初心者向けガイド

  • 見難い・情報量が多すぎて判りづらいとの指摘が周期的に出るので、少しでも見やすくなれば、と分割してみました。
  • 半永久的に書きかけのページです。
    初心者さんに抑えて欲しい基本や知識など、皆さん色々と書き加えてください。
あくまでも「ガイド」です。攻略ではありません。



まずはじめに

このゲームってどんなゲーム?

  • フィギュアを色々と着せ替えさせてバトルしようぜ!なゲームです。
    フィギュア型ロボである「神姫」を育成し戦わせるゲームです。あくまでゲームのメインは戦闘関連です。
    単純に神姫の着せ替えを楽しむだけならば「バトルロンド」より「ジオラマスタジオ」の方が良いかもしれません。

  • 基本プレイ料金は無料で、神姫・武器・装備・アクセサリー等は有料となっています。
    ゲームをプレイするために必要なKonami IDを作成した時点で、[忍者型]フブキのデータが一体分貰えます。
    一部の装備はアチーブメントの達成および、GEM交換システムなどによって入手することも可能です。
    逆に言うと無課金で入手できるものはそれらのみです。

  • また、「武装神姫」は実在のフィギュアと連動した企画です。
    実フィギュアには「アクセスコード」が付属しておりそのアクセスコードをゲーム内で入力することでも神姫のデータを入手(追加)できます。

  • 「バトルロンド」では現時点で購入できる全ての神姫が利用できるわけではありません。
    (「ジオラマスタジオ」なら全ての神姫が利用可能)
    現在利用可能なのは1~13弾、Mk.2型ニ体、ライトアーマー1~4弾の神姫です。その他対応状況はこちらにて

  • 戦闘がメインのゲームですが、基本的に 戦闘そのものにはノータッチ となります。
    何というか、「思い通りにならないことを楽しむ」ゲームです。
    プレイヤーにできる事は、自室で神姫の装備を考え簡単な指示を出して戦闘に送り出す事までです。
    戦闘自体は各々の神姫が自己のAIで戦況を判断し、行動します。
    神姫AIはコア毎に基本傾向が違います。プレイヤーの望んだ通りの動きができるよう育成するのは慣れるまでは困難です。


最初にマニュアルと公式を読もう!


かなりテキスト量の多いマニュアルなので敬遠される方もいるでしょうが、大事な事がたくさん書いてあります。
まずはサラっとでいいので一通り読んでおきましょう。
「神姫NETアプリケーション」インストールした後であれば、PC上でスタートメニュー>Konami>武装神姫>武装神姫バトルロンドマニュアル とたどれば閲覧できます。
ゲーム内からは、オーナーズルームのヘルプ→マニュアルで閲覧できます。

神姫NETジャーナルとは神姫達が毎月のアップデート情報などを紹介してくれる公式コラムです。
このうち神姫NETジャーナルVer2.0の第3回からのテーマが初級講座となっており必読です。

  • ゲーム内の攻略ガイドも参考にしましょう。
オフィシャルバトル・バトルシミュレーション・ミッションバトルを1戦ずつ行うと
「攻略ガイド:Cクラス編」を閲覧することができるようになります。
オーナーズルーム→レコード→インベントリ→シークレットファイルから確認しましょう。
神姫が1人でもBクラスになると「攻略ガイド:Bクラス編」が、Aクラスになると「攻略ガイド:Aクラス編」が閲覧できます。

  • 基本的な目的はSクラスを目指すことです。
神姫のクラスアップでSクラスを目指すのが基本的な目的になりますが、総合レベル及び敗北数による制限があるため、だらだら育てることはできません。
詳しくはクラスアップのページを参照してください。

  • たいていの疑問はマニュアルと、このwikiを見れば解決できます。
マニュアルで不十分な点については戦闘システムに記述してあります。
それでも分からない場合は、公式掲示板や2chのバトルロンドスレ、ゲーム内のティールームで質問してみてください。
用語・略語FAQの項目も忘れないでおくと便利です。

最後にもう一度。 このゲームはマニュアルの内容がかなり重要です。



ゲームの大まかな流れ

プレイヤーは神姫のオーナーとなり「オフィシャル戦」で勝ち抜いて行くことが目標となります。
アチーブメントもありますので、各コア毎に「Sクラスへ到達する」「一体の神姫で100勝する」の2点が主な目標となるでしょう。
もちろん勝敗に特に拘らない、見た目重視の装備で神姫達を着飾ってあげるのもオーナーであるあなたの自由です。

ゲームは主に以下の要素の繰り返しで進行します。
  • 神姫のセットアップ
コア・素体・CSCを選択し、新たな神姫をセットアップします。ここが全ての始まりです。
  • 神姫のカスタマイズ
神姫の装備の変更、トレーニングを行います。コメントの編集や呼称の変更もここで行います。
  • 各種バトルによる確認・調整
バトルシミュレータ、マイ神姫バトル、ティールームでのバトルは確認のために利用できます。
貴方の神姫の武装の組み合わせ、現在のAI傾向を確認しましょう。
また、ミッションバトルは本来はミッションごとに用意された条件で勝利することが目的ですが、
このバトルでAI、距離適正は変化するためバトル数を消費せずにそれらの調整を行うことが可能です。
  • オフィシャルバトル
いよいよ実戦です。相手の神姫のステータス・装備欄をよく見て、4つの装備から最適なものを選びましょう。
  • 再度の神姫のカスタマイズ
オフィシャル戦では勝てましたか?負けましたか?いずれにせよ反省点を見つめて、更なる調整を行いましょう。

それでは、続けてそれぞれの項目についてもう少し解説しましょう。


神姫のセットアップ


  • 初回ログイン時
初回のログイン時には、チュートリアルでの案内があります。
まずはそれに従って忍者型フブキをセットアップし、彼女とともに戦いに出てみましょう。
ミッションなどにも連れて行ってもらえますので、深く考えるよりまずは一通りの流れを経験してください。

  • コア、素体の特徴
神姫の素体にはそれぞれ成長センスに差があり、有利なタイプや不利なタイプがあります。(セットアップ参照)
例えば忍者型フブキの素体性能は通常攻撃特化型や防御型に育成するのは不向きです。
ゲーム中で神姫たちが教えてくれる育成の指針に耳を傾けましょう。
ただし、不向きな育成方針を選んでもけっして勝てない訳ではありません。
画一的な育成を嫌い、定番路線を外した育成をしても勝っているオーナーはもちろんいます。
ですが、素体の向き不向きから外れた育成をするのはオーナーの力量がより要求されます。初心者にはオススメできません。

  • 2人目以降のセットアップ
まずは最初のフブキを成長限界まで育成してコツをつかんでおきましょう。
新しい神姫のセットアップはそれからでも遅くはありません。
神姫の育成方針(ステータス)・戦術はこの時点で考えておきましょう。
育成方針とはつまり「防御を上げて耐え抜く!」とか「SPを育ててスキルで相手を倒す!」などです。(後述)
この時点で方針が決まっていれば、CSCもそれに適したものにする事ができます(攻撃型にするからルビー入れよう、など)。
とはいえ、途中で方針を変更することになる場合ももちろんありえます。こだわり過ぎないように。


神姫のカスタマイズ


オーナーズルームで、神姫の武装の構築・トレーニングを行います。

武装のセットアップ
  • 神姫の装備セットはちゃんと4つ組むようにしよう
始めた直後の状態では、所持している武装も少なく4つもバリエーションを組むのは難しいですが
アチーブメントでの追加入手、神姫SHOPでの購入などで次第に装備が増えてきますので必ず武装セットを4つ組みましょう。
(他にも武装を手に入れる手段は存在します。→武装の入手を参照)
オフィシャル戦では、お互いの神姫のステータス・装備セットなどは全て相手オーナーにも見えています。
見えている中でどの装備セットを出すか、言ってみれば装備欄でのジャンケン勝負になるわけです。
相手はグーチョキパーから選べるのに自分はグーしか出せない、では勝つのは難しいですよね?

  • セットアップの注意点
メインウェポン「大手裏剣“白詰草”」や一部の武装セットに含まれる武装で剣、片手剣、短銃以外の武器が2つセットで付いてくる場合がありますが、
2つセットで装備しても何もメリットはありません。
それどころか重量が重くなるデメリットがありますので、やめましょう。(2つセットなのはジオラマスタジオの為です)

  • コーディネート
初心者が見逃しがちで特に重要なのがコーディネートです。詳しくはマニュアル参照ですが、揃えると各種ボーナスが付きます。
低レベルのうちはコーディネートボーナスが非常に大きい為、積極的に狙って揃えておきましょう。
無課金のうちは基本的に「和風」で揃うはずです。ボーナス2はありませんがボーナス1の攻撃命中20%UPだけでも充分な恩恵です。
ただしボーナスが適応されるのは「和風」武器のみの点にも注意。それ以外の武器を使うのであれば武装も臨機応変に崩すのもありです。
その場合は「ディゾナンス」にならないよう注意しましょう。神姫自体の全能力値が(試合中のみ、内部的に)下がるペナルティがあります。

育成の方針
  • 大まかな戦闘スタイル
武器防具は単純な攻撃力・防御力以外にも様々なパラメータが設定されています。
自分の神姫の大まかな育成方針が決まっていなければ適切な装備を選ぶ事はできません。
例えば、移動中は回避はできるが防御はできないので、防御型にするなら射程の短い/準備の長い武器は向いていません。
回避型にしたいのに防御力だけで装備を選んだら回避補正がマイナスになっていた、では相手の攻撃を避ける事は難しいでしょう。

トレーニング
  • トレーニングをするほうが良いの?
これは経験をつんだオーナーの間でも意見が分かれるところで、個人の方針によります。
ただ、ひとつ確実に言えるのはトレーニングを「しすぎる」のは良くないという事です。
オフィシャル戦には各クラス毎にレベル制限があります(クラスアップ参照の事)ので、最初にたくさんトレーニングをしてしまうと
レベルが高いおかげで勝率はよくても制限にひっかかって昇格不能になる、なんて事もありえます。
また、トレーニングには「実戦感覚」の低下という弊害もあります。
トレーニングの項に詳しく書いてあるので一度読んでおきましょう。
このあたりのさじ加減がわかるまでは、トレーニング無しで育成してみるのもひとつのやり方です。

  • トレーニングのやり方
おすすめのトレーニングの実施方法としては以下の2通りが考えられます。
  • 中級トレーニング→オフィシャルバトルの繰り返し
少しのペナルティを受けつつオフィシャルバトルを繰り返すことで、重度のペナルティを受けることなくトレーニングを続けられます。
クラスアップに合わせて神姫の成長を補正していけるメリットがあります。
ただし、少しとはいえ常にペナルティを受け続けることになりますので、そのハンデを埋められる実力が必要となります。
  • 目標値までひたすらトレーニングを繰り返す
オフィシャルバトル4回分のペナルティだけでトレーニングをすべて終わらせます。
詳細はトレーニングのページにありますが、いくらトレーニングをしても-16までしかペナルティは溜まりませんので、
オフィシャルバトル4回だけペナルティを受ければ後は元通りです。(その間の負けはLPの成長のためと割り切りましょう)
この場合、すべてのトレーニングをこの期間に終わらせてしまうことが大切です。


各種バトルによる確認・調整


オフィシャルバトルで勝ち抜いていく事が目標ではあるのですが、ぶっつけ本番で実戦に出るのはオススメできません。
まずはオフィシャル戦以外のバトルで神姫の現在の実力の確認と調整を行いましょう。

確認・調整に用いる事のできるバトルには以下のようなものがあります。
  • バトルシミュレータ
バッテリー消費がありません。オフィシャル戦と同様のどんな相手が出てくるかわからない戦いになるため、
クラスアップ直後などに自分の神姫がそのクラスでちゃんと戦えるかの目安になります。
自分以外に人が居ない場合は、緑字名前のコンピュータ制御神姫が相手になり、この場合は装備セットがランダムで選ばれてしまいます。
また、データは過去のデータベースから拾ってきているのでバージョンをまたいだ古い神姫が登場した場合は、
装備が流行から外れていて参考にしにくい可能性もあります。
  • マイ神姫バトル
バッテリー消費がありません。シミュレータとの違いは、対戦相手も自分の神姫になる事です。
当然ながら2人以上の神姫を所持していないと選択できません。
ステージも自分で設定できるため、いろいろな実験に使えます。これを有効利用できるようになったら中級者以上でしょうか。
  • ティールームでのバトル
バッテリー消費がありません。また、トレーニングボケの影響を受けません。
当然ながら相手がいますので、神姫の育成・装備などについて対戦を見ながら相談できるのがメリットになります。
  • ミッションバトル
オフィシャル同様バッテリーを消費してしまいますが、オフィシャル戦以外で神姫のAIや距離適正を調整できる唯一の手段です。
回避型にしたいのに回避してくれない・移動スキルを使ってくれない・距離適正を直したい、などの際に利用します。

ミッションバトルでAIや距離適正を調整し、バトルシミュレータやマイ神姫バトルで確認を行い、納得がいけばオフィシャル戦へ。
穴が見つかれば実戦に出す前に装備・ステータスの見直しを行いましょう。
調整はセットアップ直後だけでなく、クラス昇格やトレーニングなどで装備・ステータスが大きく変化した時にも大切です。

  • バトルログを読み返しましょう。
より少ない負け数で強くなりたいと思うのならば、バトルログの結果をしっかり確認し、一戦一戦からより多くの経験値を得ていく事が大切です。
システムメニューの バトルログの保存 にチェックを入るとログをテキストファイルとして自動的に保存することができます。
バトルログの保存先は神姫.NETランチャーの「バトルログフォルダ」ボタンで飛べます。
バトルログの読み方については上記の神姫NETジャーナル第5回 初級講座③も参考になります。

「武装レポ」という、有志のユーザーが開発したバトルログ読解サポートツールが存在します。
直接リンクはしませんので、興味があれば2chの本スレへどうぞ。


オフィシャルバトルでの実戦


さあ、いよいよ実戦です。
オーナーが介入できるのはブリーフィング画面での装備セット選択と指示出しのみです。
戦闘そのものは神姫のAIが戦況を判断して自動で行われます。

  • まず相手のデータを確認しよう。
ブリーフィング画面では相手神姫のステータスと装備セットを全て確認する事ができます。
最低でも相手の防御手段が回避よりなのか防御よりなのか、そして装備セット毎の武器の射程・スキル・機動力などを確認しましょう。
戦歴で最近10戦の使用装備セットも確認できますので、どの装備が良く使われているか傾向を見ることができます。
ただし、それを利用して武装セットを入れ替えたりして裏をかくオーナーもいるので要注意です。
逆にブリーフィング画面では「神姫に入っているCSC」「神姫の距離適正」の2つは確認できません。
また、「ノーマル」武装セットで一部の衣装を着ていた場合は神姫の素体を確認できません。
相手の距離適正は武器の射程からおおよその予想は可能ですが、騙し合いの要素がこのあたりにあります。

  • 相手にあわせて装備セットを選びましょう。
相手が回避よりなのか防御よりなのか確認しましたか?
回避が高い相手に高威力・低命中の武器で挑んでも全部避けられてしまうかもしれません。
相手の装備武器の射程・機動力を確認しましたか?
機動力が高く遠距離武器を持っている相手に、機動力の低い近接武装で挑んだら……どうなってしまうかわかりますよね?

  • 装備セットを選んだら、戦闘の指示を出しましょう。
指示は10ターンを序盤/中盤/終盤の3つにわけて、それぞれ行動指針とスキルの使用頻度について出す事ができます。
重要なのは、この戦闘指示を かならず聞いてもらえるわけではない という事です。
戦闘判断はあくまで神姫のAIが行います。指示はそれに一定の補正をかけるだけです。
例えば、もとから回避傾向の強い神姫に防御の指示を出しても、いきなり防御はしてくれません。
ミッションでのAIの事前調整が必要な理由が此処にあります。

  • 準備完了? なら後は見守るだけです。
ワクワクしながら、あるいはドキドキしながら、ハラハラしながら戦闘の経過を見守ってあげましょう。

  • さて、貴方の神姫は無事に勝利できたでしょうか? そしてその勝利は納得のいくものでしたか?
負けた場合は必ず、なぜ負けたのか?を考えるようにしましょう。考える事が強くなる道です。
勝っても負けても、反省点があるならオーナールームに戻って装備セットを考えましょう。
あるいはミッションに行ってAIを調整しましょう。
さあ、終わりのない繰り返しが貴方を待っています。


育成のワンポイント

  • 負ける覚悟をしておきましょう。
ゲームをプレイし始めてすぐに勝つことは難しいです。冗談ではなく、最初は負けるものだ、と思っておいてください。
特に、フィギュアを買っておらず、課金アイテムも購入していない完全無課金の方はクラスが上がれば上がるほど厳しくなります。
最初はアチーブメントで武装を集めつつ、ゲームシステムに慣れる事を優先したほうが良いでしょう。
かといって大量にお金をかければそれだけで強くなれるか?と言えばそうではありません。
勝てない人は何時まで経っても勝てないままです。
負けを受け入れ、バトルを振り返って問題点を洗い出し修正しましょう。
敗因を運や神姫のせいにする「悪いオーナー」にならないように心がけましょう。

  • 経験は最大の武器
人に教えられたままに育成するより、自分で試行錯誤することが最も大切です。
このゲームは神姫の育成、バトルでの戦術共に オーナー自身の経験に 大きく依存します。
育成に於いては数多くの神姫を育てあげ、特性を理解し戦略を練ること。
バトルに於いては数多くの神姫と戦い、その戦術や装備を見て理解し、それを自分の育成戦略に生かすこと。

  • LP、SPはオフィシャルバトルで戦わないと成長しません。
過度なトレーニングで成長すると能力は高いがスキル一発で沈むような神姫になってしまいかねません。
経験をつめばそういうとんがった育成もありですが、まずはオフィシャルバトルに出て適度にLP、SPの経験値を稼ぎましょう。
敗戦、引き分けもLP経験値のためと割り切ると良いでしょう。