MT*2_10-風の又三郎 宮沢賢治

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MT*2_10-風の又三郎 宮沢賢治

2009.9.26 第二巻 第十号

風の又三郎
宮沢賢治


【週刊ミルクティー*第二巻 第十号】 ※ ダウンロードを開始します。
(448KB)

月末最終号:無料  p.194 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(9項目)p.51

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。Windows & Macintosh ハイブリッド。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright is public domain.

(略)二人《ふたり》ともまるでびっくりして棒立《ぼうだ》ちになり、それから顔を見あわせてブルブルふるえましたが、ひとりはとうとう泣《な》き出してしまいました。というわけは、そのしんとした朝の教室《きょうしつ》のなかにどこからきたのか、まるで顔も知らないおかしな赤い髪《かみ》の子供《こども》がひとり、いちばん前の机《つくえ》にちゃんとすわっていたのです。そしてその机《つくえ》といったら、まったくこの泣《な》いた子の自分の机《つくえ》だったのです。(略)
「あいづは外国人《がいこくじん》だな。」
「学校さはいるのだな。」みんなは、ガヤガヤガヤガヤいいました。ところが五年生の嘉助《かすけ》がいきなり、
「ああ三年生さはいるのだ。」とさけびましたので、
「ああそうだ。」と小さいこどもらは思いましたが、一郎はだまってくびをまげました。
 変《へん》なこどもは、やはりきょろきょろこっちを見るだけ、きちんと腰《こし》かけています。
 そのとき風《かぜ》がドウと吹《ふ》いてきて教室《きょうしつ》のガラス戸《ど》はみんなガタガタ鳴《な》り、学校のうしろの山の萱《かや》や栗《くり》の木はみんな変《へん》に青じろくなってゆれ、教室《きょうしつ》のなかのこどもはなんだか、ニヤッとわらってすこしうごいたようでした。

2_10.rm
(朗読:RealMedia 形式 268KB、2'09'')


宮沢賢治 みやざわ けんじ
1896-1933(明治29.8.27- 昭和8.9.21)
詩人・童話作家。岩手県花巻生れ。盛岡高農卒。早く法華経に帰依し、農業研究者・農村指導者として献身。詩「春と修羅」「雨ニモマケズ」、童話「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など。

◇参照:Wikipedia、『広辞苑』。


底本

風の又三郎
底本:岩波文庫『童話集 風の又三郎』
   1951(昭和26)年4月25日 第1刷発行
   1967(昭和42)年7月16日 第24刷改版発行
NDC 分類:K913(日本文学:小説.物語)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndck913.html



2009.9.26:公開
2009.9.30:更新
目くそ鼻くそ/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

名前:
コメント: