ビッグ・ヒーロー6(Big Hero 6)

(チーム名、マーベル)

初出:Sunfire & Big Hero 6 #1(1998年9月)

概要

ビッグ・ヒーロー6はマーベルコミックに登場する日本のヒーローチーム名。"Sunfire & Big Hero 6"として刊行された。
また2008年からは第二期シリーズも刊行された。
また2012年の"Amazing Spider-Man #685", の"Ends of the Earth #1" (2012年7月)ではスパイダーマンに協力し、ドクター・オクトパスのロボット「オクトボット」を倒すために活躍した。

設定

日本政府が日本の大企業"ギリ"と秘密裏に手を組んで結成したチーム。
初期リーダーはシルバーサムライ。
2008年から始まった第二期シリーズは以下のナレーションから始まる。
『世界の歴史の中で、日本は核攻撃を直接受けた唯一の国である。第二次大戦末期における広島と長崎への攻撃は今日まで国の記憶に深い傷跡を残した。他の国々と同じように、日本は自国を守る必要があるが、他の強国のように核兵器を持つことはなかった。彼らは他の道をみつけたのだ……』
それがビッグヒーロー6であるらしい。

メンバー

初期メンバー

シルバーサムライ(ケニウチオ・ハラダ)
ミュータントパワーで刀にタキオンエネルギーを込め、何でも切ることができる。チームの初代リーダー。
単独ではウルヴァリンの敵や友人として登場する事が多い。ウルヴァリンのシリーズではマリコ・ヤシダの墓を守り壮絶な死を遂げた。

ゴーゴータマゴ(レイコ・タナカ)
元暴走族の少女。刑期を短縮する条件でチームに参加した。
特殊なアーマーを使い、エネルギーの塊になって跳ね回る。

ハニーレモン(アイコ・ミヤザキ)
異次元の世界とつながる「パワーパース」というポシェットから何でも取り出す。

ヒロ・タカチホ
13歳の天才少年。天才発明家であり、ベイマックスも作り出した。放電装置を仕込んだスーツなど各種発明品を使って戦うこともある。

ベイマックス
ヒロ・タカチホが作り出した人造生命体。戦闘時に変形する。死んだ父の人格をインストールしている。

サンファイア(シロー・ヨシダ)
日本最強のミュータント。高熱と炎を発生させ、飛行能力もある。

補充メンバー

サンパイア(レユ・ヨシダ)
サンファイアの妹。ハニーレモンがパワーパースを使って異世界から取り出した。サンファイアの代わりに加入するが、チームを抜ける。

エボン・サムライ(キオシ・ケイシチョウ)
漆黒のヨロイに身を包んだ刀の達人で敏腕警察官。シルバーサムライがチームを去った後、代わりに加入した。現在はチームを離れている。


  • 2004年の"ALPHA FLIGHT #9"ではアルファフライトの敵として登場。その時のメンバーはヒロ、ゴーゴータマゴ、ハニーレモン、ベイマックス、エボンサムライ、サンパイアの6人だった。


"BIG HERO 6"(2008年)での追加メンバー

2008年に刊行されたミニシリーズ"Big Hero 6"のメンバーはヒロ・タカチホ、ゴーゴータマゴ、ハニーレモン、ベイマックス、ワサビ・ノー・ジンジャー、フレッドの6人。

ワサビ・ノー・ジンジャー
二刀流の刀の達人で寿司職人。精神力で作ったクナイのようなナイフで攻撃する。殺傷力もあるが気絶に留めることも可能。名前は「山葵之生姜」の意なのか「しょうがじゃないよわさびだよ」の意なのかは不明。

フレッド
謎の能力を持つ新メンバー。

(BigHero6#1 2008)
ハニーレモンがメインのような扱いになっているが主役はヒロ・タカチホであると思われる


劇場版アニメ

2014年11月に、ディズニー初のマーベルアニメ映画として「Big Hero 6」(邦題:ベイマックス)が制作されている。
こちらは明確にヒロ(ヒロ・ハマダ)とベイマックスを主人公として物語が再構成され、それ以外のメンバーも大幅に設定が変更されている。リーダーであったシルバーサムライに関しては(X-MENとして)他社が版権を持っているため存在を抹消されている。

メンバー


- :total
- :today
- :yesterday




添付ファイル