天夜奇想譚 黒い兎の神父さん

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒い兎の神父さん


 ときに。ふと私は思うことがある。
 こう、運命ってのはなんでいいのと悪いのを纏めて運んでくるのか、と。
 それが私と、光使いの少年神父との出会いだった。


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|