水神クタアト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


                   ::::::::::::::::
                   :::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   ::::::::::::::::::        │                           ||
                   ::::::::::::::::::        │                           ||
                   ::::::::::::::::::        │                           ||
                   ::::::::::::::::::        │              ______         ||
                   ::::::::::::::::::        │    r-‐=ニ二三三三三三三三三{       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |       zキz      ̄ ̄ ̄|       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |         zキz           |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |    Cthat zキz Aquadingen.|       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |          zキz   _レjf´}!  |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |        zキ_レjf´}!      |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |      _レjf´}! __     |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |    _レjf´}ハ  〈 (・) 〉     |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |_ }レjf´}!   弌___´ ̄`      |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |フ{´        弌__       xく|       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |             弌__  xく   |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |           弌xく    |       ||
                   ::::::::::::::::::        │    |_________xく       |       ||
                   ::::::::::::::::::        │                ̄ ̄ ̄ ̄       ||
                   ::::::::::::::::::        │                           ||
                   ::::::::::::::::::        │                           ||
                   ::::::::::::::::::____│.__________________..||
                   ::::::::::::::::::────へ──────────────────´




    第7章――“怠惰なるものの奉仕種族に関する諸考察”  
    書かれている内容
     ・無形の落とし子と呼ばれる、黒い液状の生命体に関する考察。
      発生経緯や生態、特性や知能などについての研究結果
     ・人間と同等の知性を備え、通常の方法では打撃を与え難く、
      驚くほど高い繁殖力と、身体を様々な形態に変化させる自己進化能力を持つ
     ・一たび解き放たれたが最後、際限ない増殖によってあらゆるものを呑み込む…
    この書で出来そうな事
     ・無形の落とし子を生み出す方法
     ・限定的な使役のやり方(暴走や反乱などに注意!)
     ・撃退する為の手段
      など

    それ以外の部分
    まだ詳しく読んでない
     ・特殊な水棲生物についてと、それらが信奉する存在について 
     ・ナイハーゴの葬送歌
     ・グルーンとかツトゥグアとか

・水神クアタトについての曰くつきな逸話。



   (わかりました、じゃあ細かくお話ししますね)

   (まず、この本の現在の在り処ですけど…。
    この行政庁舎の中にある図書館の、非公開書庫内にしまわれているそうです)

   (というのも、以前はある人物の所有だったそうなんですが、
    どうやら家族も親しい知り合いも居ない人だったらしくて、全ての遺産を市に寄贈してしまったとかで…。
    自動的に図書館行きになったみたいです)
   (その人の名前は、アンゼルム・ヴェルダーホーフ。
    セクンダム・アウローラ市の建設計画を主導した人物にして、第一帝国の初期から存在する名家の出だったそうです)

   (ただ、名家といっても、一族としてはすっかり没落してしまっていたらしくて…。
    彼の死と同時に断絶してしまったとか)
   (ともかくも、アンゼルムさんは亡くなり、ヴェルダーホーフ家は断絶し、
    その資産の全ては市の物となりました。
    そしてその中には、水神クタアトも含まれていたんです)

   (やがて、他の書籍と共に図書館に送られたクタアトですけど…。
    一般にも貸し出されるようになった頃から、奇妙な事態が多発し始めます)
   (たとえば、興味半分で見た子供が卒倒し、その後数日間悪夢にうなされ続けたり…。
    図書館に立ち入った人々が妙な威圧感の存在を訴え始めたり…)

   (でも、ここまでは大事という訳でもないので、
    図書館側も単なる噂程度にしか捉えていなかったそうなんですが…)

   (ある日遂に事件が起こります)
   (市街地のどこかで異臭騒ぎのようなものが起きて、
    警察が家の中に踏み込んだところ…)

   (水浸しの部屋の中で、男性が1人死んでいたそうなんです。
    胸には例の本を抱いて、恐ろしい形相で目を剥いて…)
   (結局、この一件は自殺として処理されたそうなんですが、
    これはさすがにおかしいという話になって、遂には未公開書庫に押し込められて…)

   (以降、今まで放置状態なんだそうです)






   (第27次遺産回収計画がどうとか、いかにも怪しげな内容でしたけど…。
    あれって、アンゼルムさんが公開していた情報だったらしいです)

   (ヴェルダーホーフ家に昔から伝わる暗号とかで、
    解読してくれた人には報酬を出す予定だったみたいなんですが…)

   (今に到るまで、誰一人として解けなかったようですね…)


メモ
 ここでの解説は、今の所ミシェーラが入手した特典+ヒュドルニオンで見つけた分についてのみ。
 クタアト・アクアディンゲンは、水神クタアトの事。
 ミシェーラは魔術は使えないが、この書を行使することはできる。
 無形の落とし子の特性に、ヘイトレッドサリエルとの共通項がある
 メディ・ムンドゥスの崩壊を止める要因のひとつとの事