もしも著作権保護期間が70年だったなら

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もしも著作権保護期間が70年だったなら

シミュレーション

 もしも著作権保護期間が70年だったとするならば、2009年現在では、1938〜1958年没の著作者の保護期間がまだ継続していることになる。週刊ミルクティ*バックナンバー(vol.1 no.1〜vol.2 no.17)で保護期間を経過した(=パブリックドメインに該当する)著作者は、紫式部から和田万吉までの十一名のみとなる。浜田青陵・喜田貞吉をはじめとする二十五名が1938〜1958年没に該当するため、パブリックドメインとしてのデジタル復刻は不可能となる(国会図書館でのデジタル復刻をふくむ)。
 菊池寛・楠山正雄が訳した『奇巌城』『美し姫と怪獣』『長ぐつをはいた猫』、与謝野晶子・池田亀鑑が訳した『源氏物語』『堤中納言物語』も保護期間内に該当するので、同じく“パブリックドメインとしての”デジタル復刻は不可となる。
 仮に保護期間が70年で、プラス、サンフランシスコ講和条約にもとづく戦時加算が適用されたばあい、イギリス国籍のコナン・ドイルには、3794日分が加えられる。2009年現在、「シャーロック・ホームズ」シリーズもそのボーダーライン上となる。
 ちなみに、近日発刊予定の大川周明(1957年没)『清河八郎』も保護期間内に該当することになる。


保護期間(没後70年)経過

1937年以前没

紫式部  むらさきしきぶ  ?-?
ペロー  Charles Perrault  1628-1703
ヴィルヌーヴ夫人  de Villeneuve, Gabrielle-Susanne Barbot  1695-1755
坪井正五郎  つぼい しょうごろう  1863-1913
森 林太郎  もり りんたろう  1862-1922
芥川龍之介  あくたがわ りゅうのすけ  1892-1927
小酒井不木  こさかい ふぼく  1890-1929
アーサー・コナン・ドイル  Arthur Conan Doyle  1859-1930
桑原隲蔵  くわばら じつぞう  1871-1931
宮沢賢治  みやざわ けんじ  1896-1933
和田万吉  わだ まんきち  1865-1934


保護期間(没後70年)内

1938〜1958年没

浜田青陵  はまだ せいりょう  1881-1938
喜田貞吉  きた さだきち  1871-1939
小熊秀雄  おぐま ひでお  1901-1940
モーリス・ルブラン  Maurice Leblanc  1864-1941
工藤梅次郎  くどう うめじろう  1887-1941
与謝野晶子  よさの あきこ  1878-1942
北原白秋  きたはら はくしゅう  1885-1942
幸田露伴  こうだ ろはん  1867-1947
中山太郎  なかやま たろう  1876-1947
菊池寛  きくち かん  1888-1948
島津久基  しまづ ひさもと  1891-1949
海野十三  うんの じゅうざ  1897-1949
森 繁夫  もり しげお  1882-1950
楠山正雄  くすやま まさお  1884-1950
福井久蔵  ふくい きゅうぞう  1867-1951
宮本百合子  みやもと ゆりこ  1899-1951
安藤正次  あんどう まさつぐ  1878-1952
池内宏  いけうち ひろし  1878-1952
斎藤茂吉  さいとう もきち  1882-1953
折口信夫  おりくち しのぶ  1887-1953
橘 純一  たちばな じゅんいち  1884-1954
恩地孝四郎  おんち こうしろう  1891-1955
坂口安吾  さかぐち あんご  1906-1955
池田亀鑑  いけだ きかん  1896-1956
徳永 直  とくなが すなお  1899-1958

存命中

大久保ゆう  おおくぼ ゆう  1982-

※ ペロー、ヴィルヌーヴ夫人、モーリス・ルブランはフランス国籍、コナン・ドイルはイギリス国籍につき、戦時加算3794日が適用。


パブリックドメイン (public domain)

 著作物や発明などの知的創作物について、著作者や発明者などが排他的な権利を主張できず、一般公衆に属する状態にあることをいう。日本語訳として公有という語が用いられることがあるが、日本の法令上、地方公共団体が所有する財産のことを公有財産ということもあり、訳語として適切ではないという意見がある。
 パブリックドメインに帰した知的創作物については、知的財産権が誰にも帰属しない。そのため、所有権など他の権利を侵害する態様で利用されない限り、その利用を排除する権限を有する者は存在せず、誰でも自由に利用することができる。

◇参照:Wikipedia「パブリックドメイン」より。
※ 『広辞苑』(第六版)には「パブリックドメイン」の項、存在せず。



2009.11.21:公開
2011.7.23:更新
しだひろし/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: