MT*2_20-暗号舞踏人の謎 コナン・ドイル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MT*2_20-暗号舞踏人の謎 コナン・ドイル

2009.12.5 第二巻 第二〇号

暗号舞踏人の謎
コナン・ドイル
三上於莵吉(訳)


【週刊ミルクティー*第二巻 第二〇号】
http://www.dl-market.com/product_info.php?products_id=46769
※ ダウンロードサイトへジャンプします。
(584KB)

定価:200円(税込)  p.176 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(8項目)p.85

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright is public domain.


 彼はさけんだ。
「あなたはたいへん、奇妙(きみょう)な神秘的(しんぴてき)なことをお好(す)きでいらっしゃるそうですが、しかしこれはまた一段(いちだん)と、奇妙(きみょう)不可思議(ふかしぎ)なものでしょう。私はあなたが、私がくる前に研究(けんきゅう)しておかれるようにと思って、前もってお送(おく)りしたわけです」
「これはたしかに奇妙(きみょう)なものですな」
 ホームズはいった。
「ちょっと見れば、子どもの悪戯画(いたずらがき)のようにも思われるし、また、紙の上をおどりながらゆく、デタラメな小さな姿(すがた)の、絵のようでもありますね。いったいこんな変(へん)な、得体(えたい)の知れないものに、どうしてそんな、もったいぶった意味(いみ)をつけようとおっしゃるのですか?」
「いや、私は決(けっ)してそういうつもりではないのですが、ただ私の妻(つま)が大変(たいへん)なのです。じつは妻(つま)がまったく気絶(きぜつ)するほど、これにおどろかされたのです。彼女は何も言いませんが、しかし私はその目の中に、非常(ひじょう)な驚怖(きょうふ)を見てとりました。それで、それを穿鑿(せんさく)してみたいと思ったわけです」

2_20.rm
(朗読:RealMedia 形式 244KB、1'58'')


アーサー・コナン・ドイル Arthur Conan Doyle
1859-1930(1859.5.22-1930.7.7)
イギリスの小説家。スコットランドのエディンバラ生まれ。私立探偵シャーロック=ホームズの活躍する一連の推理小説で著名。歴史小説やSFも書いた。のち、心霊術に染まる。1887年のクリスマス、彼の最初のシャーロック・ホームズシリーズである『緋色の研究』が『ビートンクリスマス年鑑』にシャーロック・ホームズの登場として発表された。『四つの署名』を発表してから、ホームズは莫大な人気を博した。

三上於莵吉 みかみ おときち
1891-1944(明治24.2.4-昭和19.2.7)
小説家。埼玉県中葛飾郡桜井村生まれ(現在の春日部市)。早大中退。長谷川時雨の夫。大衆文学作家として活躍。作「白鬼」「雪之丞変化」など。享年53。

◇参照:Wikipedia、『広辞苑 第六版』(岩波書店)。


底本

底本:「世界探偵小説全集 第四卷 シヤーロツク・ホームズの歸還」平凡社
   1929(昭和4)年10月5日
http://www.aozora.gr.jp/cards/000009/card45340.html

NDC 分類:K933(英米文学/小説.物語)
http://yozora.kazumi386.org/9/3/ndcK933.html


疑問点


不気嫌 → 不機嫌 【機か?】
しっかり考えこんで → すっかり考えこんで 【す、か?】
最初こう → 最初から 【から、か?】
最初ののに → 最初のに 【の、削除か?】
きんひつ → きんしつ 【し、か?】
下さいますか、、 → 下さいますか、 【、をひとつ削除、か】
がっかり → がっしり 【がっしり、もしくは、がっちり、か?】
ハンドバック → ハンドバッグ 【グ、か】
与《あず》った → 与《あず》かった 【か】

以上、9件。


2009.12.6:公開
2009.12.7:更新
貧本主義、目くそ鼻くそ/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: