※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

448 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:11:54 O ID: Be:
唐突に豚ギリスマソ


>>308さんのSSを読んで、後日ティエリアに謝罪しに行くものの、
急な雨に降られてずぶ濡れになるヌレルヤを受信した。
ティエリアは、そんな状況でも謝りに来てくれたことに
キュン(´Д`*)としてしまい、バスタオルでアレルヤの頭をガシガシ拭いてやるが、
チラリ、と私服の襟からブラ(もしくは生乳)が見えてしまい
アレルヤの 超 兵 出 陣 !!

慌てて帰ろうとするアレルヤを、
「お前が風邪を引いて移されたら困る」と引き止め、
シャワーを浴びさせるティエリア。

制服を乾かそうとアイロンの説明書と奮闘している最中に、
着替えを用意するのを忘れていたことに気づき、
ロックオンの服を見繕って脱衣所に届けに行く。
"もう風呂に入ってるだろう"と思いドアを開けると、
(トイレで超兵に和平交渉するか、風呂場でするか、
いやでも人様のお風呂場でなんて失礼だし、中学生相手に…)と
悶々としていたアレルヤ の 超 兵 に遭遇。

「…万死」
されればいいよww

読みづらさMAXのテラ長文スマソ
スケパンのティエリアに万死されてくるわ\(^O^)/




449 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:15:12 0 ID: Be:
ワロタ
初めてみたのなら万死どころじゃないだろうなw
思春期二人は大変だ

452 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:20:11 0 ID: Be:
>>448
なんという超兵との遭遇w
ダメだもう、ティエリアは過呼吸でも起こして
ぶっ倒れそうな気がしてならないwww

455 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:24:53 0 ID: Be:
>>448
アレルヤをお万死したその夜
愛PCヴェーダでネット・サーフィン
世の人間の男の下半身についてググりまくるティエリア




457 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:27:31 0 ID: Be:
>>448
それ、そろそろお兄さんが帰って来てとんだ家庭争議になりかねん展開だなwwww

461 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:54:44 O ID: Be:
>>457
ww
兄弟揃って万死されちゃうアレルヤですね、わかります




ロックオン「アレルヤ…お前!ティエリアはまだ中学生なんだぞ!
ティエリアも!お前にはまだアレルヤは早い!」
ティエリア「待、待ってくれ!それは誤解だ!」
アレルヤ 「(腰にタオルを巻きつつ)…そうだよ!僕は何もやましいことは…」
ティエリア「……!!お前は黙っていろ!
武力介入する気満々じゃないか!」
ロックオン「…目標(アレルヤの超兵)を撃ち落とす!」





462 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/03(木) 23:57:13 0 ID: Be:
ロックオン兄貴はアレルヤのラッキースケベを知っているんだとしたら
警戒心だしまくりだろうな。
「あいつにはそのつもりがなくても、幸運の神に愛された男なんだぞ!」
「ロックオン、何を言ってるのか分からない」


463 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:06:54 0 ID: Be:
>>462
羨ましいのか、ロックオンww
ティエリア、
実はロックオンのを見たことがあると妄想

ティエ「おかしい…!昔見たロックオンのはあんなに大きくなかった!」
ロック「えぇ?俺も昔とは違うよ(ピラッとご開帳)」
ティエ「!!!!!!!万死!」



465 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:09:36 0 ID: Be:
>462を読んでラッキースケベはアレルヤに微笑むけれど
その貧乏くじ分はロックオンが引いてるような気がした
ホラ、ハロも言ってるしなwwww
ビンボークジ、ビンボークジ


467 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:17:37 0 ID: Be:
ラッキースケベを取り巻くハートフルえっちコメディかw
しかし次から超兵を見せられた・見せてしまった間柄で警戒されちゃうよな…アレルヤ頑張らねば





468 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:28:05 O ID: Be:
お互いすごく気になり始めるも、
暫くは敢えて顔を合わせないように距離を置く二人


たまたま期末前で勉強しにロックオンの家に来たアレルヤ
友達にドタキャンされて家に帰っていたティエリア
アレルヤの顔を見た瞬間、自分の部屋に籠るティエリア

「(ティエリアGJ!!これならラッキースケベは出来ないな…)」
と安心するロックオン

ロックオンが席を外した隙に、アレルヤはティエリアの部屋の前へ行き、ドア越しに
「ティエリア…この間は…いや、その前も……ごめん」と謝る。

アレルヤが気になって仕方ないティエリアは、
何故かドキドキしている自分を自覚しながら、ドアにそっと耳を押しあて……








アレルヤ「僕のを見て……その、どう思う?」
ティエリア「すごく……キュリオスです…」


という所まで受信した





469 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:54:25 O ID: Be:

アレルヤの謝罪を、扉の向こう側でティエリアが聞いている気配はするものの、返事は、ない。
(こうなることがわかっていたから…ずっと、避けていたのに…)

項垂れるように扉に額を擦り付けるアレルヤ。
ティエリアは息を殺して、
アレルヤの吐息さえも聞き取れるように、木製のドアに耳を押し当てる。

(前と、同じ……)
あの、雨の日と同じ感情に支配される。
ギュッと胸を締め付けられるのに、どうしてか、少し嬉しいような…。
ティエリア、偶然にも前回アレルヤが来た時と同じ白いティシャツの
胸のあたりをギュッと握り締める。頬が熱い。

「嫌われても…しょうがないよね
もう、ここには来ないことにするよ、ごめん…」
スッとアレルヤが扉から離れる気配がして、ティエリアは慌ててドアを開く。

「待ってくれ!僕は、私は、…そんなこと…!」

勢いよく開いた所為で、バンッとアレルヤにドアが直撃した音が響いた。
少し青ざめた表情で、慌てて開いたドアから顔を出すティエリア。

「ご、ごめん!お前がもう来ないなんて言…」








「…何でお前は股間を押さえてるんだー!」




471 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 00:59:47 O ID: Be:
ドア「股間に直撃コース!」
アレ「耐えてみせれませんでした」
ティ「万死!!!!」



472 名無しさん@ビンキー [sage] Date:2008/07/04(金) 01:06:25 0 ID: Be:
最後がきまらないラッキースケベだww
大事な超兵がw