※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卒論テーマ:笑いとユーモア

5月25日

今日は、用事で席を外していて失礼しました。笑いとユーモア関係の情報は、「笑いとユーモア」のページに書きました。下は、筋電実験についての情報です。

 

6月:笑い反応を反応筋電計で測定。

被験者は20名程度(Telic/Paratelic)

筋電測定部位:大頬骨筋、眼輪筋、横隔膜

デジタルビデオ:笑い声の録音、笑い顔の映像、

刺激・状況:作り笑い、くすぐり、爆笑コント、微笑、冷笑、含み笑い、、

キャンベル・柏岡(2004)による笑い声の分類:

快の笑い:

不快の笑い:

社交的な笑い:

6月1日

笑いの感染 Provineの論文

 6月8日

Provine 1992

Contagious laughter: Laughter is a sufficient stimulus for laughs and smiles. R. R. Provine.Bulletin of the Psychonomic Society, 1992、30, 1-4.

教室(6クラス)で笑い箱を提示 生徒が自己申告で笑ったか報告(声を出して笑ったか、笑い顔になったか)、10回繰り返す

雨宮2007年5月の実験(分析中)

教室(200名程度) くすぐりエルモを提示  生徒が自己申告で笑ったか報告(声を出して笑ったか、笑い顔になったか)、おかしさの気分評定8段階、6回繰り返す  Telic-Paratelic尺度/笑い行動尺度

新納 実験計画:

笑いの感染のしくみ:

笑い顔と笑い声の感染の比較、複数の笑い顔と笑い声の比較、集団効果、

個人差:Telic-Paratelic

6月12日(火)18時 心理学実験室で筋電の説明

 

6月19日

 笑いEMG実験連絡用掲示板です。

http://9119.teacup.com/emg/bbs