※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

項目 読み 意味
回避型 かいひがた 回避Lvに多くの経験値を割り振り、攻撃を回避することで生存力を高める戦い方。
会費型 かいひがた 会費のように定期的かつまとまった単位の課金でカスタマイズされた神姫の総称(?)。
月額6000円コナミに課金する会費型はさすがに強いらしい。
人参満載の会費機動型、しいたけ増殖の会費防御型、コンパネ複数の会費命中型、兎スラスター千手観音の会費回避型、ブレザー4色、大ミサ複数の会費ジオラマ型が確認されている。
発端は本スレでの「回避機動型」の誤変換…だったはず。
カウンター かうんたー 反撃スキルを主軸にした戦法とデッキのこと。
トリガー武器名+「カウンター」で「○○カウンター」と呼ぶ。
駆け抜けぬ! かけぬけぬ セイレーン型エウクランテの前進時の台詞である「駆け抜ける!」の空耳ネタ。
駆け抜けるのか駆け抜けないのかどっちだと突っ込まれる。
サマーフェスタで正式採用され「大空を駆け抜けぬ」というミッションが作られてしまった。
課金ナイフ かきんないふ メインウェポン『グリーフエングレイバー』のこと。
登場当初は何の取り柄もなかったが、貫通効果・ミリタリー属性・短刀二刀流の実装により、状況によっては実用も可能となった。
かに 1. 種型ジュビジーの武装で使用可能になるBM『シェルプロテクション』および、上記のBM発動時に使用可能なスキル『収穫の季節』のこと。その姿が蟹に似ていることから。
2. メインウェポン『“アクベンス”シザーアーム』のこと。こちらは本当に蟹のハサミそのままである。
家電/荷電(砲) かでん(ほう) リアパーツ『“アポカリプス”リアマウント荷電粒子砲』のこと。もしくはそのスキル『ファイナルジャッジメント』のことを指す。
家電は荷電の誤変換からの定着した。
見た目や名前の割に威力が低く、パーツとしての性能も低いことから、それほどの人気は得られなかった。
ただしスキルには防御不能の効果が付いているので、ジェムバレットや水鉄砲と合わせることで要塞/回復型キラーとして化ける。
ガネ がね CSC『ガーネット』のこと。
ガルガン がるがん メインウェポン『ソード・オブ・ガルガンテュア』およびそのスキル『ガルガンテュアロア』のこと。
スキルの性能が高く、SP型がスキルのために装備しているという場合が多いため、どちらかと言うとスキル名として呼ばれることが多い。
騎士子 きしこ 騎士型サイフォスのこと。
キメラ きめら 1.コアと素体が違う神姫のこと。
2.装備を無秩序にごちゃごちゃと付けた神姫のこと。
どちらを、どの程度をキメラと呼ぶかは人それぞれ。
いずれの場合も、対義語(?)は純正
両方とも言われる側は否定的な意味合いで使われることが多いので使用は控えるように。
そもそもカスタマイズ性は武装神姫の売りであり、
その上で更に他人の見た目・プレイスタイルに口を出すのは野暮なことである。
逆ノア ぎゃくのあ ミッション『シークレットⅠ:ノアの逆襲』の相手、逆襲のノアのこと。ノアくじに業を煮やして登場した。
キャッキャウフフ きゃっきゃうふふ 一般的には「じゃれあう」というような意味で使われる言葉。
このゲームでは、戦い方が噛みあわず移動だけで時間が過ぎてしまうことを指す。
その様が追いかけっこに見えることから。
「キャッキャウフフ」と半角で記載することが通例である。
旧スナ/旧スナイポ きゅうすな/きゅうすないぽ メインウェポン『MSR-22 スナイパーライフル』のこと。
以前は単にスナイポと呼ばれていたが、『SR108 スナイパーライフル』の実装以降、区分けのためにこう呼ばれるようにもなった。
ぎゅうどん/ギュウドン ぎゅうどん 第11弾神姫、戦乙女型MMSアルトレーネのこと。
バトル時の「ねえ、ギュウドンって知ってますか?」という台詞が元。
キャラが天然ということも相まって愛称として定着しつつある。
ギルガメ ぎるがめ スキル『斬牙滅衆(ギルガメッシュ)』のこと。
実はギルガメと呼ばれた事例はあまり多くない。
凝った当て字で名前をつけてもらっても、そもそも正しい読み方に気付く人が少ないため、「エンテツの反撃スキル」や「武士子短剣の反撃スキル」、トドメに「ザンガメッシュウ」などと呼ばれてしまう。
くーにゃん くーにゃん ミッション『神姫技能試験/ClassA1』の対戦相手、くーにゃんのこと。
そのままであって、決してミッション『ジャーナルからの挑戦Ⅵ』のクゥのあだ名ではない。
くじ くじ ノーダメージ勝利やSP一桁勝利等、何度も繰り返せるアチーブメントの事。
褒章のCSCパックから何が出るか分からないことをくじ引きに例えている。
また、それらを狙いやすいミッション対象の神姫を指す事もある。
単に「くじ」と言った場合はノアくじを指す事も多い。
首輪 くびわ メインウェポン『棘輪「きょくりん」』のこと。
グラップラップ ぐらっぷらっぷ 第6弾(EXウェポンセット)神姫、建機型MMSグラップラップ。
建子の愛称で呼ばれる。
ガテン系バリバリの姐さん。
クリ剣/クリソ くりけん/くりそ メインウェポン『クリスタルソード』のこと。
黒イー姉/黒魚子 くろいー(あね/ねぇ)/くろうおこ 電撃ホビーマガジンとのコラボレーション企画で黒にリペイントされたイーアネイラ(マーメイド型イーアネイラB)のこと。
他のコラボ企画と同様、期間限定受注生産品。
Webカタログの『※「bk.ペネロペイア・BCDユニット」は、バリエーション切替で胸の形状を変更できます。』
という言葉に妙なこだわりが感じられる。
黒エウ/黒鳥子 くろえう/くろとりこ 電撃ホビーマガジンとのコラボレーション企画で黒にリペイントされたエウクランテ(セイレーン型エウクランテB)のこと。
他のコラボ企画と同様、期間限定受注生産品。
黒エレ くろえれ コアとセットになっていないオンラインオリジナル素体、エレガンスブラックのこと。
高機動、高命中の素体でとがったステ振りに向いた素体。
黒子 くろこ 悪魔型ストラーフのこと。
フィギュアではリメイクされたストラーフbisを新黒子とも呼ぶが、バトロンではパワーアップした同一個体扱いなので特に区別されない。
黒白子 くろしろこ 電撃ホビーマガジンとのコラボレーション企画で誕生した、黒にリペイントされたアーンヴァル(天使型アーンヴァルB)のこと。
また、コナミスタイル限定販売された「アーンヴァル トランシェ2 リペイントVer.」はコアは通常の黒白子と共通だが素体のペイントが異なるため、ノーマル白子とは違い、性能の異なる別固体扱いとなった。
黒羽 くろはね リアパーツ『黒き翼』、およびそのスキル『ダークスラッシャー』(DS)のこと。
くたばれこのクソマスター くたばれこのくそますたー 騎士子大敗時における台詞。スレで使うときは空気をよく読むように。
煽りや批判の意味で使ってはいけない。騎士子との約束だぞ!
軽黒子 けいくろこ 悪魔夢魔型ヴァローナのこと。
ライトアーマーシリーズのため、『軽』黒子。
夢魔子と呼ばれることも多い。
軽減 けいげん 特殊スキル『ダメージダウンLv1』およびそれを持つ装備全般のこと。
『ダメージダウンLv2』の場合は半減と呼ばれる。
軽白子 けいしろこ 天使コマンド型ウェルクストラのこと。
ライトアーマーシリーズのため、『軽』白子。
軽鬱っぽいのが魅力。
月石 げっせき/つきいし CSC『ムーンストーン』のこと。本当は月長石という。
限界突破 げんかいとっぱ CSCの影響により、150の成長限界を突破すること。
本来は幸運なことなのだが、ダイヤ神姫の増加により、
ダイヤ以外でこれを達成してしまった神姫は「避雷針」として哀れまれるようになった。
建子 けんこ 建機型グラップラップのこと。
コア こあ コアユニット(頭部)のこと。
種類ごとに性格や戦い方の好み、武器の得意不得意が設定されている。
また、アチーブメント称号もこれに依存する。
攻撃型 こうげきがた 回避や防御をあまり上げず、攻撃力を高める事で速攻で勝負を決める戦い方の事。
号泣剣 ごうきゅうけん メインウェポン『クライモア』のこと。
クライ=cry=泣く、ということにされているが、本来は"claymore"。
スキル『ドラゴンクラッシャー』はバトルロンド最高の攻撃力を誇る。
ゴーグル ごーぐる 以前はアクセサリー『モナーテ・LRSSゴーグル』のことを指していたが、マルチセンサーゴーグルの実装により、現在では一部のフェイスアクセサリの総称になっている。
高度な情報戦 こうどなじょうほうせん ひらがなでそのまま書かれることもある。
偽の情報を流して、スレ住人を混乱させ、自分に有利な状況を作ること。
えてして単なる勘違いや記憶違いであることが多い。
攻命型(孔明型/公明型) こうめいがた 攻撃命中を重視し倒される前に倒すのを目的にした型。「こう」げき・「めい」ちゅう。
メギン使用のため回避・防御を10まで上げているものがほとんどである。
こと メインウェポン『オルフェウス』のこと。防御不能の効果を持ち、長らく音響の軽減半減も存在しなかったため、猛威を振るっていた。
誤爆は神姫うp ごばくはしんきうぷ スレで誤爆してしまったときは、自分の神姫をうpしなければならないという神姫スレ鉄の掟。
バトロンでもジオスタでもとりあえずうp!
コンパネ こんぱね アーマー『FB-RP3c コンソールパネル』のこと。
重量0で命中と索敵を上げられるので、お守りとして付けられる。
コンマイ こんまい コナミの蔑称あるいは愛称。“KONAMI”の“M”と“A”を入れ替えるとKONMAI
あるアーケードゲームでコナミ自らが誤植してしまったことから定着した。