コズミックスター【根幹技術】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スターレーン


  • “宇宙の街道(スターレーン)”に沿うように都市を築いてる
  • 中継器(チョークポイント)の連なりからなる航路(スターレーン)は超光速で移動可能なハイウェイのようなも
  • 今のスターレーンにしても、重力で空間を伸び縮みさせるだけなので基本的な理論は21世紀のものと違いがない
  • 戦闘服のシールドなんかも同じような原理


量子エンタングルメントを利用した情報通信システム

  • 「凄い情報通信」であり宇宙の端から端までタイムラグゼロで通信をしたり、同じようにして瞬間的に物質を転送させたり出来る
  • 技術的と倫理的な問題が存在するため万能とはいかない。

  • 技術的問題
  • 量子通信を行うには、その性質上送る対象を徹底的に最小単位のレベルまで、何一つ見逃すこと無く分析する必要がある。
  • 時間が掛り、分析されたものは破壊されてしまう為、転送先で再構成する必要がある
  • “電話”程度なら、手間も掛から無いが、転送対象が大きくなればなるほど、設備も所要時間もどんどん大掛かりになる
  • どうしても限界が存在する

  • 倫理的問題
   《たとえば――
    ”Aさん”が量子通信で宇宙の反対側へ行こうとした場合…》

   《分析によって一旦バラバラに解体され、送り先でもう一度再構成される事になるんです。
    勿論、体を構成する全ての要素は全く同じですけれど、
    送信前のAさんと送信後のAさんは、果たして同一存在なんでしょうか――という問題ですねー》