MT*2_13-能久親王事跡(三)森 林太郎
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MT*2_13-能久親王事跡(三)森 林太郎

2009.10.17 第二巻 第一三号

能久親王事跡(三)
森 林太郎


【週刊ミルクティー*第二巻 第一三号】
http://www.dl-market.com/product_info.php?products_id=42037
※ ダウンロードサイトへジャンプします。
(752KB)

定価:200円(税込)  p.197 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(129項目)p.526

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。Windows & Macintosh ハイブリッド。
※ この作品は青空文庫にて入力中です。翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright is public domain.
【T-Time 無償ダウンロード】 VOYAGER / ボイジャー
http://www.voyager.co.jp/T-Time/update/index.html
【新JIS漢字を表示できるフォントを入手しよう】 青空文庫 / —明日の本棚—
http://www.aozora.gr.jp/newJIS-Kanji/newJIS3.html#2-2


(略、慶応四年九月)二十日(略)この日、円覚院義観、米沢より帰る。ただちに執当の職を免じて、尭忍とともに謹慎せんことを命ぜさせ給う。二人は仙岳院の末寺に閉居しつ。義観、人に語りていわく。宮のこの行あるに至らせ給いしは、東叡山の戦にさきだちて、我がほしいままに大総督府の使をこばみしによる。我、いかでか宮の陳謝状に自署せさせ給うを傍看して恬然(てんぜん)たることを得べきと。これより自証院亮栄、かわりて執当の職をおこなう。
(略、十月)五日、(略)義観・尭忍の職を免じ、その弟子をして覚王院、龍王院の後住たらしめんことを約せさせ給う。(略)六日、功徳院慈亮、東照宮の神体・什物を護り、別当大楽院、安居院、信行房、社家二人、神職十七人を伴いて、羽前柏山寺(はくさんじ)より帰る。
(略)八日、慶邦(よしくに)に書を与えて、伊達家の借りたる東叡山府庫(ふこ)の金をかえすことを要せずと告げ、かねて義観、尭忍の仙台にあらんかぎり、扶持せんことを頼み聞こえさせ給う。(略)
(十月)十二日、辰半刻、宮は輿に乗りて仙岳院を立たせ給う。伊州藩士藤堂仁右衛門、兵六十人ばかりをひきいて、菊御紋を染めさせたる旗をたて、輿の前後を護れり。藩主慶邦、後藤孫兵衛を遣わして送りまいらす。東照宮の神体および什宝は、別当ら護りて一行の後に随いぬ。さて陸前国名取郡中田、増田、岩沼をへて、火ともし頃に柴田郡槻木(つきのき)に着かせ給う。この日、義観、尭忍、檻にて東京に送られぬ。

2_13.rm
(朗読:RealMedia 形式 440KB、3'34'')


森 林太郎 もり りんたろう
1862-1922(文久2.1.19-大正11.7.9)
森鴎外。作家。名は林太郎。別号、観潮楼主人など。石見(島根県)津和野生れ。東大医科出身。軍医となり、ヨーロッパ留学。陸軍軍医総監・帝室博物館長。文芸に造詣深く、「しからみ草紙」を創刊。傍ら西欧文学の紹介・翻訳、創作・批評を行い、明治文壇の重鎮。主な作品は「舞姫」「雁」「阿部一族」「渋江抽斎」「高瀬舟」、翻訳は「於母影」「即興詩人」「ファウスト」など。

◇参照:Wikipedia、『広辞苑 第六版』(岩波書店)。


底本

底本:『鴎外全集 第三巻』岩波書店
   1972(昭和47)年1月22日発行
初出:『能久親王事蹟』東京偕行社内棠陰會編纂、春陽堂
   編集兼発行人代表者 森林太郎
   1908(明治41)6月29日刊行
NDC 分類:288(伝記/系譜.家史.皇室)
http://yozora.kazumi386.org/2/8/ndc288.html



2009.10.24:公開
国家戦略担当工作員目くそ鼻くそ/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: