安全標語作成方法


■関連リンク
安全標語.biz   安全衛生標語.biz   5S標語.biz   品質標語.biz   交通安全標語.biz
人権標語.biz   環境標語.biz    健康標語.biz   防火標語.biz   選挙標語.biz   挨拶標語.biz
税の標語.biz   コンプライアンス標語.biz   省エネ標語.biz   春闘標語.biz
下水道標語.biz   北方領土標語.biz   防犯標語.biz   新聞標語.biz   平和標語.biz
食育標語.biz   禁煙標語.biz   読書標語.biz   男女共同参画標語.biz   児童福祉標語.biz
青少年健全育成標語.biz   科学技術標語.biz   社会を明るくする運動標語.biz   道路ふれあい運動標語.biz
節電標語.biz   クールビズ標語.biz   エコ標語.biz   リサイクル標語.biz
ボランティア標語.biz   歯の標語.biz   ノー残業標語.biz   ワークライフバランス標語.biz
俳句自動作成   川柳自動作成   名言・格言自動作成   キャッチコピー・キャッチフレーズ自動作成
ことわざ自動作成   短歌自動作成

安全標語作成方法

本日  -
昨日  -
合計  -


 安全標語は、工場や建築・建設業、危険物を取り扱う作業現場で労働災害防止のために掲げられる標語です。このサイトでは、安全標語集や労働安全標語、作業安全標語、安全スローガンの事例集のキーワードの作品例を集め一覧にしてみました。安全標語の作品作成に役立てて下さい。安全標語作成方法は、とても簡単で、このサイトのキーワードを参考に組み替えるだけです。

自動で安全標語を作成する「 安全標語自動作成ページ 」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★安全標語自動作成ページ★★★

安全標語の上か下の5文字を入力するだけで自動的に安全標語を作成される
安全標語自動作成(上下5文字入力) 」は以下のサイトです。あなただけの安全標語が完成します。
⇒⇒⇒★★★安全標語自動作成(上下5文字入力)★★★

安全標語の中の7文字を入力するだけで自動的に安全標語を作成される
安全標語自動作成(中7文字入力) 」は以下のサイトです。あなただけの安全標語が完成します。
⇒⇒⇒★★★安全標語自動作成(中7文字入力)★★★

建設業・建築会社、工場、協会など安全標語作品例のリンク集 は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★安全標語.com 安全標語のポータルサイト★★★

ユーザーが標語を投稿する「 みんなの標語wiki 」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★みんなの標語wiki★★★

携帯専用サイトの「 安全標語モバイル 」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★安全標語モバイル★★★

安全標語が掲載される安全ポスターを紹介する「 安全ポスターナビ 」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★安全ポスターナビ★★★

都道府県安全標語一覧 安全標語作成のための工場や建設業作品 」は以下のサイトです。
⇒⇒⇒★★★都道府県安全標語一覧 安全標語作成のための工場や建設業作品★★★


  • 安全週間の種類
■全国安全週間
 厚生労働省および中央労働災害防止協会が主唱しているイベントで、『国民の労働衛生に関する意識を高揚し、さらに、事業場における自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康の確保と快適な職場環境の形成を図ること』を目的に開催されます。
 募集される安全標語は、『安全意識の高揚と事業場における自主的安全活動の促進を図る内容』になります。


 全国安全週間:毎年7月1日から7月7日(6月1日から6月30日の間は準備期間)(参考:中央労働災害防止協会・全国安全標週間ページ

 全国安全標語(スローガン)募集期間:毎年2月ごろ 平成25年度・全国安全標語募集要項 ←どなたでも応募できます。ぜひ応募してみてください。
(参考:平成24年度・全国安全標語募集要項

 全国安全週間歴代スローガン:安全週間歴代スローガン

  5・7・5のフレーズよりも、7・7・7・7や7・5・7・5などが多く、多少長くなってもいいようです。
  5・7・5のフレーズだけでは書き尽くしたのでしょうか。


 →全国安全週間の協賛者(協会)の安全標語

   ■建設業労働災害防止協会
    ・全国建設業労働災害防止大会
      →
     創立45周年記念のスローガンは「みんなで取り組む先取り安全 めざすは職場の危険ゼロ」です。
     http://www.kensaibou.or.jp/activity/pdf/20090924tokyo_panf.pdf

    ・年末年始労働災害防止強調期間
      →
     平成21年度のスローガンは「無事故の歳末 明るい正月」です。
     http://www.kensaibou.or.jp/activity/publicity_work/against_prevention/campaign_end_year.html

   ■陸上貨物運送事業労働災害防止協会
    ・陸運労災防止大会の「安全衛生標語」です。
     http://www.rikusai.or.jp/public/activity/anzeneisei-hyougo/kako/kako-nyusho.htm
     →
     【テーマ】は「交通労働災害防止」「荷役」「健康・快適職場/その他」の3つに分類されています。
     こちらからは佳作作品がも見れらます。
     →http://www.rikusai.or.jp/public/katsudo/hyogo/H22/46hyogo_nyusen.html

   ■港湾貨物運送事業労働災害防止協会
     ※協会独自の安全標語が見つかりませんでした。
      全国安全週間と同時期に港湾労働安全強調期間が開催されているのですが
      全国安全週間スローガンをそのまま使用しているようです。(間違っていたらすいません)

   ■林業・木材製造業労働災害防止協会
    ・林材業の「労働安全標語」「労働衛生標語」です、
     http://www.rinsaibou.or.jp/cont04/items95/hyogo.html

   ■鉱業労働災害防止協会
    ・全国鉱山保安週間用の「保安標語」です。
     http://www.kosaibo.or.jp/sub/topics_hyougo.html
      →
     鉱業労働災害防止協会・各支部の入選「保安標語」と(社) 日本砕石協会が選考した、入選「安全標語」が見られます。


■危険物安全週間
 危険物安全週間推進協議会(総務省消防庁など)が主催しているイベントで、『事業所における自主保安体制の確立を呼びかけるとともに、広く国民の危険物に対する意識の高揚と啓発を図ること』を目的に開催されます。
 募集される安全標語は、『危険物災害の防止と危険物の貯蔵・取扱いの安全を呼びかけるもの』になります。

 危険物安全週間:毎年6月の第2週(日曜日から土曜日までの1週間)(参考:財団法人危険物安全協会・危険物安全週間ページ

 危険物安全推進標語募集期間:毎年12月上旬(参考:平成22年度・危険物安全推進標語募集要項

 歴代・危険物安全週間推進標語:財団法人危険物安全協会・危険物安全週間ページ
 平成25年度→ポスターモデル:サッカー/宮間あや → 司令塔
 平成24年度→ポスターモデル:野球/田中将大 → めざせ完封
 平成23年度→ポスターモデル:サッカー/川島永嗣 → ゴールは譲れない
 平成20年度→ポスターモデル:バドミントン/小椋久美子・潮田玲子 → 確かなスマッシュ
 平成17年度→ポスターモデル:マラソン/野口みずき → 金メダル
 平成16年度→ポスターモデル:柔道/谷 亮子 → 帯しめて
 ・・・
  上記の通り、最近は毎年のポスターモデルに合った標語が選ばれることが多いようです。


■国家公務員安全週間
 人事院・総務省が主唱しているイベントで、『各府省、各機関が災害の根絶を期して、安全管理に関する施策の充実、安全意識の高揚及び安全活動の定着を図り、職員の安全を確保することによって公務能率の向上に資すること』を目的に開催されます。

 国家公務員安全週間:毎年7月1日から7月7日(参考:人事院・国家公務員安全週間ページ

 歴代・国家公務員安全週間:人事院・国家公務員安全週間ページ
  5・7・5のフレーズが多いです。


■医療安全推進週間
 厚生労働省が主唱しているイベントで、『医療機関や医療関係団体等における取組みの推進を図り、また、これらの取組みについて国民の理解や認識を深めていただくこと』を目的に開催されます。

 医療安全推進週間:毎年度11月25日を含む1週間(参考:厚生労働省・医療安全推進週間

 参考:東邦大学医療センター大森病院医療安全管理部
 上記の参考サイトのように、医療関係の安全標語ということで、声掛けや確認作業の徹底が重要視されています。


■安全・適正就業強化月間
 (社)全国シルバー人材センター事業協会が主唱しているイベントで、『安全・適正就業委員会』などが開催されます。

 安全・適正就業強化月間:毎年度7月1日から7月31日(参考:全国シルバー人材センター事業協会・安全・適正就業強化月間

 参考:安全就業スローガン
 上記の参考サイトのように、全国統一スローガンは3年間使用されます。また、シルバー人材センターの安全標語(安全スローガン)ということで、シルバーや高齢者の経験など重要視されています。


■キャンプ安全の日
 日本キャンプ協会が、安全で楽しいキャンプの普及の目的で制定している。毎年7月第3日曜日。

 毎年7月第3日曜日。(参考:日本キャンプ協会・キャンプの安全標語

 過去の当選作品:第8回 安全なキャンプのために
 キャンプして学ぶ安全知る自然(2011・一般最優秀)
 ふざけると 火と包丁が 牙をむく(2010・一般最優秀)
 キャンプには持って行かない慣れ・油断(2008・一般最優秀)
 まさかより もしもで備える キャンプの安全(2006・最優秀)
 やけどから 君を守るよ 長ズボン(2010・少年少女最優秀)
 キャンプ中 変わる気象に 変わらぬ注意(2009・一般最優秀)
 安全もリュックに詰めてキャンプへGO(2007・一般最優秀)
 安全は楽しいキャンプのパスポート(2005・最優秀)
 安全なキャンプのための標語2009
 キャンプの安全標語2008

 上記の優秀作品のように、キャンプの安全標語ということで、包丁や火などキャンプの要素が重要視されています。


■「クレーンの日(9月30日)」、「ボイラーデー(11月8日)」ポスター用の標語(スローガン)
  公益社団法人 ボイラ・クレーン安全協会が主唱しているイベントで、『「クレーンの日(9月30日)」、「ボイラーデー(11月8日)」にあわせて、安全意識の高揚』を目的に開催されます。

 平成23年度の優秀作品は以下の通りです。
優秀作 「今日もまた 安全運んで 無災害」
佳 作 「安全を しっかり確認 事故ゼロへ」
佳 作 「安全作業 正しい操作で 無災害」
参考:http://www.bcsa.or.jp/00_honbu/saigai/jyoho-2/newpage29.html

■建設業年度末労働災害防止強調月間
 厚生労働省・国土交通省が後援しているイベントで、『年度末の労働災害防止対策の一層の強化と徹底』を目的に開催されます。

 建設業年度末労働災害防止強調月間:毎年3月1日 ~ 31日(参考:建設業労働災害防止協会

 *ポスターなどには標語やスローガンは掲載されていないようです。


■原子力エネルギー安全月間
 経済産業省が主唱しているイベントで、『原子力エネルギー事業に従事する方々の原子力安全に関する意識の高揚を図ること』を目的に開催されます。

 原子力エネルギー安全月間:毎年5月1日 ~ 31日


 *福島の原発事故以降は、廃止されているようです。(間違っていたらすいません。)


■電気使用安全月間
 経済産業省が主唱しているイベントで、感電死傷事故発生の最も多い8月を安全月間と定め、『広く国民の間に電気使用の安全に関する知識と理解を深め、もって電気事故の防止に資する』を目的に開催されます。

 電気使用安全月間:毎年8月 経済産業省・電気使用安全月間について

 2012年度の電気使用安全月間ポスター
 →
 電気事故を防ぐことが目的ですので、標語は感電などを注意喚起するキーワードが使用されています。


■安全推進月間
 独立行政法人放射線医学総合研究所が主唱しているイベントで、『研究所内で活動するすべての人の安全の確保と意識向上』を目的に開催されます。

 安全推進月間:毎年7月

 2009年の安全推進月間、ポスター及び標語
 2008年の安全活動推進月間における安全活動報告
 →
 安全推進月間標語の優秀作品が見られます。放射線医学に関わらず一般的な安全標語となっており、その他の安全標語を作成する際にも参考になります。


■全国設備管理強調月間
 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が主催しているイベントで、『設備管理意識の啓発・高揚』を目的に開催されます。

 全国設備管理強調月間:毎年6月1日~6月30日 参考:公益社団法人日本プラントメンテナンス協会:全国設備管理強調月間

 またこの月間にあわせて全国統一スローガンを募集しています。
 参考:「第 41 回 全国設備管理強調月間」全国統一スローガン 募集要領
 →
 過去の全国統一スローガンをみてみると、以下のキーワードが多く選ばれています。
 PM:予防保全(PM:prevention maintenance)
 TPM:生産保全(TPM:total productive maintenance)


■高圧ガス保安活動促進週間
 原子力安全・保安院が担当しているイベントで、『民間事業者等の高圧ガスの保安に関する活動を促進し、高圧ガスによる災害を防止し、公共の安全を確保すること』を目的に開催されます。

 高圧ガス保安活動促進週間:毎年10月の最終週の1週間 参考:経済産業省:平成24年度高圧ガス保安活動促進週

 またこの週間にあわせて高圧ガス保安協会では、高圧ガス保安活動促進週間周知ポスター用のキャッチコピーを募集しています。
 参考:平成25年度 高圧ガス保安活動促進週間周知ポスター用キャッチコピー募集

◆ポスターに使用された過去10年間のキャッチコピー
平成15年度 知識と意識で保安の確保(フクロウのイラスト)
平成16年度 したつもり やってないのと同じ事(崩れた「確認」の文字)
平成17年度 気を付けよう! 慣れと 油断と 思い込み(ウサギとカメのイラスト)
平成18年度 手を抜かず 基本に戻って 安全確認(作業員のイラスト)
平成19年度 危険の芽 それを見つける 確かな目(ミーアキャットとガスタンク)
平成20年度 安全と ことばで言うより まず確認(作業員とガスタンクのイラスト)
平成21年度 全員の 意識で成り立つ 無災害(作業員のシルエットと配管のイラスト)
平成22年度 無意識を 意識に変える 指差し呼称(無意識の文字を指差しした写真)
平成23年度 「まあ,いいか・・・」小さなつぶやき 大きな事故(ドミノ倒しの写真)
平成24年度 迷ったら,迷わず行う 再確認 (指差し確認を行う作業員のイラスト)

上記の、高圧ガス保安活動促進週間周知ポスター用のキャッチコピーは、安全標語の作成にもヒントとして活用できます。
(ほぼ、5,7,5のリズムをとっており、安全標語に非常に近いかたちとなっています。)
ぜひ参考にしてください。



  • 安全標語の傾向
 「安全標語」というキーワードをグーグルインサイトで調べてみると以下の通り、6月上旬に検索のピークがきます。
これは厚生労働省および中央労働災害防止協会が主催している全国安全週間が毎年7月1日から7月7日まで開催され
6月1日から6月30日までを準備期間としているためだと予測しているのですが、どうでしょうか。

  • 安全標語の対策・安全標語作成のヒント

  ヒント1:脚韻を踏む
  第73回全国安全標語 『災害ゼロから危険ゼロへ』
  第78回全国安全標語 『トップの決意とみんなの創意』
  上記作品のように、標語内で脚韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

  ヒント2:頭韻を踏む
  国家公務員安全週間標語・第29回 『あなたの点検 あなたの注意で』
  安全週間スローガン・第64回 『みんなで決意 みんなで努力』
  上記作品のように、標語内で頭韻を踏むと、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

  ヒント3:スポーツの用語をいれてみる
  平成17年度危険物安全推進標語 『無事故の 金メダル』
  平成20年度危険物安全推進標語 『確かなスマッシュ』
  上記作品のように、標語内にスポーツの用語を含めると、他の作品に比べて斬新になり、注目度が高まります。

  ヒント4:業界に合った用語をいれてみる
   工場: 指差し確認、KYK、ヒヤリハット・・・
  建設: 高所作業、クレーンの限界、アスベスト・・・
  上記のように、標語内に業界に合った用語を含めると、他の作品に比べて特徴的になり、注目度が高まります。

  ヒント5:言葉をかけてみる
   『落ちないと 思う心が落とし穴』
   『見る目、気づく目、危険な芽』
  上記のように、標語内の言葉をかけてみると、記憶に残りやすくなり、注目度が高まります。

  ヒント6:命令型を文頭にいれてみる
   『見逃すな!』
   『ちょっとまって!』
   『忘れるな!』
  上記のように、文頭に命令型の文言をもってくることで標語にインパクトがあります。
  きつい感じを与えるので、さけたよい場合もあります。

  ヒント7:反語型をいれてみる
  国家公務員安全週間標語・第34回 『適切ですか』
  国家公務員安全週間標語・第37回 『忘れていませんか?』
  上記のように、主に文頭に問いを発する反語を用いることで
  注意を喚起することができ効果的です

  ヒント8:安全衛生キーワードを活用しよう
  安全衛生情報センターの安全衛生キーワードには「リスクアセスメント」や「保護帽
  など安全標語に活用できるキーワード一覧があります。
  このサイト安全標語.comのキーワードとともに活用すると標語の幅が広がります。

  ヒント9:対称語句を活用しよう
   『小さな気づかい 大きな安心』
   『小さな注意 大きな安全』
   『過去の事例で 安心未来』
  上記のように、標語内に対称語句をもってくることで標語にインパクトがでます。

以上、他の標語の作成にも活かせると思うヒントを書いてみました。
このサイト安全標語.comでのキーワードを元に安全標語作成に取り組んで見て下さい。

  • 安全標語のテーマ一覧
安全標語で表現されるテーマはある程度決まっています。
以下のテーマ一覧を参考に安全標語作成に役立ててください。

(1)安全活動は全員参加!
「みんなで考え」「みんなでつくろう」「みんなで決意」「みんなで努力」など
安全標語の優秀作品には、 安全活動は全員で参加! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 安全活動は全員で参加! の精神を作品に含ませましょう!

(2)危険箇所を何度でも確認しよう!
「今一度確認しよう」「もう一度」「再確認」「見慣れた場所こそ」など
安全標語の優秀作品には、 危険箇所を何度でも確認しよう! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 危険箇所を何度でも確認しよう! の精神を作品に含ませましょう!

(3)隠れた危険を発見しよう!
「職場にひそむ」「潜む危険」「小さな予兆」「小さなことが」など
安全標語の優秀作品には、 隠れた危険を発見しよう! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 隠れた危険を発見しよう! の精神を作品に含ませましょう!

(4)慣れと油断は大敵!
「慣れと油断」「慣れたころ」「その油断」「慣れた仕事」「少しだけ」「まあいいや」など
安全標語の優秀作品には、 慣れと油断は大敵! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 慣れと油断は大敵! の精神を作品に含ませましょう!

(5)自主的に活動しよう!
「あなたの点検」「あなたの注意」「ひとりひとりが」「自分から」「ひとに任せず」など
安全標語の優秀作品には、 自主的に活動しよう! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 自主的に活動しよう! の精神を作品に含ませましょう!

(6)身だしなみ(装備)は確実に!
「安全靴」「防護服」「ヘルメット」「手袋」など
安全標語の優秀作品には、 身だしなみ(装備)は確実に! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語を作成する場合も、ぜひ 身だしなみ(装備)は確実に! の精神を作品に含ませましょう!

以下は安全衛生標語とも関連します。
(7)挨拶は大事!
「安全靴」「防護服」「ヘルメット」「手袋」など
安全標語および安全衛生標語の優秀作品には、 身だしなみ(装備)は確実に! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語および安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ 身だしなみ(装備)は確実に! の精神を作品に含ませましょう!

(8)健康が大事!
「健康体」「ゆとりから」「元気よく」「健康がつくる」「笑顔から」など
安全標語および安全衛生標語の優秀作品には、 健康が大事! というテーマが数多く表現されています。
皆様が安全標語および安全衛生標語を作成する場合も、ぜひ 健康が大事! の精神を作品に含ませましょう!

  • 安全標語とスローガンの音節

俳句や川柳の音節は5・7・5、短歌は5・7・5・7・7ですが、標語は基本的に5・7・5の音節の作品が多いです。
しかし、安全標語の場合は、毎年多くの作品が作成されるため通常の5・7・5の作品ではインパクトが弱くなります。

安全標語作成のヒントとしては、作品を 7・5・7・5 の音節にして情報を多く盛り込んだほうがよいかと思います。

尚、各安全標語の大会によって選ばれる作品に以下の音節の傾向があります。

「全国安全週間歴代スローガン」=7・5・7・5
「危険物安全週間推進標語」=5・7・5
「国家公務員安全週間標語」=5・7・5

  • 音節の数え方
俳句作成や川柳作成とも関係しますが標語の5・7・5や7・5・7・5の音節は「字数」ではなく「音数」です。
以下のルールもふまえ、可能か限り5・7・5や7・5・7・5のリズムにあわせることが安全標語作成のコツになります。

(1)拗音は2文字で1音
「ゃ」「ゅ」「ょ」などの小さい仮名文字(捨て仮名)を伴う拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」など)は2文字で1音になります。

■例
「きょう」=「きょ」「う」=2音
「きゅう」=「きゅ」「う」=2音

(2)促音は1文字で1音
「っ」=促音は1文字で1音になります。

■例
「しまった」=「し」「ま」「っ」「た」=4音
「ちょっと」=「ちょ」「っ」「と」=3音

(3)長音符は1文字で1音
「ー」=長音符は1文字で1音になります。

■例
「ルール」=「ル」「ー」「ル」=3音
「セーフ」=「セ」「ー」「フ」=3音

  • 新語・流行語の活用

その他大勢の安全標語から目立たせるために新語・流行語の活用もヒントになります。
自由国民社が「新語・流行語大賞」やウィキペディアの「流行語」を参考にしてみましょう。

最近では、「事業仕分け」「サプライズ」「KY(空気が読めない)」などが活用できそうです。

■例を作ってみました
見落とすな! 私は安全  「仕分け人」
安全は  KY(空気が読めない) よりも KYK(危険予知活動)
現場では 常に予知する  「サプライズ」


  • 安全ポスターの活用

中央労働災害防止協会の出版事業部が販売している安全ポスターには
ポスターの図柄とともに安全標語が掲載されています。
この安全標語を活用することで新たな安全標語を作成することができます。


■例
http://www.jisha.or.jp/order/poster/index.php?mode=kakudai&goods_cd=34214
<ポスターの標語>声かけ問いかけ 高める現場力

<作成例> 現場力 声かけ問いかけ 高めよう

例の一覧はこちらでどうぞ→安全ポスターの活用

  • 産業福利協会のポスター標語の活用
 産業福利協会は、1925年から36年に、内務省社会局内に設立されていた協会。ポスターの図案、標語、小説、劇、の筋書などの募集も事業としておこなっていて、法政大学大原社会問題研究所のサイトにて当時のポスターを見ることができる。
 ポスターの標語は以下の通り、時代を感じさせるものが多いが、現在の安全標語の作成にも参考になると思います。

<産業福利協会>
‐年 怪我する素の爪を剪れ怪我する素の爪を剪れ
‐年 注意を無視するな 曲角注意 たばこをのむな 金鋼砥を使用の場合は必ず目鏡を懸けろ
1927年 不注意 怪我 この連鎖を打ち切れ
1927年 健康は幸福の源 國家の為に妻子の為に健康第一
1927年 孔をほる前 浮石落して 孔尻調べよ
1927年 飛杼の惨禍を根絶せよ 早く安全装置を附けて下さい
    *飛び杼は、織物を織るときに、経糸(たていと)の間に緯糸(よこいと)を通すのに使われる道具
1927年 身の廻りから 清潔整頓
1927年 災害ハ 一分ノ猶豫ナシ
1928年 一寸の事と 見通りするな 綱の切れ目が命の切れ目 疵なく保てよ 命綱
1928年 足場はしっかり 足もと要心
1928年 うき石 けんのん とびのり けんのん
    *「けんのん」 は、「剣難」であぶないさま。不安なさま。
1928年 健康ハ財産ヨリ重シ 産業ハ健康ニ依リテ栄ユ
1928年 工具は検査と修理が肝要 工具が悪ければ結果は同じです
1928年 昔の戦にや鎧とかぶと 今の仕事にや保護武装!
1928年 削り屑は 手先で除くな 木切れを使へ
1929年 災害予防 怠ルナ 仕事ノ前ニ 先ズ検査
1929年 暴飲を慎め 君がなす可き事は多く且つ重い
1929年 僅カノ不便で 安全装置ヲ 取除クナ
1929年 健康ハ吾等ノ資本ナリ 能率モ健康ヨリ
1929年 乱髪注意 毛一筋デモ命ヲ奪ウ 帽子冠ツテ身ヲ守レ
1929年 火災ヲ恐ルナラバ 先ズ 引火物ヲ整頓セヨ
1929年 掃除・洗濯 怠ルナ 清潔ハ愉快ヲ健康ヲ生ム
1929年 不注意は大事の因 禁じた場所で煙草を喫むな
1930年 痰唾の中には 無数のバイキンが 痰唾は必ず痰ツボへ
1930年 機械の手入ベルトノ掛外シニハ 動力ヲ止メテ行ヘ
1930年 材料工具ノ不整頓ハ大災害ノ基 不整頓ノ積ミ方ハ振動デモ崩レル
1930年 保護眼鏡かけるか 盲目になるか
1930年 物の積方注意が大事 通路に突出すな 足許に注意 通路・非常口を塞ぐな 高く積むな
1930年 猿モ木カラ 熟練工モ油断カラ
1930年 お前一人が大黒柱 怪我をせぬやうに病まぬやうに
1930年 機械運轉中の人と話すな 危ないッ!
1930年 運動遊戯ハ無駄ニハシナイ 程ヲ計ツテ身ノ守リ
1930年 ボロヤ屑物散テナオヨシ 容物キメレバ 安全第一
1930年 日光は最良の靈茶
1931年 火の用心 壁に貼るより 胸に貼れ
1931年 重機の下で仕事をするな!!
1931年 此手一つが一大事
1931年 我家の資産は保健より!!
1931年 慣れるほど注意!
1931年 食前に手を洗へ
1931年 若シヤ怪我デモシタカト苦労 遅い帰りの 仕事先
1931年 寝冷スナ!! 蒲團服巻身ノ守リ
1931年 油断ニ付ケ込ム風ノ神 風邪予防 外出ニマスク ウガイヲ怠ルナ 轉タ寝ヲスルナ 薄着ヲ慎シメ
1931年 用心に用心!をして 火の用心
1932年 食物ハヨク咀嚼セヨ、胃ニハ歯ガナイ歯デ噛ミコナセ
1932年 安全は能率 増進の基 機械ニハ安全装置 身ニ保護武装
1932年 清潔ナ口ハ 健康ノ門口 朝晩歯ヲ磨ケ 食後ニウガヒ
1932年 自慢で冒険 怪我して悲観
1932年 酒ニ吞マレテ、亡ビル健康、慎メ!!
1932年 痰唾散らすな 病魔がおどる 御互の為に必ず痰壺へ
1932年 明るい出勤 明るい家庭
1932年 化粧するより 先づ清潔
1932年 あはてるな おちつけ
1932年 ふだんたゆまぬ体操遊戯!! 健康は身の為國の為
1932年 火の子と思ふな火事の母
1933年 うがいマスクは 風邪引き予防!
1933年 襲ふ怪我なし 油断が招く
1933年 有害無益な迷信治療
1933年 乙女花散る 大怪我病気
1933年 工具一ツモ調ベテ使ヘ 不良工具ハ怪我ノ基
1933年 朝よりほがらか えびす顔 仕事が愉快能率増進
1933年 チヨットの怪我でも手當が大事
1933年 程よい運動 程よい休息
1933年 人の仕事に手出しは無用
1933年 火早いものを散らしておくな
1933年 朝日うららに 深呼吸
1934年 入眼じや見えない 眼を守れ! 必ズ保護眼鏡ヲ用ヒヨ
1934年 みがいた白歯に 光る健康
1934年 おつとあぶない足許注意 側見空想大怪我の基 通路は整頓、後始末を怠るな
1934年 食ひ過ぎ 飲み過ぎ 命とり
1934年 獨り合點が怪我のもと 蒸気、電気の故障は素人がいぢるな、係員に直して貰へ。
1934年 病の飛行機 蠅をとれ
1934年 安全デー 忘れた頃に怪我をする
1934年 日焼極楽、寝冷は地獄
1934年 鐵と身體は鍛へて光る
1934年 淸潔整頓 火の用心
1934年 長裾長紐 怪我の基
1934年 平和な眠りが 何より大事
1934年 機械大事に仕事に注意
1935年 見榮を張るより 胸張る呼吸
1935年 階段昇降足許注意
1935年 流シト便所ハ明ルク清ク 互に清潔整頓
1935年 走り滑つて轉ばぬ用心 油や水はこぼしたら直ぐ拭く
1935年 機械工具も我身と思へ いつも使用前に検査し取扱ひは叮嚀に
1935年 昇る朝日に いそしむ体操
1935年 火早い薬品置場所定めよ
1935年 過ギレバ滋養モ身ヲ害ス
1936年 瓦斯漏レタメスニヤ シヤボン水 マツチデ試スハ危険!!
1936年 夜具ハ度々日ニ當テヨ
1936年 トロツコ諸車互に注意 交叉点合圏忘るな最徐行 急ぐとも笑顔で譲れ一秒間
1936年 笑顔で働く 丈夫な身體

<協調会産業福利部>
1936年 朝ノカリヲ大切ニ 気分ヲ爽ヤカニ朗カニ
1936年 蚤とれ 蝿とれ 鼠とれ
1936年 眼鏡マスクに身の武装

<愛媛県工場研究会>
192-年 手洗水今日ハ私が更エル番
192-年 協調の要は 互譲の精神に在り

  • 建設業の労働災害事例150の活用
労働調査会が発行している「建設業の労働災害事例150」という本があります。
月刊誌「建設労務安全」に掲載された「災害事例とヒューマンエラー」から150事例を抜粋し、原因と対策を掲載しています。
これを参考に安全標語をつくってみました。
詳しくは建設業の労働災害事例150をヒントにをご覧ください。

  • 安全標語のパターン
5、7、5のパターンの安全標語を、上5文字(=A)、中7文字(=B)、下5文字(=C)とし、分類化しました。

(1)中7文字および下5文字が、上5文字を説明(A=B+C)
上5文字が名詞となっており、中7文字および下5文字がその名詞を説明するパターンです。

■例)無災害 一人ひとりの 心がけ

「無災害」は、「一人ひとりの心がけ」からできるものである。

■例)危険の芽 リスクアセスで 摘みとろう

「危険の芽」は、「リスクアセス」をおこなって「摘みとろう」

■例)安全は人にたのむな、まかせるな

「安全」は、「人」に「たのむ」ものでもなく、「まかせる」ものではない。

作成方法
上5文字に「危険予知」「安全帽」「安全靴」などの名詞をおくか、「安全は」「災害は」など、「名詞+は」をおいて、中7文字および下5文字でその名詞を説明します。


(2)上5文字が呼びかけとなっていて、中7文字および下5文字の単語を注意喚起させるパターンです。(A/B+C)

■例)気をつけて 慣れた作業に 落とし穴

「慣れた作業に落とし穴」があるので、「気をつけて」

■例)忘れるな 基本動作と 危険予知

「基本動作と危険予知」を、「忘れるな」

作成方法
下5文字に「危険予知」「安全帽」「安全靴」などの名詞をおいて、上5文字でその名詞を注意喚起します。なお、中7文字は、下5文字を修飾するか、下5文字と並列させます。

(3)上5文字および中7文字が、下5文字を説明するパターンです。(A+B=C)
下5文字が名詞となっており、上5文字および中7文字がその名詞を説明するパターンです。

■例)危ないと 気付いた人が 責任者

「危ないと気付いた人」が、「責任者」です。

■例)あとでよい ついででよいは 事故のもと

「あとでよいついででよい」という考え方は、「事故のもと」です。

作成方法
下5文字に「危険予知」「安全帽」「安全靴」などの名詞をおいて、上5文字および中7文字でその名詞を説明します。

(4)上5文字および中7文字および下5文字が並列の意味(A=B=C)
上5文字および中7文字および下5文字が並列の名詞となっているパターンです。

■例)危険の芽 見る目 気づく目 予知する目

「危険の芽 見る目 気づく目 予知する目」それぞれが大事です。

作成方法
上5文字および中7文字および下5文字に「危険予知」「安全帽」「安全靴」などの名詞をおきます。頭韻および脚韻を踏めばさらに効果的です。

  • 標語と著作権

 社団法人 著作権情報センターの標語、キャッチフレーズ、題名などは著作物になりますか?によると、標語は『通常は保護されない』とされています。
 しかし、交通安全スローガン事件という有名な判例もあります。(この判例では、「ボク安心 ままの膝より チャイルドシート」というスローガンの著作物性を肯定しています)
 結論としては、 標語は通常、著作物ではないと考えられるが、例外もある ということになりそうです。

 また「標語は(通常)著作物でない」といって、他人の作品を勝手に別の応募先に投稿することは
あきらかに道義的な問題が発生します。同じ作品であることは判明した場合は、法律的な問題が発生しないまでも
入選が取り消される可能性は非常に高いです。

 他人の標語を参考にして、このサイトのキーワードを活用することで、新しいあなただけの標語を作成してください。