※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卒論テーマ:怒りについて

5月25日

怒りやすい人とは

(1)攻撃的パーソナリティー障害(ディスカバリー ビデオ 感情の科学)

脳:セロトニンレベルが低い、酵素MAOが低活性<---遺伝子タイプ 短いタイプ

ニュージーランドの研究:暴力的な子供<--MAO遺伝子短い and  幼児期の虐待

(2)怒りやすさの個人差

尺度? 調べる

タイプ:サディスト、いらち、瞬間湯沸かし器、憎しみ、、

(3)なぜ人によって違うのか

気質・認知スタイル・経験・・

 

5月31日

攻撃性に関する尺度

「攻撃性の行動科学」健康編 第3章<攻撃性概念と測定方法> ナカニシヤ (2002)

K*141.6*コ /N8*141.6*5676*1 

 

論文

  • 「日本版 Mueller Anger Coping Questionnaire (MAQ) の作成と妥当性・信頼性の検討」, 感情心理学研究, 7・1, 13-24, 共著 (2000).
  • 「日本版 Buss-Perry 攻撃性質問紙 (BAQ) の作成と妥当性,信頼性の検討」, 心理学研究, 70・5, 384-392, 共著 (1999).
  • 「 怒り行動尺度日本語版の標準化への試み」,  感情心理学研究, 4・1, 14-21, 共著 (1997).
  • 「攻撃性自己評定式票(SRAS)の因子分析」厚生省精神・神経疾患研究委託費 治療抵抗性精神障害の成因、病態に関する研究(平成6年度研究報告書),27-32. (1995)
  • 「攻撃性の自己評定法-文献展望-」季刊精神科診断学,5,443-455. (1994)
  • 「The Multidimensional Anger Inventoryの検討」 同志社心理、38,1-10. (1991)

感情心理学研究(1997、2000) 季刊精神科診断学(1994)    相互利用で取り寄せ中

心理学研究(1999)  社会学部資料室  DSM*140*S2

同志社心理(1991)  社会学部資料室  DSM*140*D1

 

 7月13日

苛立ちを感じやすい人とそうでない人との認知的評価の差

怒りの認知的評価

(1)自分のゴール

(2)不当に妨害された

(3)妨害は自分の力で制御可能

怒りのコントロールの認知(行動)療法

19日 木 14時頃 相談