島の湊 → 飛鳥の湊
村上四郡 → 村山四郡
筑波山下雨 → 筑波山下雨。

おぼえがき。
これまで、本体価格九五円と消費税五%で、税込み一〇〇円。
これから。消費税八%で税込み一〇〇円にするには、本体価格九三円となる。

さて、ここまではいいとして、
本体価格九五円だったものに消費税八%が加算されると、一〇三円かあ。
半端な数字だなあ。
税込み一〇〇円と一〇三円が混在するのもいやだし、
既刊号の価格表示変更はもっといやだし……。
かといって、まったく説明なしだと価格表示の詐称疑惑で、税務局に踏み込まれるかもしれないし。


3/22 くもりのち雨。
Nスペ、超常現象。どんとこい阿部寛。

3/23 くもり、小雨ぱらつく。
NHKAM、なぎら健壱7年。高田渡。来週最終回。
FMハート・オブ・サンデー、ノーナ、こちらも来週が担当最終回。
0.043μ。ハクモクレンのつぼみ、まだかたい。
『新版地学事典』十和田カルデラ。執筆担当は早川由紀夫。

3/24 19:21 晴れ。
日差しあり。南からの暖かい風。散髪。
倉津川沿い、すでに羽虫が発生。ツバキ咲き始め。
ひさしぶりの夕焼け空。

3/26 くもりのち雨。
川崎さんへの質問、噴火リスト作成。ミルクティー*バックナンバー、喜田貞吉の「震災日録」「震災後記」を読書。阿部正己に関する記述。
NHKニュース、2:00ごろ、北朝鮮ミサイル沖500km。ノドンか2發。
西からの暖かい強い風。乾いてる。
倉津川沿い、花やしきにサクラ開花。ヒガンザクラか。スイセン、背丈ひくいが黄色いつぼみがめだつ。葉山、青白く見える。

図書館へ。相談室、不在の札。川崎さん、かわりにあじきさん。
ハゲちょびんのケヤキにシジュウカラか。コガラか。
NHK山形。土壌。村山地方145ベクレル/1kg。最高値は690(山形松原)~680(米沢笹谷)ベクレル。

3/27 晴れ
青空から大町桂月のテキストを物色。
市民会館でチョウゲンボウとカラスの一騎打ち。
週ジャン、ガンダムエース、月刊アフタヌーン、Cut、月刊秘宝。安彦良和あっちこっち。「嬉田貞一」ってやっぱし……だよね。



3.23 松尾堂、松浦弥太郎。道元『典座教訓』。
3.26 まれびと、カーゴ・カルト、積荷信仰、招神信仰。
4.2 8:46 南米チリ沿岸イキケ、M8.2。津波2m。

2014.3.29 公開
目くそ鼻くそ、しだひろし/PoorBook G3'99
転載・印刷・翻訳は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: