数・英字


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

For Tomorrow[いらないもの]

定期テストの英語教科で「 残念な点数 」をとってしまったときに英語科から渡される課題。
たいてい教科書の書き取りであるが単調な作業の為何とかして避けたいものである。
For Tomorrowというタイトルには「明日(将来)の為に今日頑張れ」という英語科からの熱いメッセージが意味が込められているが、
これをやるくらいなら最初からテストを頑張った方が楽じゃないかという意見もある。


R3[授業]

英語の授業のうち、読解を主とする授業。
3600の担当は元木先生だが、指された人はあまりの質問攻めに思考が停止してしまう。
対策としては「回ってくる前から寝たふりをし、飛ばしてもらう作戦」や、「わかりませんを連呼する作戦」などが挙げられる。
ちなみに元木先生は「やおら」ということばを何度も言うが、辞書でしらべたところ「ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに」だそうだ。

Silent jealousy[名]

BPM180を超える速さのX JAPANの代表曲。
好きな子が他の男子と仲良くしゃべっているときに感じる何ともいえない思いはまさに
「Silent jealousy(静かな嫉妬)」そのものである。
こんなときはもう悲しみに乱れるしかないであろう。