“フラムスティード連合帝国帝都”イシュメル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

    リスポーンポイント
    連合帝国帝都“イシュメル”-旧市街-2番街区/路地裏


    登場人物
    ・クール・スナオ
    ・エルシャール・レイトン
    ・タカカズ・アベ
    ・ロイ・マスタング
    ・カイル・ハイド
    ・ヤンネエカ
    ・オプーナ
    ・ルカ・メグリネ
    ・ギャルオ   
    ・デキルオ
    ・ヤラナイオ
    ・マコト・イトウ
    ・謎の生物(仮)

    ・ 勢力一覧


観光名所

  旧市街
  第一帝国期の建物などが残っているエリア。
  1番~9番街区に相当する。
  ローランド大陸唯一の“機能している都市”らしい。

  ヘヴィサイド宮殿&アウクトリタス離宮
  宮殿は皇帝の住居兼執務場所。
  離宮の庭園は、10時から17時の間は一般開放されている。
  ヘヴィサイド宮殿の奥深くには秘蔵の魔法の鎧が存在している。最高峰の防具とのこと

  10~13番街区
  ストゥディア・ゲネラリアやビブリオテカ、帝国博物館などのの他にも、
  上流階級の巨大な邸宅や高級百貨店、名だたる大商会の本店など、多くの施設がある。

  再開発地区(56~58番地区)
  スラムのような場所らしく、悪い意味で有名な地区。
  何度も大掃除が行われているが、いつの間にか元通りになっている。


メモ・噂話

 ・皇帝の名前は、ユリシーズ2世。
  話によれば、まだまだ子供らしい。
 ・現皇帝が即位してからというもの、帝国内部にはきな臭い空気が漂っている。
  皇帝の周辺でもそれは同じらしく、水面下では派閥間の権力闘争が繰り広げられている様子。
 ・ユリシーズ2世が即位すると同時に、イニティウムの買い取り価格が100分の1近くに引き下げられた。
  その代わりに、闇市場の摘発が強化されたり、国境の検問が厳重になったりしたらしい。
 ・派閥の中には、シュヴィヤールや連邦と通じている者達が紛れ込んでおり、皇帝に色々と吹き込んで冒険者の立場を悪くしているらしい。
 ・近く、三大国共同で何か大きな催し物をやるらしい。
 ・近衛軍官舎から酒場“ビスポーク”まで馬車で片道3時間かかったりする。
 ・地下に上下水道が通っている。上水は井戸。旧市街に至っては第一帝国時代の水道網が生きていて、シャワーまで使える。
 ・先帝は冒険者びいきで有名だったらしい。
  今は国家憲兵隊が担当している帝都内の治安維持任務なども、当時は冒険者に任せていた。
 ・近衛軍と連合軍の対立が深まりつつあるらしい。
 ・革命派を名乗る者達が繰り返しテロを行っているらしい。


施設一覧

    ―0番街区(立入禁止区域)―
    ヘヴィサイド宮殿(皇帝府)、枢密院、参謀院、近衛軍最高司令部

    ―1~9番街区/旧市街―
    1-アウクトリタス離宮(立入禁止区域)
    1-離宮庭園(10:00~17:00)
    2-メディウム・タワー
    2-近衛軍官舎
    2-路地裏
    3~9-官庁街(軍政省、遺産省など)
    3-メディクス・メディキア帝都本部
    3~9-連合軍官舎
    3~9-公務員宿舎

    ―10~13番街区/特別市街―
    10番街区(立入制限区域)
    11-ストゥディア・ゲネラリア(教育施設、ビブリオテカ)
    11-帝国博物館
    11-フェリア・レクイア(国際博開催予定地)
    12-アヴァロン商会本店
    13-冒険者向宿泊施設

    ―14~30番街区/第一市街―
    14-エイブラハム1世記念広場
    14~20-ライジング・ストリート(中央商店街など)
    14-酒場“グートマン”
    14-冒険者ギルド本部(本部棟、戦技修練館)
    14~16-冒険者向宿泊施設

    ―31~55番街区-59~70番街区/第二市街―
    35-酒場“ビスポーク”
    40~43-冒険者たちの楽園(冒険者向宿泊施設など)
    70-バラクロフト広場
    70-バラクロフト門

    ―56~58番街区/再開発区域―
    ?

    ―郊外―
    バラクロフト大街道