M-Tea*3_40-大正十二年九月一日…/私の覚え書 宮本百合子

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011.5.10 現在

チャリティー出品数: 4個
チャリティー販売数: 3個
  第三巻第三六号: 2個(地震の話(二)今村明恒
  第三巻第三七号: 1個(津波と人間/天災と国防/災難雑考 寺田寅彦
売上金: 600円です。感謝。

M-Tea*3_40-大正十二年九月一日…/私の覚え書 宮本百合子

2011.4.30 第三巻 第四〇号

大正十二年九月一日よりの東京・横浜間大震火災についての記録
私の覚え書
宮本百合子



月末最終号:無料  p.155 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(12項目)p.69
※ DRM などというやぼったいものは使っておりません。

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。転載・印刷・翻訳は自由です。
(c) Copyright this work is public domain.


はみだせ! 週刊ヒポクりィー*


 列車は人と貨物を満載し、あぶら汗をにじませるむし暑さにつつまれながら、篠井ぐらいまでは、急行らしい快速力で走った。午前二時、三時となり、だんだん信州の高原にさしかかると、停車する駅々の雰囲気が一つごとに緊張の度を増してきた。在郷軍人、消防夫、警官などの姿がちらつき、手に手に提灯をかざして警備している。福井を出発するとき、前日ごろ軽井沢で汽車爆破をくわだてた暴徒が数十名捕らえられ、数人は逃げたという噂があった。旅客はみなそれを聞き知ってい、なかには、ことさら「いよいよ危険区域に入りましたな」などという人さえある。
 五日の暁方(あけがた)四時少しすぎ、列車がちょうど軽井沢から二つ手前の駅に着く前、一般の神経過敏をよく現わした一つの事件が持ちあがった。前から二つ目ばかりの窓ぎわにいた一人の男が、「この車の下に何者かが隠れている。爆弾を持った〔二字伏せ字〕に違いない」と言い出したのであった。なにしろひどい混みようで、とうてい席などは動けないので、遠い洗面所その他はまるで役に立たない。その人は、窓から用をたしたのだそうだ。そして、何心なくひょいと下をのぞくと、たしかに人間の足がいそいでひっこんだのを認めた。自分ばかりではなく、もう一人の者も間違いなく見たというのである。
 はじめ冗談だと思ったみなも、その人があまり真剣なのでひどく不安になりはじめた。あの駅々の警備の厳重なところを見れば、まったくそんな事がないとはいわれない。万一事実とすれば、ここにいる数十人が命の瀬戸際にあるということになる。不安がつのるにつれ、非常警報器を引けという者まで出た。駅の構内に入るために列車がしばらく野っぱ〓のまんなかで徐行しはじめたときには、乗客はほとんど総立ちになった。何か異様がおこった。今こそあぶないという感が一同の胸をつらぬき、じっと場席(ばせき)にいたたまれなくさせたのだ。

篠井 長野県長野市篠ノ井(しののい)か。

3_40.rm
(朗読:RealMedia 形式 492KB、3'59'')
milk_tea_3_40.html
(html ソーステキスト版 196KB)

宮本百合子 みやもと ゆりこ
1899-1951(明治32.2.13-昭和26.1.21)
小説家。旧姓、中条。東京生れ。日本女子大中退。顕治の妻。1927〜30年ソ連に滞在、帰国後プロレタリア作家同盟常任委員。32年から終戦までに3度検挙。戦後、民主主義文学運動の先頭に立つ。作「貧しき人々の群」「伸子」「二つの庭」「播州平野」「道標」など。

◇参照:Wikipedia 宮本百合子、『広辞苑 第六版』(岩波書店)。


底本

大正十二年九月一日よりの東京・横浜間大震火災についての記録
底本:「宮本百合子全集 第十八巻」新日本出版社
   1981(昭和56)年5月30日初版発行
   1986(昭和61)年3月20日第2版第1刷発行
初出:同上
http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/card4186.html

私の覚え書
底本:「宮本百合子全集 第十七巻」新日本出版社
   1981(昭和56)年3月20日初版発行
   1986(昭和61)年3月20日第4刷発行
初出:「女性」
   1923(大正12)年11月号
http://www.aozora.gr.jp/cards/000311/card3732.html

NDC 分類:453(地球科学.地学/地震学)
http://yozora.kazumi386.org/4/5/ndc453.html
NDC 分類:916(日本文学/記録.手記.ルポルタージュ)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc916.html


難字、求めよ

林町青山
小南
イキ坂
安積 福島県安積町か。現、郡山市。
芝園橋
糧秣廠 りょうまつしょう、か。
内外ビルディング
本郷座
白札 白タク?
さいや
大滝
啓明会
此那 こんな?
倉知 くらち?
下馬
白山山脈
警言

むしとりホイホイ

どうかこうが → どうかこうか 【か、か?】
薄縁の敷る 【?】

スリーパーズ日記


 スイッチ付きの電源タップ、遮光用スクリーンすだれ、断熱用カーテンのライナー、『読売新聞・特別縮刷版』(一四〇〇円)購入。4ポイントぐらいか。文字、細かっ。

 吹く風を なこその関と 思えども
  みちもせに散る 山桜かな     源義家

 みちのくの 安達ヶ原黒塚
  鬼こもれりと いふはまことか   平兼盛

 みちのくの しのぶもじずり 誰ゆえに
  みだれそめしに われならなくに  源融

 陸奥の 忍(しのぶ)の里に 道はあれど
  恋という山の 高根しるしも    西行

 限りあれば 吹かねど花は 散るものを
  心みじかき 春の山風       蒲生氏郷

 以上、『郷土資料事典7 福島県』(人文社)より。五月七日、晴れ。南東からの山越えの風。奥羽線ぞいに八重桜の赤い花・桜桃の白い花・つつじ・はなみずき。明日から薬師寺植木まつり。「なにかひとつ」ジャモーサ。



2011.5.9:公開 八面玲瓏。
2011.5.13:更新
秒速、5ミリシーベルト。ベラルーシ。
目くそ鼻くそ。しだひろし/PoorBook G3'99
転載・印刷・翻訳は自由です。
カウンタ: -

  • 「初出:同上 」ってどういうことだろうか。『全集』が初出ってこと? -- しだ (2011-05-13 15:35:51)
名前:
コメント: