※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アニメマインドの誕生

1984年、当時OBS大分放送にて放送されていた「ルンルン8時だ 歌謡大作戦(通称:ルンパチ)」番組内の1コーナーとして存在したアニメ情報コーナーの中にて、「バイファム打ち切り特集」を放送したところ、リスナーの反響が大きく、これを機にひとつのアニメ情報番組として独立したのが「アニメマインド」の誕生とされる。


アニメマインドの変遷

  • 1984年4月15日
リズムレコード提供「アニメマインド・アニパック10」の番組名で放送スタート。初代パーソナリティはOBS松井督治アナウンサー(現・OBSアナウンス部長)。放送時間は日曜22:00~22:30だった。

  • 1986年3月9日
放送第100回。

  • 198X年
リズムレコードが番組スポンサーから撤退。それを機に「番組打ち切りか否か」の瀬戸際に立たされる事となったが、当時OBSアナウンス局長であった千綾奉文氏の「活気ある若者向け情報番組を失くしてはならない」との警鐘により、アニメマインドは「タイトルスポンサー無し」という特異な状況で番組続投する事となったと言われている。
番組スポンサーが無いという事態にもかかわらず、この頃の番組の人気は異常なほどの上昇傾向にあった。当時の番組イベントでは山本正之氏、水木一郎氏など大物ゲストを招待しての野外ライブを開催する事も多く、如何にOBS大分放送がこの番組に力を注いでいたかを伺わせる一面とも言える。(逆に、スポンサーが無いからこそ、スポンサーへの配慮などといった“大人の事情”に捉われる必要が無く、自由奔放な番組制作が可能であったため、これらが相乗効果的に番組の人気上昇に繋がった時代であったとも推測できる)

  • 198X年
番組名が「僕たちアニメマインド・アニパック10」となる。

  • 1988年11月27日
番組初の公開生放送。笠原弘子をゲストに迎え、午後2時から1時間の生放送。

  • 1989年10月1日
「僕たちアニメマインド・アニパック10」最後の放送。翌日より月~金曜の帯番組となる。

  • 1989年10月2日
放送時間が月~金曜22:35~22:50に変更。
放送時間の変更に伴い番組名も「アニメマインド・アニパックX曜日」に変更となる。(Xには曜日毎に月~金の文字が入る)
また、ヤノメガネがタイトルスポンサーとなる。

  • 1991年10月7日
放送時間が月~金曜22:45~23:00に変更。

  • 1992年4月6日
2代目パーソナリティ、元OBSアナウンサー平野賢氏(現・OBSラジオ編成制作部)初登場。

  • 1992年9月8日
放送1000回突破…と思われたが、スタッフ一同、1000回目と信じて疑わなかった9月8日当日になって、実は50回数え間違えていた事が発覚(本当の放送1000回目は1992年6月30日だった)。しかし3週間にわたって特別企画のスケジュールを組んでしまっていたため、もう後には引けないと「アニマイ放送1000回突破だと思ってたら実は1050回でごめんなさい記念」と企画名を変更して特番を強行する。

  • 1993年2月22日
放送時間が1分早まり、月~金曜22:44~23:00に変更。

  • 199X年
月~金曜の放送枠に加え、土曜22:50~23:00の放送も開始。

  • 199X年
ヤノメガネがスポンサー降板。代わってミュージックETOがタイトルスポンサーとなる。

  • 1998年4月
放送時間が日曜24:00~25:30に変更。これに伴い番組名も「アニメマインド」に変更となる。
また、番組内で「國府田マリ子のGM」を放送する。

  • 1998年10月
放送時間が土曜20:00~22:00に変更。番組内で「國府田マリ子のGM」「宮村優子の直球で行こう!極」を放送する。

  • 1999年4月
放送時間が日曜23:00~23:30に変更。(「國府田マリ子のGM」は日曜深夜に放送)

  • 1999年10月
放送時間が日曜20:00~21:55に変更。番組内で「瞳と光央の爆発ラジオ」「CLUB db」「國府田マリ子のGM」を放送する。

  • 2000年4月
放送時間が日曜23:00~23:30に変更。

  • 2000年10月
放送時間が日曜21:00~21:55に変更。番組内で「ノン子とのび太のアニメスクランブル」を放送する。

  • 2001年3月31日
最終回放送、17年間の歴史に幕を閉じる。