AKBマンションスレッドとは~その歴史と魅力を語る~

麻「うむぅ…今更ながら、主役のワシがこのスレの魅力を語ると言ってものぅ…」
ま「何を言うですぅ!このスレはまゆが主役のスレですぅ!老害は去るですぅ!!」
麻「何を言うか!このスレはワシのスレぢゃ!!ワシの名前が先に来ておるではないか!!このこのっ!!(ぐりぐりぐりっ!!)」
ま「痛いですぅ!暴力反対ですぅ!!」
ムッ「ですぅ!篠田、貧乳ですぅ!!」

わーわーわー……

め「まったく、この二人はねぇ…仲がいいんだか、悪いんだか…っていう事で、自称・スレ主のアタシ、めーたんが 【AKBマンションとは?】 って感じで紹介していくわねん♪」
野「アタシもちょいちょい解説していくよ」

め「まず、はじめての人向けに、このスレの歴史から話さなきゃね…。で、なくてはならない二人と進めさせてもらうね」
花「という事で、古参組の戸島花も解説していくよ」
な「(もぐもぐ)何気にアタシもこのスレでは始めっから出ているからねぇ…」

花「このスレのルーツとも言えるのが、この二つのスレなんだなぁ…」

  • AKB1じ59ふんのまゆゆってCGなの? 過去ログ
  • 【まゆゆに貢ぐ】AKB48篠田麻里子【ピルクル3本目】 過去ログ

め「アタシはこの頃は参加してないから、よくわからないんだけどねぇ…」
な「(もぐもぐ)まゆゆのスレ見てもらうとわかるんだけど、最初は雑談から始まっているんだよね」
花「それが住人さん達が段々とキャラになり切って会話していったことから、話がつながっていくんだなこれが…」
野「なんというか、一服の清涼剤みたいなスレッド、ほのぼのとした中におバカが入っていて、たまに感動ありみたいな、マンガみたいなスレになったって感じかな」
め「確かに単発ネタも多かったんだけど、ある意味スレの住人が増えてくるとストーリーが作られていく…不思議なもんだねぇ…という事で…」

1)初めての人も、とにかく書き込んでみよう!


め「ちょっと敷居が高いって感じもするけど、単発ネタでも勿論OK!」
花「難しいと思うけど、あなたの書いた書き込みに、このスレのベテラン?住人さん達がうまくリードしてくれるんで心配無用だからね」
野「ストーリーの流れが掴めたら、それに乗っかって小ネタを書いてみるのもいいんじゃないかな」
な「(もぐもぐ)あんまり書き込みが少ないと、スレ維持が結構大変なんだなぁ…なので、参加者お待ちしてます」
石「もっとも、俺が突っ込むこともあるけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

はるきゃんにゆっくりとのしかかるなっちゃん!
め「まぁ、はるきゃんったら…あとでゆっくりと可愛がってあげないとね♪という事で…」

2)お気に入りのキャラを使ってみよう!


花「このスレは時折、不幸にして荒れたり、突飛な展開になっちゃったりすることもあるんだなぁ…」
な「(むしゃむしゃ…)まぁ、ID制になってからそれほど酷くなくなったけどね…IDが無かった頃は大変だったなぁ」
花「そういったことを防ぐ意味で、どんな雑談でもキャラになりきって話すことをお勧めする訳なんだ」
め「自分のお気に入りキャラを使って話せば、ソフトな感じになるからね…あ、ちなみにリターンズ以前のスレはよく【ともちん】を使わせてもらったのねん」
板「昔はスレの番人だったのに、最近は河西に付きまとわれてばっかりだぜ…」
野「キライじゃないくせに」
板「馬鹿野郎!俺は河西なんか…」
野「顔が赤くなってるわよ」
板「うっせえ!」
野「ちなみに、感想を書く時は、めーたん=スレ主、野呂=このサイトの管理人、が半コテになっているので、それ以外のメンを使ってもらうと有難いかな。ネタ書く時はもちろん囚われなくて大丈夫」

3)キャラに何か特徴を持たせてみよう!


花「このスレ独自の設定もいろいろあるんだよな」
な「(もぐもぐ…)特にアタシはそうだね…実際にぽっちゃり目って事で、大食いキャラができた訳だし…」
花「アタシも競馬好きになってる…現実で一回のレースに50万もぶち込まないって…」
野「そうなんだけど、そういうところはこのスレ独自の設定、ってことで」
め「既存のキャラでも新キャラ、その特徴が面白い(あるいは合っている)と思えば住人たちも色々と脚色してくれるから…もちろん、受け入れられるには時間がかかるかもしれないけどね」
な「(ごくごく…)実際のキャラとかけ離れている!って指摘もあるけど、そこはネタスレだから、目くじら立てないで笑って流してね」
野「スレの設定に関して言えば、【面白い・マンションスレの世界観に合っている】ものは受け入れられ、【つまらない・世界観に合っていない】ものは消えちゃうかな」
花「そこは難しいよな…」
野「かくいう私も、復活スレの前には、玲奈が花を呼ぶとき、【花さん】って呼ばせるようにしたけど、結局すぐ元通りに戻ったりしたっけ…」


4)自分の趣味を持ち込んでもOK!


め「このスレはもちろんネタスレだから、実際の出来事がベースだけど、ありえない日常も時々出てくるね」
花「公演サボって、旅行に行っちゃうのも恒例だよな」
め「まぁ、これは書き込みが少なくてスレ落ちを回避する意味もあるんだけどねぇ」
な「(もぐもぐ)もちろん、過去には野球大会とかおバカな抗争とかアニメの事とかいろいろあったんだけどね…」
野「昔は麻雀もけっこうやってたよね。アタシは麻雀わからないから見てただけだけど…」
花「と、いう様にこのスレの話に、自分の趣味を持ち込むのもOKだからね」
め「住人さんが付いていけない時も多いけどwwそこは、なんとか修正してもらえるからね」

花「まぁ、とりあえず思いついた事を書いてみたんだけどな」
め「そうね…まず、とにかく【お気軽に書き込んでみる】事から始めてみるのね…実際にアタシは『麻里子様とまゆゆ達のAKBマンション★4』から参加してるのよん…実際に熱海旅行書いていたのはほとんどアタシだったんだけどw」
な「(もぐもぐ…)あ、もちろん、書き込む前には『おやくそく』は最低限読んでほしいな…以前のスレが不幸にして何度か荒れて、最終的に分裂騒動まで発展しちゃったから、ある意味、それを防ぐためにね」


め「という事で、皆さん、このスレを末永く続けていくためにご協力お願いしますね♪さてと…はるきゃん、ちょっといらっしゃい♪」
石「ちょwwwwwwやめんか、ババくさいwwwwわーわーわー!wwwww(ズルズルッ…)」

シーン……
な「哀れだねぇ…(むしゃむしゃ…)」