坂本龍馬略年表 1〜24歳

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

坂本龍馬略年表 1〜24歳(1835〜1858)


天保6年(1835年)1歳
11月15日 坂本龍馬、高知城下本丁一丁目に生まれる。

弘化3年(1846年)12歳
6月10日 龍馬の母・幸、49歳で死去する。
この年、小高坂村楠山壮助の塾に入門するが、ほどなく退塾する。

嘉永元年(1848年)14歳
某月 城下築屋敷の小栗流日根野弁治道場に入門する。

嘉永6年(1853年)19歳
2月 相模、駿河、伊豆、三河、遠江に大きな地震・海嘯。次にくる安政大変災の前駆をなす。
3月前半 「小栗流和兵法事目録」を授与される。
17日 武芸修行のため江戸へ出立する。
12月1日 佐久間象山の砲術塾に入門する。

安政元年(1854年)20歳
2月 江戸に大地震後、大きな地震。
6月23日 土佐へ帰国する。
閏7月 「小栗流和兵法十二箇条并二十五箇条」を授与される。
10月 江戸に大地震。
11月4日 地震。その日に東海、東山の両道が震い、翌日になって、南海、西海、山陽、山陰の四道が震うたが、海に沿うた国に海嘯。この地震は豊後海峡の海底の破裂に原因があって、四国と九州が大災害をこうむる。(広辞苑:東海道の大地震。安政東海地震。震源地遠州灘沖。マグニチュード8.4。死者約2000〜3000人。)(広辞苑:11月5日、南海道の大地震。安政南海地震。震源地土佐沖。マグニチュード8.4。死者数千人。)
11月 築屋敷三丁目の河田小龍を訪れる。

安政2年(1855年)21歳
11月2日 江戸に地震、大被害。紀伊、淡路、阿波、讃岐、伊予、土佐、豊前、豊後、筑前、筑後、壱岐、出雲、石見、播磨、備前、備中、備後、安芸、周防、長門、摂津、河内、若狭、越前、近江、美濃、伊勢、尾張、伊豆一帯が震うて、摂津、紀伊、播磨、阿波、土佐、伊豆の諸国には海嘯。江戸が非常にひどかった。変死人は七千人。 (広辞苑:10月2日、江戸の大地震。江戸地震。震源地江戸川河口。マグニチュード6.9。死者(藤田東湖ら)数千人。)
12月4日 龍馬の父・八平、60歳で死亡する。

安政3年(1856年)22歳
8月20日 剣術修行のため江戸へ出立する。
9月中旬 江戸の土佐藩中屋敷に到着する。
10月 江戸に大地震。

安政5年(1858年)24歳
1月 千葉定吉より「北辰一刀流長刀兵法目録」を授与される。
9月3日 土佐へ帰国する。
11月19日 立川番所到着の水戸藩士住谷寅之介らの招きに返書を送る。
23日 住谷寅之介らと面談する。
25日 住谷寅之介らと別れ 立川番所より戻る。

◇参照:菊地明『追跡! 坂本龍馬』(PHP研究所、2009.10)、MT*2_26-日本天変地異記 田中貢太郎、Wikipedia、『広辞苑 第六版』(岩波書店)。



公開:2011.4.17 八面玲瓏。
更新:2011.4.18
目くそ鼻くそと呼ばれた男。しだひろし/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright this work is public domain.
カウンタ: -

  • 菊地明『追跡! 坂本龍馬』はパブリックドメインじゃなかったですね(謝)。引用は適正に(^^;)。 -- しだ (2011-04-18 10:51:54)
  • 簡単ですー。ありがとうございますー。 -- のーーーーーさん (2011-11-08 17:35:45)
  • sine---------------------- -- kkjikn (2012-01-26 09:51:17)
  • くわしくかいてあって、かんたんにわかりました。 -- k0811 (2012-02-10 10:39:18)
名前:
コメント: