天夜奇想譚 《学園迷走》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

contents

学園迷走 第零話 カクテルドレスは夜空を駆けて

「私達、メリーさん。今ゴミの山にいるの」
「……はい?」
電話は、すぐに切れてしまった。
午前三時。机に向い蛍光灯の僅かな灯りに照らされながら、私はしばらく呆けて、携帯電話を耳に付けたまま固まった。





[[]]






















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|