※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「半角記号の誤入力」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

半角記号の誤入力」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+半角記号の誤入力(と思われる)リスト
+対象:青空文庫 全、作家別テキストファイル
 
+・外字注記をあらたに抽出して、注記辞書を更新。注記辞書が更新できると 0213 や Unicode への変換が可能になる。そのための下準備として、記号類の誤入力を確認する。
+・早めにテキストの確認と修正をおねがいしたいところ。
+・半角記号のチェックを「検閲君」へ組み込むかどうか、要判断なところ。
+
+-----------------------------------
+検索:[(半角ブラケット)
+-----------------------------------
+或る男の恋文書式
+岡本かの子
+[#「え」はくずし字、21-6] 【2か所】
+
+思ひ出 抒情小曲集
+北原白秋
+[#数字は1字下げ、説明は3字下げ] 【1か所】
+
+新らしき文学
+坂口安吾
+それ[#「それ」に傍点] 【1か所】
+
+魔のひととき
+原民喜
+[#「壁がはり」の誤記か?] 【1か所】
+
+文語詩稿 五十篇
+宮沢賢治
+[川しろじろとまじはりて] 【1か所、〔〕の誤用か?】
+
+
+-----------------------------------
+検索:](半角ブラケット閉じ)
+-----------------------------------
+或る男の恋文書式
+岡本かの子
+[#「え」はくずし字、21-6] 【2か所】
+
+新らしき文学
+坂口安吾
+それ[#「それ」に傍点] 【1か所】
+
+魔のひととき
+原民喜
+[#「壁がはり」の誤記か?] 【1か所】
+
+文語詩稿 五十篇
+宮沢賢治
+[川しろじろとまじはりて] 【1か所、〔〕の誤用か】
+
+雨の回想
+若杉鳥子
+[#「※」は「めへん+爭」、第3水準1-88-85、226-11]
+
+
+-----------------------------------
+検索:#(半角シャープ)
+-----------------------------------
+旗本退屈男 第一話
+旗本退屈男
+佐々木味津三
+<A HREF="#gaiji">※——高い山から谷底見れば</A> 【タグ混入か】
+
+
+-----------------------------------
+検索:+(半角プラス)
+-----------------------------------
+鰊漁場
+島木健作
+[#底本は「咤」を「口+它」と誤植] 【1か所】
+
+瀧口入道
+高山樗牛
+※[#「※」は「ひへん+向」、読みは「とき」、第3水準1-85-25、105-8] 【1か所】
+
+不如帰《ほととぎす》 小説
+徳冨蘆花
+「旦那《だんな》様のおとり遊ばしたのには、杪※[※]は「木へん+羅」、第4水準2-15-82、17-18」《へご》がどっさりまじっておりましてございますよ」と、女中が口を出す。 【+(半角プラス)だけでなく、なんか変】
+
+※[#「※」はやまいだれ+差、第4水準2-81-66、80-11]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、82-7]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、103-8]
+※[#「※」は「酉+上に囚、下に皿」、第3水準1-92-88、107-4]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、123-15]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、124-14]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、124-15]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、124-16]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、138-7]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、139-8]
+※[#「※」は「足+厨」、第3水準1-92-39、164-7]
+※[#「※」は「條の左+灸」、第4水準2-1-57、202-6]
+※[#「※」は「りっしんべん+昏」、第4水準2-12-54、212-10]
+※[#「※」は「りっしんべん+昏」、第4水準2-12-54、216-7]
+※[#「※」は「おんなへん+息」、第4水準2-5-70、221-16] 【以上、16件か】
+
+寛永武道鑑
+直木三十五
+——自分につながる縁というだけで、生死の判らぬ旅+出て——。 【誤入力か】
+
+鍵屋の辻
+直木三十五
+※[#「※」は「言+虚」、第4水準2-88-74、51-15] 【1か所】
+
+長塚節歌集 中
+長塚節
+※[#「※」は「王へん+干」、読みは「かん」、260-6] 【1か所】
+
+法窓夜話
+穂積陳重
+※[#「※」は「工偏の横二画を短くしたようなもの+(「しんにょう」+「袁」)」、168-12] 【1か所、「しんにょう」の次のプラス】
+
+雨の回想
+若杉鳥子
+[#「※」は「めへん+爭」、第3水準1-88-85、226-11] 【2か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:「(半角カギカッコ)
+-----------------------------------
+ひかりの素足
+宮沢賢治
+「私を代りに打って下さい。楢夫はなんにも悪いことがないのです。」 【1か所】
+
+文語詩稿 五十篇
+宮沢賢治
+「雉なりき青く流れし。」 【1か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:」(半角カギカッコ閉じ)
+-----------------------------------
+
+金子ふみ子
+「どうしてわしの家はこうも運がわるいだろう。わしにはまだ運が向いて来ないんだね、来年はどうかなってくれればいいが……」 【1か所】
+
+「あひびき」に就て
+蒲原有明
+「浮雲」には心理的描寫が深刻であるといふ評判が立ち 【1か所】
+
+家(下巻)
+島崎藤村
+「実に、自分は馬鹿らしい性質だ」 【1か所】
+
+新釈諸国噺
+太宰治
+「空を飛ぶ必要はないが、」 【1か所】
+
+空家の冒険
+コナン・ドイル
+三上於莵吉訳
+思うままに生涯を捧げることが出来ることになったと云うわけだ」 【1か所】
+
+きのふけふの草花
+南方熊楠
+「日本及日本人」に、山内嵒氏いはく 【1か所】
+
+文語詩稿 五十篇
+宮沢賢治
+「雉なりき青く流れし。」 【1か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:、(半角読点)
+-----------------------------------
+支那人の文弱と保守
+桑原隲蔵
+※[#「てへん+闌」、第4水準2-13-61] 【1か所】
+
+『注文の多い料理店』広告文
+宮沢賢治
+人と森との原始的な交渉で、 【1か所】
+
+『注文の多い料理店』新刊案内
+宮沢賢治
+人と森との原始的《げんしてき》な交渉《こうしょう》で、 【1か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:。(半角句点)
+-----------------------------------
+
+池谷信三郎
+シイカの幻を愛し続けましょう。 【1か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:・(半角ナカグロ)
+-----------------------------------
+塩原多助旅日記
+三遊亭円朝
+どうか宜《よろ》しく・…… 【1か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:{} 問題なし
+-----------------------------------
+
+
+-----------------------------------
+検索:<(半角)
+-----------------------------------
+長塚節歌集 下
+長塚節
+<!R>街《ちまた》
+<!R>日蔭《ひかげ》
+<!R>蔓《かづら》 【以上、3か所】
+
+
+-----------------------------------
+検索:>(半角)
+-----------------------------------
+火の柱
+木下尚江
+> 今日を晴れと着飾り塗り飾りたる長谷川牧師の夫人は、 【1か所、誤入力か】
+
+旗本退屈男 第一話
+旗本退屈男
+佐々木味津三
+<A HREF="#gaiji">※——高い山から谷底見れば</A> 【タグ混入か】
+
+長塚節歌集 下
+長塚節
+<!R>街《ちまた》
+<!R>日蔭《ひかげ》
+<!R>蔓《かづら》 【以上、3か所】
+
+
+
+2008.3.19
+しだひろし/PoorBook G3'99