※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 嵩城(たかぎ)

天宅幸衡の所領。蒼城の真南にある。

  • 地祇(ちぎ)
  • 地盟(ちめい)
  • 司(つかさ)

本名・天宅 荘太 司(あまずみ そうた つかさ)。克己の長男で天宅家の第109代当主。精神を病み、当主を続けることが難しくなった父に代わり、元服と同時に当主の座に着いた。母は克己の正妻・榊御前。正妻は榊田の娘・蛍御前、第二妻に海部の娘・瑠璃前がいる。蛍御前との間に二男二女、瑠璃前との間に三男二女をもうける。また、側近として海部一族の息子・海藍を抱えている。  ■子供は長男統(榊)、次男雪(瑠)、長女千里(瑠)、次女柳葉(榊)、三女花月(榊)、三男燎(瑠)、四男叶(榊)、五男響(瑠)、四女歴(榊)。  ■槍術に長け、比翼槍<都嵐>を愛用する。術式武道の適性も高いが、当主として天神の篤い加護を受けるため、いくつもの手順を踏む複雑で大掛かりな術式を使うことが多い。

  • 月宮(つくみや)

天宅の傍系、月宮天宅の所領。月宮天宅の当主であった克己の弟、流麗と息子達が三将会戦で討ち死にし家が途絶えたため、所領は現在の野城・柚城・龍宮の一部にそれぞれ併合されている。

  • つゆり(-)

本名・天宅 八士 つゆり(あまずみ ようじ つゆり)。克己の八男にして天宅宗家の末弟。

  • 天神(てんじん)
  • 天神正統流(てんじんしょうとうりゅう)
  • 天人(てんにん)
  • 天盟(てんめい)
  • 天暦(てんれき)
  • 東国(とうごく)
  • 豊晴(とよはる)

本名・上河内 豊晴(かみこうち とよはる)。

  • 鳥上城(とりがみじょう)