ウィリアム・ストライカー(William Stryker)

(キャラクター名、マーベル)

初出:"Marvel Graphic Novel #5: X-Men: God Loves, Man Kills" (1982年12月)
種族:人間、アメリカ人

概要

元アメリカ軍軍曹で、退役後はテレビ宣教師として活動していた。
熱心なミュータント排斥主義者で、多くのミュータントを殺害したX-MENの宿敵の一人。

生まれた息子がミュータントだったたために、一家心中を謀った。
しかし自分だけ奇跡的に生き残ってしまう。その時、自分のミュータント殺しは神の仕事だと(勝手に)悟り、テレビ伝道師へと転職した。
ピューリファイアーズという民間兵組織を率いてプロフェッサーXを誘拐し、洗脳してミュータントを根絶やしにしようとした。(X-Men: God Loves, Man Kills)

M-Dayでミュータントが激減するとピューリファイアーズを率いてエグゼビアの学園を襲撃。
能力を失って学園を去ろうとしていた生徒たちのバスにミサイルを打ち込み、42人の少年少女を殺害した。

本人も殺されたり復活したりを繰り返し、X-Force Vol.3でアークエンジェルに殺されたのが最後の登場となっている。

  • X-Force Vol 3 #3の時点で殺したミュータントの数は414人。
  • 愛人(恋人?)はレディ・デスストライクことユリコ・オーヤマ。"ユリコちゃん””ストライカー様”と呼び合う仲。



能力

彼自身に特殊能力はないが、元軍人としての戦闘経験がある。
またミュータントと戦うための特殊な装備を身につけていることがある。
宣教師として人心掌握に長けている。
ピューリファイアーズを結成してからはミュータントを研究し、対ミュータント戦のエキスパートといえる。


映画版

実写映画ではより重要な悪役として描かれ、ウェポンXプロジェクトの事実上のリーダーとされる。
X-MEN2ウルヴァリン:X-MEN ZEROに登場。ウルヴァリンとの因縁を描かれた。
尚、X-MENファースト・ジェネレーションには彼の父が登場する。

  • X-MEN2ではミスティークが彼に変身して行動するシーンがあり、おっさんの体で「バイバーイ」と手をふるシーンがかわいい。