MT*2_9-セロ弾きのゴーシュ/なめとこ山の熊 宮沢賢治

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MT*2_9-セロ弾きのゴーシュ/なめとこ山の熊 宮沢賢治

2009.9.19 第二巻 第九号

セロ弾きのゴーシュ
なめとこ山の熊
宮沢賢治

定価:200円(税込)  p.129 / *99 出版
付録:別冊ミルクティー*Wikipedia(7項目)p.52

※ オリジナル版に加えて、ミルクティー*現代表記版を同時収録。
※ JIS X 0213・ttz 形式。Windows & Macintosh ハイブリッド。
※ この作品は青空文庫にて公開中です。翻訳・朗読・転載は自由です。
(c) Copyright is public domain.

 ゴーシュは、町の活動写真館でセロを弾(ひ)く係でした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。上手でないどころではなく、じつは仲間の楽手のなかではいちばん下手(へた)でしたから、いつでも楽長にいじめられるのでした。
 ひるすぎ、みんなは楽屋にまるくならんで、今度の町の音楽会へ出す第六交響曲の練習をしていました。
 トランペットは一生けん命歌っています。
 ヴァイオリンも二いろ風のように鳴っています。
 クラリネットもボーボーとそれに手伝っています。
 ゴーシュも、口をりんと結(むす)んで眼を皿のようにして楽譜を見つめながら、もう一心に弾いています。
 にわかにパタッと楽長が両手をならしました。みんなピタリと曲をやめてしんとしました。楽長がどなりました。
「セロがおくれた。トォテテ テテテイ、ここからやりなおし。はいっ。」

2_9.rm
(朗読:RealMedia 形式 208KB、1'40'')



【週刊ミルクティー*第二巻 第九号】 ※ ダウンロードサイトへジャンプします。
(436KB)

宮沢賢治 みやざわ けんじ
1896-1933(明治29.8.27- 昭和8.9.21)
詩人・童話作家。岩手県花巻生れ。盛岡高農卒。早く法華経に帰依し、農業研究者・農村指導者として献身。詩「春と修羅」「雨ニモマケズ」、童話「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など。

◇参照:Wikipedia、『広辞苑』。


底本

セロ弾きのゴーシュ
底本:「新編 銀河鉄道の夜」新潮文庫、新潮社
   1989(平成元)年6月15日発行
   1994(平成6)年6月5日13刷
底本の親本:「新修 宮沢賢治全集」筑摩書房
NDC 分類:K913(日本文学:小説.物語)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndck913.html

なめとこ山の熊
底本:「風の又三郎」角川文庫、角川書店
   1988(昭和63)年12月10日初版発行
   1990(平成2)年10月20日8版発行
NDC 分類:K913(日本文学:小説.物語)
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndck913.html

疑問点

セロ弾きのゴーシュ
合わないもなあ → 合わないものなあ 【の】か?
あかし → あかり 【り】か?

以上、2件。



2009.9.23:公開
2009.9.24:更新
目くそ鼻くそ/PoorBook G3'99
翻訳・朗読・転載は自由です。
カウンタ: -

  • 「あかし」は「風の又三郎」にもあった。異なる出版でも「あかし」なので、誤入力・誤植の可能性は低い。 -- しだ (2009-09-30 21:09:22)
  • 「合わないもなあ」は、筑摩の全集(底本の親本)でも、書店にあった新潮文庫でも、「合わないもなあ」でした。 -- あすなろ (2009-10-01 08:31:15)
  • あすなろさん、こんにちは。確認どうもありがとうございました。方言だろうかとも考えましたが、ここだけ方言っていうのも不自然ですし……わからないモナー。 -- しだ (2009-10-03 07:13:26)
  • しださん、おはようございます。信山社、教育出版の異本でも、「もなあ」になっていました。講談社の『日本現代文学全集』(1980年)は、「もんなあ」でした。あと、筑摩の『宮沢賢治資料館 原色複製』に、手書き原稿の複製があったのですが、やはりはっきり「もなあ」と記されていました。1,2カ所の確認だと反応してしまうモナー。 -- あすなろ (2009-10-06 08:50:34)
  • あすなろさん、チェックありがとうございもなあ。 -- しだ (2009-10-09 08:08:16)
  • いえいえ。こちらこそだもなあ。 -- あすなろ (2009-10-11 08:07:59)
名前:
コメント: