都立西高校

東京都立西高等学校


概要

東京を代表する共学の進学校です。戦前より「自主自律」の精神が根付いており、極めて自由な校風で知られています。部活動の強さは進学校としてはトップクラスであり、テニス部、バレーボール部、陸上部、吹奏楽部、卓球部、アメフト部などが強豪として知られています。西高校伝統の教養講座が有名で、土曜日や夏季休業中には「裁判傍聴」「博物館見学」「映画で見る世界史」など多種多彩な教養講座が教諭により開かれています。進学指導重点校として大学受験にも力を入れており、高校内で大手予備校の模試を受けるほか、夏期講習や土曜日には多くの受験対策講座を開いています。2016年は、東大32名、京大15名、一橋大14名、東京工業大23名。最難関国立大の合格者数97名は近年最多の実績となりました。東大のみならず、京大や国公立医学部医学科に大量の合格者を出し注目を集めています。

【注目記事】「都立西高校のすべて 西高っていいよね 2016年大躍進の秘密


偏差値  駿台模試 男子:64    女子:64  ※都立トップ校判定は駿台模試を受けてください

実力相応校 学芸大学附属・筑波大学附属・慶應義塾・早稲田高等学院・渋谷幕張

安全校  桐朋・豊島岡女子・巣鴨・国学院久我山・本郷・城北・中央大附属


昨年から海外リーダーシップ・プログラムが開始

日比谷高校と共に全国でも抜群の知名度を誇る名門進学校です。西高校といえば、土曜日や長期休業中の教養講座の充実度が群を抜いているをことで有名です。土曜特別講座では、「数学史」や「生命科学」といった、通常授業ではおこなえないような内容の講座をたくさん設けていて、興味に応じて自由に取ることができます。夏休みには課外講座がとても豊富です。裁判所で本物の裁判を傍聴して、弁護士と懇談をする講座や、電気泳動でDNAの分子サイズを測定するといった非常に高度な実験をおこなう講座など、大学受験対策を超えた教養教育が学校ぐるみでおこなわれているのです。

2014年からは「海外リーダーシップ・プログラム」が始まりました。世界に通じる生徒の育成を目標に、世界最先端の大学や研究機関に触れる機会をつくるというものです。今年は40名の西高生が、アメリカのボストン・ニューヨークに10日間滞在し独自の研修プログラムを受けました。

また、西高校は驚くほど部活動が強いという特徴があります。通常、進学校というのは部活動が盛んであってもあまり強くありません。特に運動部は、進学校であればあるほど総じて弱いのが現状です。ところが、西高校の部活動は、進学校離れしていると言われるほど強豪が多いのです。私立のようにスポーツ特待生がいるわけではないのにもかかわらず部活動が強いのは、賞賛するべきでしょう。なお、都立の進学指導重点校では唯一の「部活動推進校」にも指定されています。

2016年の西高 京都大15名大量合格は自由な校風の象徴

都立西高校の進学実績は伸びは驚異的。日本最難関の東京大・京都大・国立医学部・東工大・一橋大の合格者総数は97名という多さ。これは、高校受験からの生徒の実績としては、日比谷とほぼ並び全国トップです。超難関の東大・京大は47名が合格しました。

西高らしさを象徴するのが、「西の東大」京都大の合格者数15名という異例の多さ。東京都内の進学校が「東大一直線路線」が多い中で、西高は生徒たちの自主性が最大に尊重されており、東大合格レベルの西高生が、あえて京都大を志すことが多いのです。西高と京都大の校風が似ていることも影響しています。西高はトップ進学校ですが、特定の大学を執拗に押すような雰囲気は一切ありません。もちろん、東大を目指す生徒が最も多いのですが、その中で「俺は京大に行きたい」と言っても、まったく異端扱いされない校風なのです。

ところで昨今、開成高校、筑波大附属駒場高校といった国私立高校では、難関大実績のほとんどが中高一貫生で占められ、高校入試組の合格が驚くほど少ないという実態が問題となっています。「高校入試からの生徒は難関大に受からない」と露骨に言う学校もあります。そんな中で、中高一貫校ではない、高校募集だけの西高校がこれだけの実績を残せるのは驚異的です。高校入試からの生徒のみで進学実績を見ると、西高校は日比谷高校と共に都内ではNo.1の数字を残しています。

このことから、2~3年前から筑駒や開成の合格辞退組が増えています。特に筑駒の合格辞退者が昨年度は急増して話題となりました。こうした状況を踏まえると、数年後にはさらに進学実績が伸びていると考えられるでしょう。今春の西高入学者が大学受験を迎える2018年には、東大+京大で60名を超えても不思議ではないでしょう。


■自校作成問題の入試対策

 日比谷高校と共に公立高校としては全国で最も入試問題の難易度が高い学校です。国語・数学・英語の3教科は、国立大学附属や早慶レベルの入試問題まで解けるようにしておくのがベストです。市販の難関国私立高校向け問題集を積極的に取り組みましょう。最近では都立トップ校人気により、早期から受験対策をする受験生が増えており、開成や筑波大附属駒場といった難関校を蹴って入学する受験生も少なくありません。早い時期から発展問題や応用問題にも果敢に取り組んでください。記述が非常に多いので、記述対策は入念にやっておく必要があります。模試は通常の都立模試では簡単すぎて判定ができません。駿台模試か自校作成模試をたくさん受け、受けた模試の復習をしっかりしておきましょう。西高校志望であれば、駿台模試はほとんどの受験生が受けています。理社は満点近くが当たり前となります。

都立西高校対策の英語おすすめ問題集紹介

都立西高校対策の数学おすすめ問題集紹介

都立西高校対策の国語おすすめ問題集紹介

 


■外部リンク集

都立西高校公式ホームページ

都立西高校同窓会

都立西高校アメリカンフットボールクラブ (※ 西高校は高校アメフト発祥の地)

都立躍進校ルポ 東京都立西高校の秘密 

都立西高校の偏差値と評判