天夜奇想譚 学園都市:邪馬


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コミュニティ名:学園都市:邪馬

コミュニティの作者:精鋭の方々

出展作品:



1 コミュニティの名称
  • 退魔士育成学園都市、“邪馬”。

2 施設の概要(喫茶店、蕎麦屋、等)
  • 学園都市

3 国籍 住所
  • 北九州地方

4 コミュニティの店主、店員他。
  • 森羅 壱与 (シンラ イヨ) ――校長、女性

5 コミュニティの売り。
  • 退魔士団体の息の掛かった商店が並び、何があっても無かったことに。
  • 月明学園にあるような最新機材は全て揃う。
  • 生徒会役員になるためは高い成績を残していなければならない。生徒会の権力は高い。
  • 教員の殆どは正式な退魔士。ただし退魔士でない教師もその異形などの存在については知っている。
  • 人に思いを寄せる異形も受け容れている。
  • “神学”、正しき神の偶像≪アバター≫を作り出す独自の技術を持つ。
  • 天夜市と月に一回全ての学科は交流している。ただし神学は例外として年に一回。技術の秘匿のため。

6 詳しい説明
  • 原初は西暦240年かららしいが、詳しくは不明。正確に学園都市となったのは100年ほど前から。
  • 教会・統括、他にも大規模な組織から支援を受けている、中立組織。
  • 高等部の学科は全部で三つ、“神学科”、“術式学科”、“技術学科”。神学は最近人気は無くなりつつあり、後者二つは栄えている。小等部から中等部は退魔士の技術も含む共通授業。しかし一般社会、倫理学などの授業は行われず、生徒全体に選民思想が強い。
  • 大体はエスカレーター式だが、小等部、中等部、高等部ごとに外部から少数の受験生を迎えている。噂では昔から邪馬と関係の深い退魔士の家系は優遇されているとか。
  • 学内には“狗奴派”と呼ばれる派閥が存在されると信じられている。全体的に仲間グループ以外と交流する機会が少なく、学科、また学外との交流関係には様々な亀裂が走っていると考えていい。

〇アバターについて〇
  • 神のアバターを作り出し、それに信仰の力を加えることで神に近づけ、その繋がりにて神より力を借り受ける形で行使する

  • コストや力は神ごとに差異が生まれる。また、アバターとして呼び出す神は指定することとなる。
 この指定により、邪馬・神学科では同じ、または近しい神を選んだもの同志の部や同好会が存在する

  • 力の行使には日々積み立てておいた信仰の力(主には奉納金だが、他のパターンも存在)、もしくは術者の魔力をエネルギーとして使用。
 つまり式における魔力を信仰に、式の役割をアバターが担うこととなる

  • また維持コストが存在し、これは積み立てていた信仰から切り崩して支払われ続ける。これが空の場合力を使役することが出来ず、
 その状態が続けばアバターそのものの存在を保てなくなり消滅。連帯の代価としてアバター使用者の身体や生命に危機が訪れる

  • アバターそのものにも人格が存在し、実体としての姿もさまざま。定義が少ないものは術者のイメージにその殆どが委ねられるものも多く、
 逆にそれらの定義のはっきりとしているものには術者のイメージなどは殆ど入らない。多人数が同じ神をアバターとして使用する場合もこれと等しい

  • アバターとする神がメジャーなモノの場合、維持コストは安くなるが行使できる力のコストは上がり、一部行動が制限される。
 マイナーな場合、維持コストは高くなるが力の行使に対するコストは下がり、行動に対する制限も殆ど無い

  • アバターのサイズは神によりさまざまだが、人間大~手乗り程度が一般的である。
 またアバター自体への魔術による攻撃・干渉が可能な場合もありこの場合、影響が術者に及ぶのが一般的である

  • アバター自身の意思による行動、もしくは術者と離れての自立行動も可能な場合がある。ただし距離によっては維持コストの増加に繋がることとなる

  • アバターが消滅した場合、神罰・代価として術者の生命が失われる 

  • 術者が死亡した場合、積み立てられた信仰を維持に使い果たした時、アバターは消滅する

以上が定義として存在する。維持コストの存%

7 その店で得られる情報他
  • 学園の歴史(もちろん生徒が得る情報は僅か)
  • 異形知識(統括組織よりは少ない)
  • 世界での退魔士の歴史(教会よりも少ないが広い)
  • 神学(この邪馬でしか扱われない技術。式を必要とせず、正しき神の偶像(アバター)との契約によって成り立つ)
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|