※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


芝村 が会話に参加しました。

イタ
今晩は、芝村さん、生活ゲームのためお呼びいたしました

芝村
イベントは?
イタ
現在、115で打ち上げられている最中なので、その数日前に、山とかで遊べたらいいなと思います
飛ぶ前に、挨拶とか出来たらと

芝村
115?

イタ
イベント115です(すいません)
あ、114でしたごめんなさい

芝村
114ね。OK

芝村
2分まってね

イタ
ひー、焦り過ぎだおれ

瑠璃
はい。宜しくお願いいたします

イタ
宜しくお願いします

下丁
おねがいします




/*/

from 20080618 LIVE&LIFEsGAME
カクトウギカ、南へ

CoreFighters are GO!



r:この記事は国民番号保管所に登録されているプレイヤーと、
テラ領域の藩国滞在ACEおよび個人ACEにのみ公開します




芝村
ここは山の中だよ。
エイジャ兄弟は ポージング してる

イタ
うほ

下丁
ポージングを鑑賞します

瑠璃
Q:今回も開幕から脱いでるのでしょうか、お二人は。

イタ
「あの、おふたかた、、、(見ほれる)」

芝村
A:脱いでますね。

芝村
セイ :「ん?」

瑠璃
「こんにちは、ご兄弟ー」
#やはりかっ・・・

芝村
ファイ :「どうしたんだ?」

イタ
「いかん、、このままでは、、話しかけよう、、」

イタ
「いえ、わたくしたち、明日にも宇宙にいくことになりまして、その前にご挨拶をば、と」

芝村
ファイ :「おお」

芝村
セイ :「我々もいこう」

下丁
「宇宙で呼吸はできないのでは?」

イタ
「え”」

芝村
ファイ :「我々には」

芝村
セイ :「筋肉がある!」


イタ
(いや、案外ひょっとするかも知れない?)

瑠璃
「わふ?! やはり気合と根性で自らを打ち上げる・・・?!ステキ・・・!(きらきら」

イタ
「いや、来ていただけるのなら、、こころこころづよいというか、、汗」

芝村
ファイセイ はうなずいた。

歯を見せて笑った。

下丁
「うう、いい漢過ぎる」

イタ
(いやあ、不在時のになしをお任せしたかったんだけど予想外だなあ(笑))

イタ
「気合いを入れてもらうだけでも、と思っていたのに、、、嬉しいです!」

瑠璃
「なにがなんでも帰ってこねばですね」

芝村
ファイ :「お姫様が悲しむからな」

イタ
「はい、そのとおりですよね(姫様が)」

芝村
セイ はどこか悲しそうにうなずいた。

イタ
「あの,,セイ様?」

下丁
「姫はそんなに悪いのですか?」

芝村
セイ :「あまり良くはない」

瑠璃
「やはり、無理がたたって、ですか?」

芝村
セイ :「もとからだ」

イタ
「もとから、、、、」

下丁
「我々でなんとかできないでしょうか?」

瑠璃
「少し前に、ご兄弟のお知り合いの黒のオーマ、バルクさまがいらしてたと、噂でうかがったのですが、
姫のお体の加減についてなにかおっしゃられてましたか?」

イタ
「この国を離れ難いけれど、、でも空から来る前に止めないと、、ああう」

芝村
セイ :「ああ。彼は偉大な医者でもある」

ファイ :「運命だって・・・」

イタ
「決まってしまっていると、、そんな!」

芝村
セイ :「……まだだ」

芝村
セイ :「運命が敵なら、戦うまで」

芝村
ファイ :「おお」

下丁
「おお!!戦いましょう」

イタ
「運命とは自分で決めるものだと思ってます」(ぐは)

瑠璃
「まったくです。姫は先をみておられるです」

芝村
セイ はうなずいた。

イタ
「たちふさがるものなら、叩きのめすのが騎士です、出来ることならなんでもやりたい」

イタ
「いや出来なくても!」

芝村
セイ :「ああ」

瑠璃
「とりあえず、姫の前に立ちふさがるすべての障害はなぎ払う。とりあえずは空のアレですけど」

芝村
ファイ :「そういや、あのひとは?」

瑠璃
#ハッ アメルダさーん

イタ
(皆揃ってポージングしてたりして、今迄)

芝村
セイ :「ああ。アメルダ女史か・・・彼女は・・・」

芝村
#通信が入った

イタ
「もしもし、、でいいのかな?」

芝村
otapon :いいニュースと悪いニュースがある

イタ
「オタポンさん、、はい!」

イタ
「できたら良いニュースのほうから先に、、」

瑠璃
「あら、オタポンさんだ。はじめましてこんばんわです」

下丁
「お約束な入り方だ」

芝村
otapon :王女の意識が回復した

イタ
「!!!!!!」

瑠璃
「え、あ、わーーー! ひめさまー!」

下丁 「おおおおお、(声にならない)」

イタ 「其れ其れそれで,,,状態とかは、、、わかりますでしょうか、、オタポンさん」

芝村
otapon :ゲームがしたいってさ

イタ
「ゲーム」(前回のときの記憶が、、、)

瑠璃
「ああ、もう、ひめさま、ってばぁ」(笑泣)

下丁
「姫様らしと言えばらしいかも」

イタ
「ゲームというか、撃たれたときの記憶が(笑)」

芝村
otapon :アメルダは傍に居る。来れなさそうだな。で・・・

イタ
「はい、、(ざんねん)」


瑠璃
「ぶほーーー?!」

イタ
「ああ、、、使われてしまったか、、なんてことだ、、」

芝村
otapon :2時間前に予告が流れているのを傍受した。

瑠璃
(あぁ、でもアメルダさん、姫のおそばに居れてるのかー。。。よかった(トオイメ)

イタ
「予告、、、攻撃の予告、、ですか?」

芝村
otapon :そうだ

下丁
「相手は予告してから撃つなんて、余裕なのか」

イタ
「攻撃の首謀者、、ということですか、、、」

下丁 (22:37:18)
「だったら、その余裕に付けこめないでしょうか?」

芝村
otapon :サーラさんに昔助けられたから、教えるという内容だな。信憑性は高い

イタ
「核をつかうなど、、、(歯がみする)」

芝村
otapon :俺は乗ってもいい

瑠璃
「サーラさん、、、ISSには私たちも助けられてますし。
この情報は使わせていただきましょう」 

イタ
「うん」

下丁
「裏情報だったのですか、それでも乗るべきだとおもいます」

瑠璃
「ありがとうございます、オタポンさん。悪いなんてことない、大事な情報です!」

芝村
otapon :援軍という形で行ける。王女の許可はいま・・・

芝村
otapon 王女:「許可!」

芝村
otapon :きいたとおり

瑠璃
「いえっさ、ひめさま!」

イタ
「拝命しました!」

下丁
「王女無理はなさらずに、しかし感謝します」

イタ
「アメルダさんに、姫様を宜しく、とお伝えください、そして貴女が無事で良かった、と」

/*/

芝村
ここはakiharu国だ。

芝村
あなたがたは楡の木陰から姿を現した。

芝村
otapon :走りに自信は?

芝村
セイ :「ある」

瑠璃
「騎士ですから!」

イタ
「ある。鎧きててもネ」

芝村
ファイ :「いけるぜ」

下丁
「体は鍛えてあります」

芝村
otapon :OK、支援はやる。いこうじゃないか

下丁
「おお!!」

イタ
「吶喊しまッス」

瑠璃
「何処に向かえばいいですか?」

芝村
otapon :かれんから情報を得た

イタ
「をー、かれんちゃんから。さてはてその情報とわ?」

芝村
otapon :1箇所は処理済、2箇所目は処理中、あと2発はありそうだ。

芝村
#感覚で15で調べることが出来る

イタ
「うわ、、6だし(3人だと)、、」

瑠璃
オタポンが20あります

芝村 (22:47:21)
otapon は現地にいない。

芝村
ファイ :「そろそろ出番だな」

イタ
「おお、、 ファイ さまー」

芝村
セイ は脱いだ。

芝村
ファイ も脱いだ。

瑠璃
「ご兄弟、たのもしい(きらきら」

イタ
「惚れる,,,憧れるーー」

芝村
セイ「うぉぉぉぉ」

芝村
ファイ「ふぁぁぁぁぁぁ」

芝村

ポージングした。


芝村
セイ :「よし、さがすぜ」

芝村
otapon :しね、しね

イタ
「やっぱポージング基本か、、」
(オタポンさんはお嫌いなご様子)

芝村
兄弟の感覚は19だ

差分4

90%

ダイスロール> イタ

イタ
1d100

芝村
[mihaDice] イタ : 1d100 -> 49 = 49

瑠璃
いよっしゃー! ナイスダイス!

下丁
成功

芝村

みつけた!


イタ
「ははは、、、力ぬけましたわーー、コシが、、」

下丁
「よかった、間に合った」

芝村
しかし、2つのコードが!

芝村
と黒だ。切るなら・・・

イタ
「あーん、やっぱりだー(コード)」

芝村
ファイ :「黒だ!」

芝村 (22:52:22)

芝村 (22:52:22)

芝村 (22:52:24)

イタ (22:52:25)
あか

下丁 (22:52:25)
「運なら加護がある」

瑠璃 (22:52:28)
くろえお

芝村 (22:52:32)
ぷち

芝村 (22:52:41)
ファイ は黒を切った

芝村 (22:52:49)
:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・:

芝村 (22:52:54)
:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・:

芝村 (22:52:59)
:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・:

イタ
「あ、、ヤナ予感」

芝村
ファイ :「成功・・・・」

瑠璃
「わ、あ?」

下丁
「兄者様ステキすぎ」

芝村
otapon :しね、しね。確認しろばか

イタ
「ひーん、よかったよう」

「いや、あんがい今ここパライソかもしれなくてよ?」

下丁
「通信が聞こえる時点で大丈夫」

芝村
otapon :ネットに繋がる天国はない

芝村
セイ :「そろそろ帰るか」

瑠璃
「姫の笑顔が頭をよぎりました、よ。。。?」

イタ
「そうかーー、、(re:ネットに繋がる天国はない) ふいー」

芝村
ファイ :「おお。姫の笑顔をみにいくんだぜ」

下丁
「よかった」

瑠璃
「・・・・・はは。つかれたですね・・・・・」


/*/


感想戦



芝村
はい。おつかれさまでした。

瑠璃
お疲れさまでした

イタ
いや、赤にしないでよかった

下丁
コードもダイスかと思ってました

芝村
akiharu国の人々は気が気でないと思うので、教えてやるといい


芝村
感謝されるよ

イタ
はい、さっそく

芝村
はい。兄弟と otapon からの評価は+1+1でした。
秘宝館には1、1で依頼出来ます

イタ
おお、それは嬉しいっす(+1)

下丁
おもわぬ収穫だった<オタポン

芝村
ついでに王女から褒美が出ました。

イタ
褒美!

下丁
わー、ひめーひめー

瑠璃
ひめー(きゅん)

芝村
全員にこのログを根拠として根源力5000だ(笑)
生活ゲームで根源力増えたのは初めてだね

瑠璃
ありがとうございます>根源力
あ、ログ公開ですが、r:つきで公開しなくとも問題ないですか?(情報くれた方が心配です

芝村
大丈夫>公開

イタ
うぉー5000とはスバラシイ

芝村
otapon が処理してくれる

下丁
最近あまり、聞かなくなった根源力

瑠璃
ありがとうございます!>オタポンさん

イタ
ありがとう!オタポンさん!!

芝村
根源力は前と比べて貴重品になったねえ

瑠璃
あ、もう一つお伺いしたいのですが、エイジャ兄弟って評価15なのですが、
上がってるのはポージングパワーでしょうか?

下丁
最近はマイル、マイルですものね

芝村
いえ。プロモしてる

芝村
マイルでは根源力買えないからねえ。

イタ
そうかプロモーションで

芝村
まあ、マイルは普通に国作業してたらもらえるよ

瑠璃
いつのまに・・・>プロモーション

芝村
はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー

下丁
おつかれさまでしたー

瑠璃
ありがとうございました。お疲れ様でしたー!

イタ
今夜はどうもありがとうございましたー

芝村
ではー

芝村 が会話から退席しました。

/*/




ゲームログは以上です。
予約記事やマイル返還などのやり取りは省いてます>>先行の速報版を参照下さい

なお、ゲームログの中のakiharu国にて行われた生活ゲームへのリンクは
akiharu国に許可を得た上でリンクしております、akiharu様、
akiharu国の皆様、どうも有り難うざいました。



いやー、赤切らないで良かったぁ。