アビリティセット


アビリティ

アビリティ

セッション中、L2/R2(LT/RT)を押すことで任意に使用出来る。
使用後には一定時間のクールダウンが必要で、連続使用は出来ない。

煙幕

ボタンを押すと、煙幕をその場に落としたり、狙いを定めて投げたりできる。爆発までには少し時間がかかる。
クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 3.0 3.4 3.8
アンロック 有効範囲 3.2 3.4 3.6
改良 46 クールダウン 100.0 90.0 80.0
  • ボタン長押しで投擲可能。
任意の場所で爆発させることが出来、体感として爆発が若干早い。
アクロバット中の相手に当てれば、投げナイフと同様に下に落とすことが出来る。
  • 話題の強アビリティ。だが弱点も多いため過信はし過ぎないこと。
  • 当たり前だがエアアサシンには無力。対抗手段も、飛び道具やワイプ、アニムスシールドに毒など数多い。
    見分けられればいいが、結局は任意発動なため変装で近づいてくる相手にも厳しいものがある。



変装

ボタンを押すと、短時間だけ別のキャラクターに変身する。
クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 15.0 17.5 20.0
アンロック 露出時間 ☆☆ ☆☆☆
改良 32 クールダウン 60.0 55.0 50.0
  • クールダウンの時間が短く、持続時間と相まって、クールダウンを改良すればかなりの時間変装していられる。
  • 走れば変装していようとターゲットや追手に見つかる。
  • 早歩きや、人ごみの少ないところに誘い込まれてしまわないように注意すること。
  • 改良項目の露出時間は、変装完了までの時間と変装終了間際の明滅状態の時間に影響する。
    逆説的に言えば☆が少ないほど実質的な変装時間は持続時間より短いと言える。
    ちなみに☆3つだと着替える時はほぼ明滅なしで着替えることが出来る。
  • 例え変装中でも倒したり、気絶させると変装は解除される。



モーフィング

ボタンを押すと、近くにいる一般人が自分そっくりになる。
長押しすることで、離れた場所にいるあらかじめロックしたキャラクターに対しても使用できる。
クールダウンは効果発動後に始まる。
500 パラメータ
45 コピー数 3.0 4.0 5.0
アンロック 12 有効範囲 3.5 4.5 5.5
改良 36 クールダウン 70.0 65.0 55.0
  • ダミーとなるNPCは目立たざるものや、同じく他プレイヤーのモーフィングで上書きされてしまう。
  • ロックして発動が可能なので、原理を利用して追手にばれることもあるので過信しすぎるのも禁物。



デコイ

ボタンを押すと、自分のコピーを作り、ロックオンしている敵に向けて走らせ惑わすことができる。
クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 5.0 10.0 15.0
アンロック 挙動 ☆☆ ☆☆☆
改良 28 クールダウン 60.0 55.0 50.0
  • デコイの行動時はPCが走った時と同じように追手やターゲットにマーカーを表示させる。
  • ボディガードと同様、近くにモーフィング中のキャラがいるならそのキャラがデコイとなる。
    逆にモーフィング中のキャラがいない状態で使うと、近くのキャラがモーフィングしてから走り出す(☆3以外)ためバレやすい。
    出来る限りモーフィング系のアビリティや特技と組み合わせるようにしよう。
  • ロックオンして使えばそのキャラに向かって走り出すような動作が出来る。
  • 改良なしの☆1の状態だといきなり走る不自然な挙動を行う。だが改良すれば少し見分けづらい挙動になる。
    ☆2なら歩きと走りを組み合わせた挙動、☆3なら変装と組み合わせた挙動になる。
  • 追手やターゲットが作り出したコピーを攻撃すれば、おびき出しのボーナスが得られる。



ワイプ

ボタンを押すと、アビリティの効果範囲内にいる全プレイヤーがあきらかになると同時に、敵プレイヤーはアビリティを使えなくなる。
ささやき声や心臓の鼓動も聞こえなくなる。クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 .5.0 7.5 10.0
アンロック 有効範囲 8.0 10.0 12.0
改良34 クールダウン 70.0 65.0 55.0
  • 投擲可能。
    だが、バグのため何の効果もない。
  • もっぱら煙幕封じに使われることが多いだろう。
  • 変装したプレイヤーも見破ることが出来る。



爆竹

ボタンを押すと、爆竹を足元に落としたり、狙いを定めて投げることができる。
クールダウンは効果終了後に始まる
550 パラメータ
45 持続時間 4.0 4.5 5.0
アンロック 16 有効時間 5.0 5.5 6.0
改良 38 クールダウン 80.0 70.0 60.0
  • 爆竹を投げつけ、目くらましをする
  • ワイプのように標的を判別可能。一般人だけがうずくまる
  • 効果範囲にいる相手の視界が白く染まる。当然、チームプレイの味方には影響は無い
  • 完全に見えなくなるわけではなく、ぼんやりと周囲が見えることに注意



ボタンを押すと、近くにいるターゲットを毒で攻撃する。
クールダウンはターゲットが死んだ直後に始まる
800 パラメータ
110 発症時間 6.5 5.0 3.5
アンロック 24 スコアボーナス 200.0 250.0 300.0
改良 48 クールダウン 100.0 90.0 80.0
  • 毒矢と同じく対象を毒殺する
  • 毒殺はスコアボーナスがつくが、毒死するまでに気絶を入れられないように注意
  • 一般人には発症モーションはなく即時に死亡する



ボディガード

ボタンを押すと自分のコピーが生み出され、ロックオンしている追手に向かっていき、気絶させてくれる。
クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 5.0 7.5 10.0
アンロック 有効範囲 5.0 7.5 10.0
改良 36 クールダウン 70.0 65.0 60.0
  • 特性上当たり前だが、追手がいない状態では使用することが出来ない。
  • 近くにモーフィング状態のNPCがいるならそのキャラがボディガードとなる。
    そのため、モーフィングを行う特技やキルストリークと相性がいい。
  • 対象をロックオンした状態で使用するとその対象に向かっていき、その対象を攻撃する。
  • 追手以外のPCにロックオンして使おうとしてもメッセージが表示され、アビリティを使うことが出来ない。
  • 生み出されたコピーは壁に登らない。前作と違って軽く走ってくれるが、あくまでもジョギング程度。
  • 見分け方として、作ったコピーは隠れている間は棒立ちになっていることが挙げられる。
  • コピーが気絶させた場合、相手のコントラクトは解除されるがボーナスは入らない。
  • 相手がコピーを倒した場合、おびきだしボーナスが成立する。



ブロック

ボタンを押すと、自分の周囲のチェイスブレーカーが発動する。
数秒が経過するか、自分が接近すると再び開く。
クールダウンは効果終了時に始まる。
650 パラメータ
45 持続時間 5.0 6.0 7.0
アンロック 18 有効範囲 20.0 25.0 30.0
改良 42 クールダウン 60.0 55.0 50.0



テレポート

ボタンを押すと、自分の自分の視界内のはるか前方にテレポートする。
発動までに数秒かかる。
クールダウンは効果発動直後に始まる
800 パラメータ
110 発動時間 3.5 3.0 2.5
アンロック 22 有効範囲 35.0 40.0 45.0
改良 44 クールダウン 100.0 90.0 80.0



仕掛け爆弾

ボタンを押すと、仕掛け爆弾を自分の足元に投げたり、狙いを定めて投げたりできる。
仕掛け爆弾は起爆するのに数秒かかる。クールダウンは爆弾セット後に始まる。
パラメータ
発動時間 5.0 4.0 3.0
アンロック 有効範囲 1.8 2.1 2.4
改良 28 クールダウン 80.0 70.0 60.0
  • 仕掛けた爆弾は小さいが良く見ると視認出来る。ゆっくりと歩いて近づば効果範囲外で爆発させられる。
  • やはりエアアサシンには無力。



アニムスシールド

一種のバリヤーが身を守ってくれる。
チャージ数はアビリティ改良で増やせる。
クールダウンは効果終了後に始まる。
750 パラメータ
45 持続時間 4.5 6.0 7.5
アンロック 20 チャージ 1.0 2.0 3.0
改良 44 クールダウン 100.0 90.0 80.0
  • 誘っている煙幕持ちを強引に殺害できる
  • デスマッチの開始時にセットしておくと、煙幕の抑制にもなる
  • 改良項目のチャージ数は、持続時間中に何回アビリティを防げるかというもの。



グリマー

ほとんど目に見えなくなるので、他のプレイヤーから隠れたり不意を打ったりし易くなる。
ゆっくり動けばそれだけ隠密性も増す。
クールダウンは効果終了後に始まる
650 パラメータ
45 持続時間 8.0 10.0 12.0
アンロック 18 露出時間 ☆☆ ☆☆☆
改良 42 クールダウン 80.0 70.0 60.0
  • 姿は消えるが靄がかかったような状態になるため、相手にも認識が可能。
  • 変装と同じく、対象を気絶、殺害すると効果が終了する。



黄金爆弾

ボタンを押すとその場に黄金爆弾を落としたり、狙いを定めて投げることができる。
この爆弾のまわりには一般人が群がってくるので、敵を見つけたり、その移動を妨げたりするのに使える。
クールダウンは効果終了後にはじまる。
400 パラメータ
15 引き寄せる人数 6.0 8.0 10.0
アンロック 8 効果範囲 5.0 7.5 10.0
改良 32 クールダウン 70.0 65.0 55.0
  • プレイヤーを見分けることが出来るのは当然だが、追手の足止めにも一応使える。
  • 見分けるために使用する場合、距離や向きに気をつけること。発動時に気絶させられては意味がない。



飛び道具

飛び道具

ロックオンした相手に向かって△()で行う。
障害物があったり、射程距離以上の間合いにターゲットがいる場合は射線が赤く表示される。

ディスラプション

狙ったプレイヤーの視界を乱す。
クールダウンは効果終了後に始まる。
550 パラメータ
45 照準時間 1.0 0.6 0.2
アンロック 16 持続時間 5.0 7.5 10.0
改良 38 クールダウン 60.0 55.0 50.0
  • 効果時間中は相手の視界を乱す。
  • 飛び道具の照準、投げアビリティやテレポートを阻止出来る。
  • 相手のロックオンを解除する効果もある。



投げナイフ

敵をロックしてからボタンを押すとナイフを投げる
クールダウンは効果終了後に始まる。
パラメータ
持続時間 2.5 3.0 3.5
アンロック ターゲット速度 80.0 75.0 70.0
改良 34 クールダウン 70.0 65.0 55.0
  • 足止めした直後は追手だろうが無力。
  • だが持続時間は非常に短いため、便りすぎないように。
  • 持続時間の改良は膝に手をついている時間ではなく、歩いてる時間が増える。
  • 投げナイフの効果中でも各種アビリティは使える。
    煙幕やボディガードには十分注意すること。
  • 投げナイフによる一方的な攻撃について
    投げナイフを食らったプレイヤーは暗殺、反撃範囲が狭くなる。
    それを利用して攻撃ボタンを連打しながら歩いて相手に近寄って、一方的に攻撃することが出来る
    ラグの関係もあり、走ると相手の範囲に入ってしまうことに気をつけること



ピストル

ボタン長押しで狙いを定め、放すと発射できる。左スティックを動かすと照準中止となる。
クールダウンは発射直後から始まる。
パラメータ
照準時間 2.0 1.5 1.0
アンロック 精度 30.0 45.0 60.0
改良 46 クールダウン 100.0 90.0 80.0
  • 飛び道具の中でも圧倒的なまでの射程距離を誇る。
  • ポイントは毒矢と比べかなり少ないので、空中や処刑などのボーナスも狙っていこう。
  • 俗に言う、屋根ラーの十八番でありながら天敵でもある。



毒矢

ボタン長押しで狙いを定め、放すと発射。左スティックを動かすと照準中止。
クールダウンはターゲット死亡後から始まる。
800 パラメータ
発症時間 8.0 7.0 6.0
アンロック 有効範囲 12.0 14.0 16.0
改良 48 クールダウン 100.0 90.0 80.0
  • ピストルとの違いは射程距離とターゲット死亡までの時間、そしてボーナスである。
    ピストルが基本的に100であるのに対し、毒矢は250と大分多い。
  • 毒であるためターゲット死亡までに結構時間がかかり、そのまま使うとターゲットに反撃されることも多い。
    範囲か発症時間の改良は早めに行いたい。




特技

特技

常に効果を発揮し続ける特殊能力。
発動条件は各特技ごとに異なる。

目立たざる者

アンロック:▲▽
群衆にまぎれると、群衆の1人が自動的に自分と同じ外見になる
  • モーフィングの特技版といったところだが、群衆にまぎれると同時に発動するのが利点でありネックである。
  • これを発動させて近くの麦わらに潜み、おびき出させた追手を気絶させるといった使い方も出来る。
  • 初心者はとりあえずこれをセットしておけば多少生存率が上げられるだろう。

オールクールダウン

アンロック:▲▽
アビリティのクールダウン時間が短くなる
  • アビリティのクールダウン時間を20%減少させる。
  • 鉄板特技。アビリティを多用しなけばいけない高ランク同士の戦いでは非常に頼りになる。

追跡の達人

アンロック:▲▽
アプローチメーターの下がり方が遅くなり、ターゲットを追っているときのスピードが上がる

抵抗力強化

アンロック:▲▽
気絶や抵抗キルの時間が短くなる

第六感

アンロック:▲▽
背後にいる注意すべき追手の存在を明らかにし、逃走状態で追手から逃れるのに必要な時間を短くしてくれる
  • 追手から逃れることが出来ないルールではもちろん後者は意味がない。

キルバッファ

アンロック:▲▽
死亡してもキルストリークがリセットされず、1つ減少するだけで済む
  • 鉄板特技の一つ。最大8ストリークを達成しなければいけないアニムスハッキングなどはこれがないと厳しいだろう。
  • 説明文には死亡時に1つ減少で済むと書かれているが、気絶させられた時も同様に減少する。

歩哨

アンロック:10レベル▲400▽15
視界から外れた時にロックが解除されるまでの時間が延びる

復元力強化

アンロック:▲▽
自分に対して使われたアビリティの有効時間が短くなる
  • 主に投げナイフか煙幕、ワイプに備えるスキルだろう。

複写

アンロック:8レベル▲350▽15
自分を倒した敵のアビリティセットをコピーできる
  • ほぼ初心者用か縛りプレイ用だろう。煙幕持ちに倒されれば低ランクでも煙幕を使えるといった使い道もある。

阻止不能

アンロック:18レベル▲650▽45
閉ざされたばかりのチェイスブレーカーがすべて開き、転ぶことなく群衆の中を突破できる
  • 追手から逃れることが出来ないルールでは効果が薄いだろう。


キルストリーク

キルストリーク

一定以上のキルストリーク・カウンター(死亡または気絶させられずに、連続で殺害か気絶攻撃を行う)を達成することで発動する。
サイレントキルストリークはサイレントか一般市民状態で敵を殺害する、もしくは気絶攻撃を行うことで加算される。

アニムスハッキング

アンロック:レベル▲▽
キルストリーク・カウンター8

サイレントアニムスハッキング

アンロック:レベル▲▽
キルストリーク・カウンター6
敵を離れた場所から倒せるようになる
プレイヤーを倒すことで得られるポイントは、1人倒すごとに増えていく
  • 約30秒間ほど、距離、ターゲットや追手に関係なくPCとNPCを誰でも殺害出来るようになる。
  • アニムスハッキングは制限時間内であれば死亡し、再配置された後でも使える。
  • 与えられるポイントはPCを倒すごとに、一人目+100、二人目+200、三人目+300と、
    倒せば倒すほど一人倒した時の加算されるポイントは大きくなる。
  • 連続して同じ相手をハッキングすることは出来ない模様。
  • 実質的にほぼデスマッチ専用ストリーク。
    他のストリークより稼ぐには3人以上倒さなければならないが、
    他のルールではマップが広いため非常に厳しく、NPCもPCと同じ容姿をしているため判別も難しい。
  • 相手にアニムスハッキングを発動された時の対処法は隠れることが最も安全である。
    相手にPCだと判別された瞬間に距離に関係なく殺されるので、モーフィングや変装で壁の裏に隠れるなどしよう。
  • 一応、相手が殺害対象なら殺して時間を稼ぐことも出来るが、相手の復帰直後に殺されることは覚悟すること。
  • 逆に相手が追手だった場合、気絶させてもハッキングすることは出来るため、無理に気絶させてもまず殺される。

ストリーク+250

アンロック:レベル▲▽
キルストリーク・カウンター5

サイレントストリーク+250

アンロック:レベル▲▽
サイレントキルストリーク・カウンター3
+250ポイント加算される
  • このストリークで加算されるポイントは、バラエティのボーナス数に加算されない。

ストリーク+550

アンロック:レベル▲▽
キルストリーク・カウンター7

サイレントストリーク+250

アンロック:レベル▲▽
サイレントキルストリーク・カウンター5
+550ポイント加算される
  • このストリークで加算されるポイントは、バラエティのボーナス数に加算されない。

マスモーフィング

アンロック:レベル▲▽
キルストリーク・カウンター6

サイレントマスモーフィング

アンロック:レベル▲▽
サイレントキルストリーク・カウンター4
周囲にいる一般人が最大で15人、自分そっくりに変化する
  • アビリティのモーフィングの強化版。


ロスボーナス

ロスボーナス

5回連続でコントラクトを喪失すると発動する。
殺害か気絶攻撃を成功させるまで効果を発揮する。
この殺害は、グラウンドフィニッシュは含まれない。
コントラクトの喪失条件は、
1.ターゲットに気絶させられる
2.ターゲットが自分以外の追手に倒される
3.自分が追手に殺される
4.ターゲットに逃げ切られる
ターゲットがセッションから離脱した場合は加算されない

クールダウンブースト

アンロック:16レベル▲550▽45
クールダウン時間のリセットと短縮が行われる

ビジョン

アンロック:12レベル▲400▽45
視界以内にいるターゲットや壁の向こうにいるターゲットの居場所がわかるようになる

マイナーハッキング

アンロック:レベル▲▽
ターゲットを離れた場所から倒せるようになる
  • アニムスハッキングのロスボーナス版だが、発動条件から一人しか倒すことは出来ない。

暴露

アンロック:14レベル▲400▽45
誰かを倒すまでの間、視界内にいるすべての追手の居場所がわかるようになる

スコア2倍

アンロック:レベル▲▽
次のキルスコアや気絶スコアが2倍になる
  • 一発逆転を狙えるロスボーナス。困ったらこれにしよう。

アビリティスイッチ

アンロック:10レベル▲350▽15
アビリティセットを変更できる

シャドーアプローチ

アンロック:8レベル▲350▽15
メインターゲットを追っている間のアプローチメーターの上がり方が速くなる

スカヴェンジャー

アンロック:6レベル▲300▽15
グラウンドフィニッシュを決めるたびに200ポイントのボーナスが手に入る


コメント

  • とりあえず作ってみた。気になることあるなら適当にコメントでもして - 名無しさん 2012-12-03 16:53:33
  • 編集おつー 気になることといえば煙幕爆発してもわもわしてるのに「煙幕が爆発するには時間がかかる」って出てふつうにキルされるんだが仕様? - 名無しさん 2012-12-15 01:37:17
    • 逆パターンだがこっちに似たような状況になるね、相手が咳き込んでるの確認してから暗殺してるのに抵抗キルになったりとか。主に上手い人居るセッションでよくなる。 - 名無しさん 2012-12-20 17:19:26
  • 時々なりますね。詳しいことは不明ですがラグの可能性があります - 名無しさん 2012-12-15 16:54:26
  • ラグの可能性もあるし、復元力だかでもいけたような。でもメッセージ違うからそれじゃなさそうだな。 - 名無しさん 2012-12-31 04:21:12
  • 実は煙幕の効果範囲外で暗殺ボタンを押すと煙幕の影響は受けない。そして煙幕は少し後方に投げるから、前からの暗殺にはめっぽう弱いという特性がある - 名無しさん 2012-12-31 09:00:42
  • 編集乙 マスモーフィングがデスマッチに合わないって記述があるけど、ロススト活用するには他ルールにしてもモーフィングの近くで暗殺反撃することになるわけだし、むしろデスマッチは活かしやすいんでないか? - 名無しさん 2013-01-01 12:45:15
  • モーフィングの近くで暗殺反撃したら意味ないんじゃ・・・?まぁ、ボディガードなら分かりづらいかもしれないけど - 名無しさん 2013-01-02 04:29:53
  • 暗殺反撃を見られて困るような関係者が近づいてこなきゃモーフィングしている意味がない(点数増えない)からマップが狭いのはむしろ好都合じゃないか、と言いたかったんだ。もちろん本物がばれる前に何かして目立てってわけではないよ。考えてみると別に記述があってようがなかろうがどうでもいいけどさww - 名無しさん 2013-01-02 08:03:36
  • 醸造所ぐらいだと確かにやばいな。あそこ限定だと確かに笑えるぐらい相手混乱するw - 名無しさん 2013-01-02 21:12:00
名前:

|